auでんきの料金は高いのか?デメリットや解約・他の業者と比較

auでんき

auでんきキャンペーン

期間 キャンペーン内容 備考
2019年6月21日~2019年9月30日 auでんき 200万件突破キャンペーン auでんきで当たる!抽選で合計4,000名に10,000au WALLET ポイントプレゼント

こんにちは!

今電気料金を調べるのが日課になっているyoshiです。
KDDIも電力関係のサービスを提供しているんですね。

ということで【auでんき】もチェックしておかないといけないなと思いました。

調べてみるとそんなに安いわけではないようですけど、auユーザーなどは気になるところだと思います。

まず言っておかなければいけないこととしてauでんきに加入するにはauスマホまたはauひかりの契約が必要です。

現在加入している方はいいんですけど、そうでない方はわざわざ何か契約しないといけないということになります。
なのでわざわざ利用するという方はあまりいないと思います。

あとは解約とか他の業者なども気になる方も多いと思いますのでそのあたりも比較して紹介したいと思います。

ではまずはプランですね。

auでんきのサービスプラン

auでんきのプランは一つだけででんき利用量に応じておトクなプラン料金(MまたはL)になります。

普通の一般的な家庭のプランは「でんきMプラン」になりますね。
そして、加入もとても簡単です手間はないですね。
これは他の電力業者とおんなじですね。

ただ、違うのは
電気料金は今とほぼ変わらないのですが、ポイントだけがたまるという形になります。

一度auでんきの公式サイトで電気料金のシミュレーションをやってみるとわかると思いますけどほとんど変わりません。

今まで8,000円の電気料金だったとします。
これは今後もほとんど変わりません。
その8,000円に対してポイントが付きます。ということです。

これをあなたがどうとらえるかです。
また下で比較して紹介していきますのでチェックしていただければと思います。

ではこのポイントはどのように使えるのかというと【1ポイント=1円】としてauの支払いや買い物あんどに利用できます。

ポイント還元率5,000円未満⇒1%
5,000円~8,000円未満⇒3%
8,000円以上⇒5%

ここが最大の特徴ですね。
ではメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

auでんきのデメリット

auスマホまたはauひかりの契約が必要

auユーザーでないといけないということです。

今auユーザーの方はいいですけど、料金が安くなるわけではないのでわざわざ加入することはないですね。

紙請求書は有料

まあ今はどこもネットのマイページで確認ということが普通なのでデメリットでもないですけど、紙で請求書が欲しいという方は有料になります。

auでんきのメリット

auでまとめられる

auユーザーならたまったポイントはauの利用料金などにも使えるので便利ですね。

電気料金が安くなるわけではないですけど一つにまとめるととても便利というのがあります。

料金はそれほど安くならないですけどauユーザーはauサービスをまとめられるメリットがありますね。

auでんき解約違約金は?

auでんきは以前は1年以内に解約をした場合、2,000円の違約金がかかります。ということだったんですけど、ツイートでは解除料がなくなりました。って書いてますが、

解除料?解約違約金のことですかね。

解約金無料キャンペーンってことは今契約した人だけ解約金無料ってことなのかな。
これずっとやってるんですかね。

電話で問い合わせるのが早いです!

auでんき評判・口コミ

まず評判でいうといい口コミはいろいろauでまとめられていいっていう人もいました。

別の電気業者で安くなったってい人もいてこれは比較したらわかると思います。

auでんきは今の電気料金とほとんどかわらなくてポイントが付くというところがウリですからね。

あと解約金です。

「2000円」とか「かからない」とかいろいろあります。

電話で直接聞くのが一番です。

その他の業者と比較してみると

やっぱり気になるのがお得かどうかです。

今auのサービスをいろいろ使っていてまとめたいならau電気も加入すると良いと思いますけど、電気料金は今とほとんどかわりません。

電気料金はほとんど変わらずポイントがつくサービスです。

それがお得なのかです。

サービスが他とは全然違っていて比較しにくいですよね。

そこでちょっと他の電力業者と比較してみたいと思います。

たとえばLooopでんきのおうちプランで1月400kWh計算してみます。

・関西電力
・従量電灯A
・1月400kWh

でシミュレーションすると
1年間で

関西電力⇒117,603円
Looopでんき⇒105,006円
12,597円お得になります。

auでんきの場合も電気代は約117,603円になるのでここからポイントは5%つくのでこれで計算すると

5,880円のポイントが付くことになります。

電気料金だけなら普通にLooopでんきなどの方が安くなることがわかります。

ただ、ここで大事なこと!
どれくらいの電力を使用したかでお得がどうかが変わってきます!

こういったプランをいろいろ見ていると家族向けなどである程度電力を使う方が得をするようになっています。

一人暮らしなど電力をあまり使わない家庭の場合は逆に損をしてしまいます。

そんなときにauでんきです。

次も同じLooopでんきのおうちプラン1月200kWhで計算してみます。
一人暮らしならこんな感じですかね。

・関西電力
・従量電灯A
・1月200kWh

そうすると

1年間で

関西電力⇒41,060円
Looopでんき⇒42,020円
960円割高になります。

ということは電力会社はそのままにしておいたほうが良いということになります。

ここでauでんきです。
41,060円にポイントがつくことになります。

ポイント還元率は利用料金によって違うのですが、ここで割って月4,106円で計算すると1%ポイントが付きます。

そうすると約410円ポイントが付くことになります。

まあ微々たるものですが、一人暮らしや料金が安い場合はauでんきが少しだけお得になるということですね。

ただ、こんな小さなポイントなら関西電力のサービスで電気とガスを一緒にするはぴeみる電のサービスのほうがお得になると思いますのでそちらがいいと思います。

まとめ

auでんきにしたいと考えている方はまずauでんきに加入するにはauスマホまたはauひかりの契約が必要です。

すでに加入している方はスムーズです。
そして、電気料金はほとんど変わりません。

使った電気料金に対してポイントが付くということです。
そして、そのポイントはauの利用料金や買い物などに使えるます。

家族で結構電気代を使うということで電気代を抑えることを重視するなら別の電力業者のほうが安くなる可能性が高いです。

一人暮らしなどでauスマホまたはauひかりなどを利用しているのであれば加入してちょっとポイントもらってもいいかもしれませんね。
まとめるほうが楽というのもあります。

ただ、今後のことを考えるとまたちょっと選択肢は変わってくるかもしれませんね。

まあファミリーとかなら楽天でんきLooopでんきピタでんとか安いところがいろいろありますからね。

チェックしてみてください。

サービスが変更されている可能性もありますし、数字も私が計算したものなので最終確認はご自身でお願いします。

新電力料金プラン一括比較でチェック

正直電力会社を自分で調べていくとほんとに大変なんですよね。

かなり知識と時間がかかったりしてしまいます。

最近は料金プランを一括で比較できるサイトも出てきています。

これで大分調べる時間などが軽減されると思います。

電気チョイスならこういったところが一括で比較できるのでとりあえず比較して残りは電気チョイスの数値と合わせて比較するのが良いかと思います。

・Looopでんき
・東京電力(TEPCO)
・ENEOSでんき
・myでんき
・ひまわりでんき
・ミツウロコでんき
・坊っちゃん電力
・ハルエネでんき

あとすごく魅力的なのが電気チョイスのキャンペーンです。



このWEBから指定の条件でお申込みでキャッシュバック最大30,000円とかもありますから条件等チェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました