関西で一人暮らしで電気料金を安くするための電力会社比較

電気

こんにちは!

新電力会社をいろいろ見てみてどこが安くなるのか家族にはここがいいとか、一人暮らしにはここがいいとかわかってきました。

ズバリ私も現在は一人暮らし!

「関西で一人暮らしで電気料金を安くする方法」がとても気になっている状況です。

一括受電だと個人で別の電気会社との契約はできない

とここで一人暮らしでも賃貸マンションなどに住んでいる方で「一括受電」している方は個人で電力会社と契約はできません。

なぜかというとマンションがまとめて契約しているからです。

ここはしっかり頭に入れておいてください。

僕は自分で電力会社と契約していて変更することができます。

そして、電力に関して調べだしたのは関西電力のなっトクパックの冊子が届いていたところからでした。

そこから「電気料金が安くなりますよ」ってところからいろいろな新電力サービスを調べるようになりました。
そうするとほ手続きとか簡単でほとんど何もしなくても電気料金が安くなることがわかりました。

ただ、よくある新電力会社のサービスは家族向けのサービス料金だったりプランが多いということがわかりました。

ただ、その中でも一人暮らし向けの電気料金プランがありましたので紹介したいと思います。

基本料金無料&従量料金一律のサービスは一人暮らしには割高

よくある基本料金無料&従量料金一律というサービスプランがありますが、大体一人暮らしくらいの電力消費では現在の電気料金より割高になってしましす。

たとえば

Looopでんきとか楽天でんきなどですね。

僕もシミュレーションをしましたけどほぼ全部が割高になっていました。

なので基本料金無料&従量料金一律のプランは基本一人暮らしには向いていないということです。

ではどういった新電力会社やプランが良いのかというと

現在利用している関西電力の電気料金より〇%割引になるサービスを提供いているものがおすすめになります。

これなら一人暮らしで使用する電気料金が少なかろうが安くなるしかありません。

ちょっと図で紹介したいと思います。

まずおすすめのHTBエナジー(HISでんき)で紹介したいと思います。

コースはいくつかあるのですが、一人暮らしで関西ということで言うとシングルコース(従量電灯A)が該当すると思います。

ではこの表を見てみてください。

シングルコース(従量電灯A)

既存電力会社料金 H.I.S.の電気料金従量料金単価が 最大6%割引
最初の15kWhまで 334.82 327.65
従量料金 15~120kWhまで @19.95 @19.76
120~300kWhまで @25.33 @23.83
300kWhから @28.76 @27.25

既存の電力会社、関西の場合は関西電力より安くなっていることがわかると思います。

当然一人暮らしで電気もそんなに使用しないですから大きな割引にはならないかもしれませんけど安くなることは間違いないですね。

一人暮らしや電気をあまり使わない家庭はこういったサービスのある電力会社を選ぶの良いかと思います。

電気とガスや電気と通信サービスをセットで利用する

あとは電気とガス、電気と携帯や通信サービスをセットで利用する方法です。

電気とガス

上でも書きましたけど私が初めに電気を安くできるとわかったのがなっトクパック【関西電力】でした。

これはどういったものかというと電気とガスを関西電力にまとめることで安くなりますよ!というプランです。

なっトクでんきだけでも安くなりますけど、ガスもセットになるとこちらもお得です。

これも結構お得になるので関西もそうですが他の地域の方にもこういったプランがあると思うのでチェックしてみると良いと思います。

電気と通信サービス

あとは電気料金と通信サービスをセットにするものです。

おそらく今はほとんどの方が携帯やネットなどの通信サービスを利用していると思います。

代表的なところではソフトバンクやauなどがあるかと思います。

これらの会社も電力サービスを行っています。

おうちでんき(ソフトバンクでんき)
auでんき

そして、これらのメリットは例えばソフトバンクの通信サービスを利用していたらお得になるサービスがあるということです。

僕はソフトバンクユーザーなのですが、ソフトバンクやワイモバイルの携帯電話やインターネットを利用している方であれば1回線あたり月額100円の割引が最大10回線まで適用される「おうち割 でんきセット(M)」が付いたおトクなプランがあります。

なのでソフトバンクなどの携帯やネットなど通信回線が多いほど割引になります。

au電気もまたauスマホまたはauひかりの契約している方は電気使用量に応じてポイントがもらえます。

こんな感じで現在利用している通信会社とセットにしてしまうというのもお得だったりします。

一人暮らしにおすすめの電力会社を比較

まずは関西電力の電気料金を紹介します。

関西電力「従量電灯A」

単位 料金単価
最低料金(最初の15kWhまで) 1契約 334.82
電力量 15kWhをこえ 第1段階 1kWh 19.95
料 金 120kWhまで
120kWhをこえ 第2段階 25.33
300kWhまで
300kWh超過分 第3段階 28.76

おうちでんき(ソフトバンクでんき)

税込
最低料金 最初の15kWhまで 334円82銭
電力量料金 15kWhを超え120kWhまでの1kWhにつき 19円76銭
120kWhを超え300kWhまでの1kWhにつき 25円08銭
300kWhを超える1kWhにつき 28円46銭

auでんき

電気料金に対して
5,000円未満⇒1%
5,000円~8,000円未満⇒3%
8,000円以上⇒5%
ポイント還元されます。

電気料金も既存の電力会社より若干安くなります。

HTBエナジー(HISでんき)シングルコース(従量電灯A)

既存電力会社料金 H.I.S.の電気料金従量料金単価が 最大6%割引
最初の15kWhまで 334.82 327.65
従量料金 15~120kWhまで @19.95 @19.76
120~300kWhまで @25.33 @23.83
300kWhから @28.76 @27.25

なっトクパックのなっトクでんき【関西電力】

電気ご使用量 単位 料金単価
なっトクでんき
最低料金 1契約 279.82
(最初の15kWhまで)
電力量料金 15kWhをこえ120kWhまで 1kWh 19.94
120kWhをこえ300kWhまで 23.66
300kWh超過分 27.29

まとめ

見比べてみていただいてどうでしたでしょうか。

auでんきはauユーザーでもそれほどメリットはなさそうですね。

あとはソフトバンクユーザーならどうするのか、

それ以外だとなっトクパックのなっトクでんきもいいですし、HTBエナジー(HISでんき)も良さそうです。

あとは使用する目安の電力、解約金やキャンペーンなどを見てどれにするのか決めていくことになるかと思います。

ちなみになっトクパックだと電気とガスがセットでかなり安くなります。

なっトクでんきだけでも安いですね。

ただ、これを一緒にすると電気だけ変更したくなったとき手続きとか考えますね。

HTBエナジー(HISでんき)は解約金が電力供給開始日より1年未満のお客様都合による解約は、¥2,000(税別)が発生します。

ただ、HTBエナジー(HISでんき)もキャンペーンや特典が気になったりもしますし、とても迷うところです。

ここまでくると一人一人の考え方次第ということになってくるのかなと思います。

とりあえず、またいい電力会社がありましたら紹介して比較したいと思います。

ただ、ある程度知名度あって大手で、料金やサービスも良くてということになると他にはなかなか出てこないかもしれませんけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました