ピタでん(F-Power)の口コミ・評判・デメリット・他の電力会社と比較

ピタでん(F-Power)
管理人
管理人

ここでは「ピタでん」について紹介したいと思います。

使った分だけプランでいうと、私の知っている限りでは一番安い部類の料金体系になります。

ただ、一番安いかというと電力使用量によっては他にも安いところがありますのでの他の電力会社と比較、口コミ・評判・デメリットなども併せて紹介したいと思います。

ここでは

・ピタでんのチェックポイント
・ピタでんの会社概要
・ピタでんの料金プランの特徴
・ピタでんと他の電力会社と比較
・ピタでんのメリット・デメリット
・ピタでんの口コミ・評判

とう流れで紹介していきたいと思います。

ピタでん(F-Power)の口コミを投稿する

それではピタでんについてみていきたいと思います。

ピタでんのチェックポイント

はじめにピタでんのポイントをまとめると

料金プランは「使いたい放題プラン」と「使った分だけプラン」の2つ
・対象エリアは北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・四国電力、中国電力・九州電力
・1年未満の解約の場合、2,000円(税別)の解約違約金が必要
・電気料金は他の電力サービスと比べても安い

ということですね。

プランは2つあってとてもシンプルでわかりやすいです。

電力供給エリアは広く料金も安いです。

ただ、1年未満の解約の場合、2,000円(税別)の解約違約金が必要なので注意が必要になります。

ではまずはピタでんの会社概要から見ていきたいと思います。

ピタでん会社概要

会社名 株式会社F-Power
本社所在地 東京都港区芝浦三丁目1番21号 田町ステーションタワーS 20階
設立日 2009年4月1日
資本金 5,289百万円(資本準備金6,452百万円)

という感じです。

新電力会社としては老舗の電力会社です。
資本金も十分にありますね。

では気になるピタでんの料金プランの特徴を見てみたいと思います。

ピタでんの料金プランの特徴

プランは「使いたい放題プラン」と「使った分だけプラン」があります。

それぞれ見てみたいと思います。

使いたい放題プラン

「現在は10~60A・最大需要容量が6kVAのお客様向け」

500kWh/一ヵ月までは定額

基本料金だけで利用できます。

500kWhを超えると従量料金(27.50円/kWh)が発生するというプランです。

エリア 基本料金 従量料金
北海道 14,250円 27.50円/kWh
東北 13,240円 27.50円/kWh
東京 12,220円 27.50円/kWh
北陸 11,200円 27.50円/kWh
中部 11,200円 27.50円/kWh
関西 11,200円 23.42円/kWh
中国 11,200円 27.50円/kWh
四国 11,200円 27.50円/kWh
九州 12,220円 27.50円/kWh

※2020年7月時点

管理人
管理人

500kWhまでは使いたい放題で500kWh/月を超過したところから従量料金分を課金という料金システムになっています。

使った分だけプラン

エリア 基本料金 従量料金
北海道 0円 28.77円/kWh
東北 0円 25.71円/kWh
東京 0円 25.71円/kWh
北陸 0円 21.13円/kWh
中部 0円 25.71円/kWh
関西 0円 21.59円/kWh
中国 0円 23.57円/kWh
四国 0円 23.93円/kWh
九州 0円 22.66円/kWh

※2020年7月時点

じゃあ使いたい放題プランと使っただけプランではどちらがいいのってところですね。

「使いたい放題プラン」と「使っただけプラン」どっちがお得

例えば東京電力エリアの場合

東京の場合 使いたい放題プラン 使っただけプラン
1ヵ月200kWh 12,220円 5,142円
1ヵ月300kWh 12,220円 7,713円
1ヵ月400kWh 12,220円 10,284円
1ヵ月500kWh 12,220円 12,855円
1ヵ月600kWh 14,950円 15,426円
1ヵ月700kWh 17,720円 17,997円

となっているので東京電力エリアでは500kWhが分岐点になるかと思います。

ですが、800kWhになるとまた使っただけプランが安くなるという形になります。

なので使いたい放題プランが使っただけプランよりもお得になるのは500kWhあたりから600kWhあたりというところになるのかなと思います。

一人暮らしとか電力使用量が少ない家庭だと「使っただけプラン」です。

もっというと一人暮らしとか電力使用量が少ない家庭はそもそもピタでんよりも他の電力会社のほうが安い可能性が高いです。

一人暮らしとか電力使用量が少ない家庭は別の電力会社がおすすめ

まず使いたい放題プランは見てもらうとわかる通り電力使用量が少ない家庭ではありえませんよね。

次は使っただけプランの場合はどうなのか?というところです。

一人暮らしとかだと夏とか冬を除けば1ヵ月200kWhも行かないと思います。
150kWh以下とかの月も多いのではないでしょうか。

もちろん個人差はありますけどね。

では東京電力従量電灯Bと比較したいと思います。

150kWh東京電力 150kWhピタでん 200kWh東京電力 200kWhピタでん
20A 3752 3856.5 5076 5142
30A 4038 3856.5 5362 5142
40A 4324 3856.5 5648 5142

という計算結果になりました。

これは東京電力従量電灯Bと比較しての計算で20Aとなると東京電力のままの方が良いという結果になります。

あとは関西電力エリアだと

150kWh関西電力 150kWhピタでん 200kWh関西電力 200kWhピタでん
20A 3248.62 3238.5 4538.62 4318

となりました。

燃料費調整額・再生可能エネルギー発電促進賦課金含まれていません。

では次はピタでんと他の電力会社と比較してみたいと思います。

ピタでんと他の電力会社を比較

まず一番わかりやすいピタでんと同じ料金体系の他の電力サービスとの比較です。

ここでは人気の楽天でんき「プランS」とLooopでんき「おうちプラン」をピタでん「使った分だけプラン」と比較したいと思います。

エリア 基本料金 楽天でんき「プランS」 Looopでんき「おうちプラン」 ピタでん「使った分だけプラン」
北海道電力エリア 0円 30.00円/kWh 29.5円/kWh 28.77円/kWh
東北電力エリア 0円 26.50円/kWh 26.4円/kWh 25.71円/kWh
東京電力エリア 0円 26.50円/kWh 26.4円/kWh 25.71円/kWh
中部電力エリア 0円 26.50円/kWh 26.4円/kWh 25.71円/kWh
北陸電力エリア 0円 22.00円/kWh 21.3円/kWh 21.13円/kWh
関西電力エリア 0円 22.50円/kWh 22.4円/kWh 21.59円/kWh
中国電力エリア 0円 24.50円/kWh 24.4円/kWh 23.57円/kWh
四国電力エリア 0円 24.50円/kWh 24.4円/kWh 23.93円/kWh
九州電力エリア 0円 23.50円/kWh 23.4円/kWh 22.66円/kWh
沖縄電力エリア 0円 27.00円/kWh 27.0円/kWh

こうやって見るとピタでん「使った分だけプラン」が安いことがわかりますね。

管理人
管理人

ピタでんは過去いろいろありましたけど、この電気料金体系のところの中ではかなり安いんですよね。

では他の料金体系のおすすめの電力会社とも比較しいたいと思います。

比較するのは東京電力従量電灯B相当の電力プランで実際にいくつかの電力使用量で比較してみたいと思います。

計算してみるとこういった計算結果になりました。

ピタでん使った分だけ あしたでんき標準プラン エルピオでんきスタンダードプランS HTBエナジー・HISでんきウルトラ&プライム東京 シン・エナジーきほんプラン 楽天でんきプランS ENEOSでんきVプラン
10A100kWh 2571.00 2600 2274
20A150kWh 3856.50 3900 3676.66 3693.8
20A300kWh 7713.00 7800 7569.16 7374.8
30A200kWh 5142.00 5200 5237.2 5094.7 5111.14 5300 5206.8
30A300kWh 7713.00 7800 7540.2 7653.6 7589.14 7950 7660.8
40A200kWh 5142.00 5200 5190 5196.88 5367.25 5300 5492.8
40A400kWh 10284.00 10400 10071 10446.88 10616.25 10600 10568.8
50A300kWh 7713.00 7800 7750.4 7777 8101.36 7950 8232.8
50A500kWh 12855.00 13000 12906.4 12485 13643.36 13250 13476.8
60A600kWh 15426.00 15600 15753.24 14982 16670.48 15900 16384.8

電気使用量が少ない場合は他の電力会社のプランもお得なものはありますが、ある程度の電力使用量になるとピタでん使った分だけプランは結構安いです。

電気料金は比較的安いことがわかりました。

では他のメリットやデメリットも紹介したいと思います。

ピタでんのメリット・デメリット

ではピタでんのメリットデメリットを見てみたいと思います。

ピタでんのデメリット

まずはどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

解約違約金がある

契約開始日から1年契約の自動更新となります。なお、ご契約をされてから1年未満の解約の場合、2,000円(税別)の解約違約金が必要です。

ということで2000円(税別)ですからそんなに高いわけではありません。

料金が安いということもあるのでこれは目をつぶれるかも

過去に業務改善勧告

あと2018年8月2日に経済産業省からピタでんの運営会社株式会社F-Powerに対して業務改善勧告が出されていますね。

株式会社F-Powerは、平成29年11月1日付けで同社が実施した約4,900件の需要家を対象とする小売供給契約の変更(中途解約に係る違約金の対象範囲の拡大等を内容とするもの)について、需要家への通知文書に変更内容を具体的に記載しないなど、需要家に対する説明が不十分でした。
このため、当委員会は、電力の適正な取引の確保を図るべく、電気事業法に基づき、本日、業務改善勧告を行いました。
なお、株式会社F-Powerは、平成30年6月4日以降、需要家に対し、変更内容を明示した上で改めて説明を実施しています。

引用:経済産業省

というような内容になっています。

管理人
管理人

以前は新電力、高圧電力販売量1位で引っ張っていましたけどね。

ピタでんのメリット

従量料金が料金が安い

他の業者と比べていただくとわかる通り従量料金の設定が低く安いです。

人気の楽天でんきLooopでんきと比べても安い地域が多いです。

さらに使いたい放題プランなら500kWh以上使う家族なら結構お得かと思います。

ピタでんのキャンペーンについて

いろいろな電力会社ではキャンペーンを頻繁に開催していますが、ピタでんに関してはもう1年以上定期的にチェックしていますけど、キャンペーンを開催していたのを私は見たことがありません。

ピタでんはキャンペーンをほとんどやらない電力会社と私は認識しています。

キャンペーンも重視したいという方なら選択肢には入ってこないのかなと思います。

キャンペーンで〇,〇〇〇円のギフト券プレゼントとかのキャンペーンをやっているところも結構あるのでそれも加味して考えるのであれば1年単位とかで考えれば他の電力会社の方がお得かもしれません。

ではピタでんの口コミ・評判を見てみたいと思います。

ピタでん(F-Power)の口コミ・評判

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

まとめ

ピタでんは基本料金0円+従量料金の使った分だけプランでは他の同じ電力会社に比べても安く設定されています。

使いたい放題プランもあり、ある程度電力を使う家族ならお得になりますし、料金重視ならピタでんは選択肢の一つですね。

あと押さえておくべきポイントとしては契約をされてから1年未満の解約の場合、2,000円(税別)の解約違約金が必要というところでしょうか。

ある程度電気を使う家庭で長期的に利用するならおすすめの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました