HTBエナジー「HISでんき」の口コミ・評判・デメリット|他の電力会社と比較

HTBエナジー「たのしいでんき」
管理人
管理人

HTBエナジー「HISでんき」を紹介したいと思います。

まずはHTBエナジーのサービスですが、このHTBエナジーは旅行会社のHISのグループ会社になります。

ではHTBエナジー「HISでんき」をの口コミ・評判・デメリット・他の電力会社と比較をしていきたいと思います。

ここでは

・HTBエナジー「HISでんき」のチェックポイント
・HTBエナジー「HISでんき」の会社概要
・HTBエナジー「HISでんき」の料金プランの特徴
・HTBエナジー「HISでんき」と旧電力会社を比較
・HTBエナジー「HISでんき」と他の電力会社と比較
・HTBエナジー「HISでんき」のメリット・デメリット
・HTBエナジー「HISでんき」の電気まとめ

とうところを紹介していきたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」の口コミを投稿する

HTBエナジー「HISでんき」のチェックポイント

ではHTBエナジー「HISでんき」のポイントをまとめると

・対応エリアは「北海道/東北/東京/中部/北陸/関西/中国/四国/九州/沖縄」
・旧電力会社(関西電力)よりも〇%引きのプランが多い
・プランの種類が多い
・1年未満の解約の場合は2,000円+消費税の違約金が発生

といったところがおさえておくべきポイントになると思います。

それではHTBエナジー「HISでんき」の会社概要をチェックしておきましょう。

HTBエナジー会社概要

会社名 HTBエナジー株式会社
本社所在地 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
設立日 2015年2月2日
資本金 95,000,000円
主要株主 H.I.S エネルギーホールディングス株式会社
グループ会社 株式会社 エイチ・アイ・エス
ハウステンボス株式会社

HTBエナジー株式会社は旅行代理店大手の株式会社 エイチ・アイ・エスのグループ会社になります。

ハウステンボスがエイチ・アイ・エスのグループの子会社で、そのハウステンボス株式会社の子会社がHTBエナジーなんですよね。

では気になるHTBエナジー「HISでんき」の料金プランの特徴を見てみたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」の料金プラン

まず対応エリアは

「北海道/東北/東京/中部/北陸/関西/中国/四国/九州/沖縄」

と日本全国を対象としています。

管理人
管理人

沖縄電力エリアも対象というのがポイントですね。

料金のポイントは

旧電力会社(関西電力)よりも〇%引きという料金体系のプランがほとんどです。

そして、プランの種類がとても多いです。
なのであなたの家庭に合ったプランが見つかる可能性が高いと思います。

では東京電力エリアのプランで見てみたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」「東京電力エリアのプラン」

まず現時点での東京電力エリアのプランはこちらになっています。

プラン 内容
ウルトラ20 東京(対象:20A/Web申込限定) 東京電力EPの従量電灯Bの料金単価から2%引き
ウルトラ30 東京(対象:30A/Web申込限定) 東京電力EPの従量電灯Bの料金単価から5%引き
ウルトラ40 東京(対象:40A/Web申込限定) 東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの料金単価から8%引き
プライム50・60 東京(対象:50A・60A/Web申込限定) 電気を多く使う方にオトク!あんしんサポート365ももれなくついてくる
ママトクプラン(対象:30~60A) 毎日2時間無料!3つの時間帯から選べる!
HIS旅トクプラン(対象:40~60A) 旅行回数に応じて電気代基本料金が最大4ヶ月間無料
ぜんぶでんき 東京(対象:30~60A、6kVA以上) オール電化プランの夜間料金5%引き! さらに電気料金から55円引き
東京大江戸プラン 従量電灯C5(対象:6kVA以上) 東京電力EPの従量電灯Cのプランから5%引き
MUSUBI 東京プラン(対象:30~60A) 東京電力EPの従量電灯Bプランと同一の単価でMUSUBI料金の4.5%相当が寄付される。

※2020年7月17日時点

では一つ東京で紹介したいと思います。

ウルトラ20東京(従量電灯B 20アンペアをご利用中の方)

電気使用量が少ない1~2人の家庭向け

東京電力EPの従量電灯Bの料金単価から2%引き
料金分類 東京電力EP※2019年10月 ウルトラ20東京
基本料金 20A 572.00円 560.56円
従量料金 120kWhまで 19.88円 19.48円
120~300kWhまで 26.46円 25.95円
300kWhから 30.57円 29.96円

※2020年7月17日時点

ウルトラ30東京(従量電灯B 30アンペアをご利用中の方)

電気使用量が少ない1~2人の家庭向け

東京電力EPの従量電灯Bの料金単価から5%引き
料金分類 東京電力EP ウルトラ30東京
基本料金 30A 858.00円 815.10円
従量料金 120kWhまで 19.88円 18.89円
120~300kWhまで 26.46円 25.16円
300kWhから 30.57円 29.04円

※2020年7月17日時点

ウルトラ40東京(従量電灯B 40アンペアをご利用中の方)

電気使用量をそこそこ使用する2~3人の家庭向け

東京電力エナジーパートナーの従量電灯Bの料金単価から8%引き
料金分類 東京電力EP ウルトラ40東京
基本料金 40A 1144.00円 1052.48円
従量料金 120kWhまで 19.88円 18.29円
120~300kWhまで 26.46円 24.37円
300kWhから 30.57円 28.13円

※2020年7月17日時点

プライム50・60 東京(従量電灯B 50アンペアおよび60アンペアをご利用中の方)

電気使用量を使用する4~5人の家庭向け

基本料金は半額、従量料金は一律料金、さらにあんしんサポート365がついてくる
料金分類 東京電力EP プライム50 東京
プライム60 東京
基本料金 50A 1430.00円 715.00円
基本料金 60A 1716.00円 858.00円
従量料金 120kWhまで 19.88円 23.54円
120~300kWhまで 26.46円 23.54円
300kWhから 30.57円 23.54円

※2020年7月17日時点

ママトクプラン(従量電灯B 30~60アンペアご利用中の方)

3種類から選べる

・朝ママトクプラン:6時?8時の従量料金が無料
・ママトクプラン:19時?21時の従量料金が無料
・ミッドナイトママトクプラン:22時?24時の従量料金が無料
基本料金 単位/1契約
30A 1630.20円
40A 2173.60円
50A 2717.00円
60A 3260.40円
従量料金 単位/1kWh
最初の120kWhまで 18.80円
120kWh超過300kWhまで 25.08円
300kWh超過 28.96円

※2020年7月17日時点

HIS旅トクプラン(従量電灯B 40~60アンペア)

HISでよく旅行に行く方向け

旅行回数に応じて電気代基本料金が最大4ヶ月間無料
料金分類 東京電力EP HIS旅トクプラン
基本料金 40A 1144.00円 1044.00円
基本料金 50A 1430.00円 1330.00円
基本料金 60A 1716.00円 1616.00円
従量料金 120kWhまで 19.88円 20.90円
120~300kWhまで 26.46円 25.69円
300kWhから 30.57円 29.04円

※2020年7月17日時点

ぜんぶでんき 東京(対象:30~60A、6kVA以上)

商店や事業所向け

オール電化プランの夜間料金5%引き! さらに電気料金から55円引き
料金分類 東京電力EP スマートライフL※2020年3月の単価 ぜんぶでんき 東京
基本料金 単位/1契約
1kVAにつき 286.00円 286.00円
従量料金 単位/1kWh
午前6時〜翌午前1時 25.80円 25.80円
午前1時〜午前6時 17.78円 16.89円
※2020年7月17日時点
東京大江戸プラン 従量電灯C5(6kVA以上より契約)

商店や事業所向け

東京電力エナジーパートナーの従量電灯Cのプランから5%引き
料金分類 東京電力EP 東京大江戸プラン 従量電灯C5
基本料金 1kVAにつき 286.00円 271.70円
従量料金 120kWhまで 19.88円 18.80円
120~300kWhまで 26.46円 25.08円
300kWhから 30.57円 28.96円

※2020年7月17日時点

MUSUBI 東京プラン(契約従量電灯B 30アンペア~60アンペアご利用中の方)

寄付や支援に興味がある方

従量電灯Bプランと同一の単価でMUSUBI料金の4.5%相当が寄付される
料金分類 単位/1契約
基本料金(内税) 預り金(非課税) 合計
30A 819.39円 38.61円 858.00円
40A 1092.52円 51.48円 1144.00円
50A 1365.65円 64.35円 1430.00円
60A 1638.78円 77.22円 1716.00円
料金分類 単位/1kWh
従量料金(内税) 預り金(非課税) 合計
最初の120kWhまで 18.99円 0.89円 19.88円
120kWh超過300kWhまで 25.29円 1.19円 26.48円
300kWh超過 29.19円 1.38円 30.57円

※2020年7月17日時点

管理人
管理人

こういった感じで様々なプランがあって電力使用量が少ない家庭から多い家庭、ある一定の時間の使用量が多い家庭など様々な家庭向けにプランがありますので多くの方に対応しているということが言えます。

これではどれくらいお得になるのかわからないのでまずはHTBエナジー「HISでんき」と旧電力会社を比較してみたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」と旧電力会社を比較

まずは東京電力エリアで東京電力従量電灯BとHTBエナジー「HISでんき」のウルトラ&プライムプランで比較してみたいと思います。

実際にいくつかの電気使用量で計算してみるとこうなりました。

HTBエナジー・HISでんきウルトラ&プライム東京 東京電力従量電灯B
10A100kWh 2274
20A150kWh 3676.66 3752
20A300kWh 7569.16 7724
30A200kWh 5094.7 5362
30A300kWh 7653.6 8010
40A200kWh 5196.88 5648
40A400kWh 10446.88 11353
50A300kWh 7777 8582
50A500kWh 12485 14696
60A600kWh 14982 18039

HTBエナジー「HISでんき」のウルトラ&プライムプランのほうが結構お得ですね。

では次は関西電力エリアで関西電力従量電灯AとHTBエナジー「HISでんき」のウルトラ&プライムプランで比較してみたいと思います。

こちらもいくつかの電気使用量で計算して比較してみるとこうなりました。

HTBエナジーウルトラ 関西  HTBエナジープライム 関西  関西電力従量電灯A
100kWh 1881.98 2405.96 2068.22
150kWh 2955.88 3364.01 3248.62
200kWh 4129.38 4428.51 4538.62
300kWh 6476.38 6557.51 7118.62
400kWh 9141.38 8686.51 10047.62
500kWh 11806.38 10815.51 12976.62
600kWh 14471.38 12944.51 15905.62
700kWh 17136.38 15073.51 18834.62

電気使用量が少ない場合はウルトラ関西、電気使用量が多くなるとプライム関西がお得になります。

ただ、東京電力や関西電力の昔からあるプランと比較しただけなので当然お得になります。

ではHTBエナジー「HISでんき」と他の新電力会社を比較してみたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」と他の新電力会社と比較

まずは東京電力エリアで東京電力従量電灯B相当の他の電力会社のプランと比較してみたいと思います。

HTBエナジー・HISでんきウルトラ&プライム東京 あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
シン・エナジー
きほんプラン
ピタでん
使った分だけ
楽天でんき
プランS
ENEOSでんき
Vプラン
10A100kWh 2600 2571.00 2274
20A150kWh 3676.66 3900 3856.50 3693.8
20A300kWh 7569.16 7800 7713.00 7374.8
30A200kWh 5094.7 5200 5237.2 5111.14 5142.00 5300 5206.8
30A300kWh 7653.6 7800 7540.2 7589.14 7713.00 7950 7660.8
40A200kWh 5196.88 5200 5190 5367.25 5142.00 5300 5492.8
40A400kWh 10446.88 10400 10071 10616.25 10284.00 10600 10568.8
50A300kWh 7777 7800 7750.4 8101.36 7713.00 7950 8232.8
50A500kWh 12485 13000 12906.4 13643.36 12855.00 13250 13476.8
60A600kWh 14982 15600 15753.24 16670.48 15426.00 15900 16384.8
あしたでんきをチェック エルピオでんきをチェック シン・エナジーをチェック ピタでんをチェック
楽天でんきをチェック ENEOSでんきをチェック

他の電力会社のプランも結構お得だったりするのですが、HTBエナジー・HISでんきは負けていませんね。

では関西電力エリアではどうでしょうか。

HTBエナジーウルトラ 関西 HTBエナジープライム 関西 エルピオでんき
使った分だけ Sプラン
あしたでんき
標準プラン
あしたでんき
たっぷりプラン
楽天でんき
標準プラン
シン・エナジー
きほんプラン
ピタでん
使った分だけ
ENEOSでんき
関西Aプラン
100kWh 1881.98 2405.96 2220 2200 4750 2250 1988.26 2159 2011.35
150kWh 2955.88 3364.01 3330 3300 5625 3375 3099.36 3238.5 3137.25
200kWh 4129.38 4428.51 4440 4400 6500 4500 4290.86 4318 4336.75
300kWh 6476.38 6557.51 6660 6600 8250 6750 6673.86 6477 6735.75
400kWh 9141.38 8686.51 8880 8800 10000 9000 9403.86 8636 9415.75
500kWh 11806.38 10815.51 11100 11000 11750 11250 12133.86 10795 12095.75
600kWh 14471.38 12944.51 13320 13200 13500 13500 14863.86 12954 14775.75
700kWh 17136.38 15073.51 15540 15400 15250 15750 17684.02 15113 17455.75
エルピオでんきをチェック あしたでんきをチェック あしたでんきをチェック 楽天でんきをチェック シン・エナジーをチェック ピタでんをチェック ENEOSでんきをチェック

関西電力エリアでもなかなか安いということがわかりました。

ではHTBエナジー「HISでんき」のメリット・デメリットを見てみたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」のメリット・デメリット

ではHTBエナジー「HISでんき」のメリット・デメリットを見てみたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」のデメリット

解約違約金が発生する

「契約期間はHTBエナジーの電力供給開始の日から1年間で1年未満の解約の場合は2,000円+消費税の違約金が発生します。」

と記載があります。

違約金がかからない電力サービスも多いのでここはデメリットになります。

ちなみに解約方法は「1か月前から7日前までの間に[ご解約お申込みフォーム]よりお手続き」となっています。

シミュレーションが詳細ではない

大体自分の電気料金や電気使用量を入力してシミュレーションしますけど、現時点でHTBエナジー「HISでんき」では詳細なシミュレーションができません。

なので他の電力サービスとシミュレーション比較するとある程度ちゃんとした料金が表示されない可能性もあります。

もっと詳細でわかりやすいシミュレーション機能のバージョンアップを期待したいです。

HTBエナジー「HISでんき」のメリット

日本全国の電力エリア対応

北海道/東北/東京/中部/北陸/関西/中国/四国/九州/沖縄と日本全国のエリアを対応しています。(一部離島など対応していないところもあります)

沖縄などは対応していない電力サービスも多いので嬉しいポイントですね。

沖縄電力エリア対応で乗り換えできるところは少ない!電力を安くするためにはどこがおすすめ?
電力自由化から数年経っていますが、かなりいろいろな会社が電力サービスに参入してきました。僕自身も40サービス以上はいろいろ調べて比較してみましたけど、北海道電力エリアと沖縄電力エリアが対象の電力サービスはホントに少ないです。沖縄電力エリ...

プランが豊富

上で紹介した通りプランは様々です。

新電力会社ではわかりやすくプランも少なく料金体系もわかりやすいところもありますが、その分電力使用量が少ないなど人によってはオススメできない可能性もあります。

ですけどHTBエナジー「HISでんき」はプランが豊富で電力をあまり使用しない1、2人の家庭から4,5人の家庭にも対応しているプランがあります。

ではHTBエナジー「HISでんき」の口コミ・評判を見てみたいと思います。

HTBエナジー「HISでんき」口コミ・評判

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

管理人
管理人

あまり良い感じでは書かれていなかったりします。
まあ良かった評判を書く人は少ないと思いますけどね。

気になるのは営業のイメージが良くないのと電話対応などの点でしょうか。

電力関連の営業のイメージはどこもあまり良くない場合が多いですね。
代理店とか契約してもらわないといけないということがあるのでそうなってしまうんでしょう。

ここまでいろいろ紹介してきて他の電力会社と比較してきましたけど、正直年間で言うと数百円から千円ちょっとしか料金的には変わらなかったりします。

ですが、これをさらにお得にということならキャンペーンの利用がおすすめです。

キャンペーンでお得に

電力会社によってはいつもキャンペーンを行っているところもありますし、ほとんど行っていないところもあります。

キャンペーンをやっていても数百円とかほとんどお得にならないキャンペーンから1万円以上お得になるキャンペーンを行っているところもあります。

もし1年などで乗り換えを検討しているならこのキャンペーンの内容を重視して電力会社を選ぶのもお得になります。

もしキャンペーンが10,000円お得になるなら電気料金がほとんど変わらなくても1年間で見るとかなりお得になる可能性があります。

HTBエナジー「HISでんき」もキャンペーンを行っていたりしますのチェックしてみると良いと思います。

一人暮らしには結構お得になる料金体系

一人暮らしの場合、電力会社を乗り換えてもほとんどお得にならないとか逆に割高になってしまう電力会社も結構あります。

ただ、HTBエナジー「HISでんき」は料金体系を見てみるとわかるのですが、旧電力会社の料金体系よりも少しお得になるような料金設定になっているので一人暮らしでも少しはお得になります。

ただ、微々たる料金さなので1年以上利用するなら良いですが、1年未満の解約で解約違約金2,000円が発生することを考えると考えるところでもあるかと思います。

一つおすすめを紹介するなら【丸紅新電力】です。
丸紅新電力のHプランは電気使用量が旧電力会社と同じでHuluの利用料を負担してくれるプランになります。

Huluは月額1,026円(税込)になるので年間で12,312円(税込)お得になります。

実質結構お得になるのでドラマや映画などをいろいろみたいという方にはおすすめです。

丸紅新電力の料金料金を他の新電力会社と比較・デメリット
管理人 丸紅新電力は東証一部上場企業「丸紅」の子会社が運営している電力サービスです。 ウリとしてはオンライン動画配信サービスHuluが見られるセットになっているプランがあります。 ここでは ・丸紅新電...

まとめ

HTBエナジー「HISでんき」はいろいろなプランがあって、一人暮らしやほとんど電力を使用しない家庭向けのプランでもお得になるものがあるのでここは選択肢の一つですね。

当然大家族向けのプランもありますし、エリアも全国対応でHTBエナジー「HISでんき」がおすすめの方も多いと思います。

口コミ・評判など良くないものもありますが、「エネチェンジ」から申し込むと、でんきコンシェルジュのサポートが受けられるでのまだ安心かなと思います。

ちなみに私もエネチェンジに問い合わせしたらすぐに丁寧に回答がありました。

あとは公式サイトもチェックですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました