エネチェンジってどうなの?キャンペーンが魅力!

エネチェンジ

電気やガスの乗り換えはエネチェンジを利用してというのが僕の今の考えです。

結論からいうと

電力会社やガス会社の公式サイトのキャンペーンよりもエネチャンジ経由で申し込んだ方がキャンペーンでかなりお得になる場合が多い

からです。

まずはエネチェンジでのキャンペーン内容です。

エネチェンジキャンペーン内容

2019年12月9日更新

電力・ガス会社キャンペーン期間キャンペーン内容
東京電力エナジーパートナー(東京電力EP)2019/12/16まで「とくとくガスプラン」に申し込むと、500円分のAmazonギフト券
Looopでんき2019/12/16までAmazonギフト券4,100円分をプレゼント
出光昭和シェル2019/12/16まで1,000円分のAmazonギフト券がもらえる
イデックスでんき2019/12/16まで総額4,000円分のAmazonギフト券プレゼント
HTBエナジー「たのしいでんき」2019/12/16までAmazonギフト券500円分がもらえる
スマ電2019/12/16まで最大9,000円分のAmazonギフト券がもらえる
シン・エナジー(旧:洸陽電機)2019/12/16までAmazonギフト券1,000円がもらえる
ダイレクトパワー2019/12/16までAmazonギフト券がもらえるキャンペーンと初年度の電気料金が割引になる
九電みらいエナジー2019/12/16まで1,000円分のAmazonギフト券がもらえる
奈良電力(ならでん)2019/12/16まで500円分のAmazonギフト券がもらえる
下町でんき2019/12/31まで電気代約1カ月分または基本料金6カ月分が0円
ミツウロコでんき2019/12/31まで10,000円分のAmazonギフト券がもらえる
ENEOSでんき2019/12/31までAmazonギフト券を最大6,500円分をプレゼント
自然電力2020/1/31まで最大26,000円分おトク
中部電力「カテエネプラン」2020/1/31まで(東京電力エリア限定)3,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
グリーナでんき(GREENa)2020/1/9まで最大7,000円分のAmazonギフト券
エルピオでんき2020/1/9まで最大35,000円お得がもらえる
親指でんき2020/1/9まで,000円分のAmazonギフト券がもらえる
四国電力(よんでん)2020/1/9まで東京電力エリア限定Amazonギフト券最大9,000円分プレゼント
レモンガスの都市ガス2020/2/29までガス料金が最大3,000円(税込)割引

となっていてかなり魅力的なキャンペーンもあります。

まずはエネチェンジの最新のキャンペーンをチェックしてみてください。

そして、エネチェンジの電力やガスのキャンペーンと公式のキャンペーンではエネチェンジでのキャンペーンの方がお得な場合が多いです。

電力会社など公式サイトではキャンペーンを行っていないところも多いです。

ただ、キャンペーンの注意点としてはそれぞれ条件があります。

・エリアが限定されている
・エリアでキャンペーン内容が変わってくる
・〇〇ヵ月継続が必要

例えば今回のLooopでんきのAmazonギフト券4,100円分をプレゼントキャンペーンの条件の場合、こういった条件があります。

・エネチェンジサイト以外のページから申し込んだ場合。
需給開始日(電気のご使用を開始された日)から起算して6カ月以内に契約を解約された場合。
・既に対象プランをご契約中の場合。
・特典を期限内に受け取らなかった場合。

特に大体の特典は契約して〇〇ヵ月継続の必要があります。
当然ですね。
特典だけもらってすぐに解約では成り立ちませんからね。

この条件はしっかりチェックしておいてください。
それほど条件が難しいというキャンペーンも少ないと思います。

キャンペーンに関してはこんなところで、ではエネチェンジについて紹介していきたいと思います。

エネチェンジについて

新電力会社がいろいろ出てきて、よくわからなくなってきていますけど、そういった中で当然ですけど電力比較サイトがいくつか出てきました。

一括で比較できればわかりやすいですからね。

その中で今回注目したいのが「エネチェンジ」です。
電力比較サイトの中では大手ですね。
それになんといっても魅力はキャンペーンです。

他にないポイントもありますし、エネチェンジについて紹介したいと思います。

エネチェンジはどんな会社?信頼に値するのか?

私も初めに電力比較サイトでチェックするところはどういった会社なのかです。

やっぱり安心したいですからね。

ということでまずは会社概要から紹介します。

興味のない方は飛ばしてください。

会社名ENECHANGE株式会社
本社所在地東京都千代田区大手町2-6-2日本ビル 3F
設立2015年4月
株主情報日立製作所
エプコ
オプトベンチャーズ
みずほキャピタル
昭和シェル石油
住友商事
大和証券グループ本社
東京ガス
北陸電力
Looop
SK GAS Co. Ltd.
環境エネルギー投資
B Dash Ventures
Spiral Ventures Japan LLP
池田泉州キャピタル
ナントCVCファンド
りそなキャピタル

結構有名な大手企業も関係していることがわかります。

役員みんな紹介されてる想いも伝わってきます。

ENECHANGEの事業

ここで紹介しているエネチェンジのような電力マッチングサービス以外にもエネルギー、AI技術などを利用したサービスを提供しています。

例えばEMAP 電力・ガス料金シミュレーションなどは「TEPCO(東京電力エナジーパートナー)」が採用していたりいろいろなクラウド・AI技術サービスを提供しています。

といってもよくわからないと思いますけど、信頼できる将来楽しみな会社ということです。

エネチェンジのサービスの魅力

ではエネチェンジのサービスの魅力を見てみたいと思います。

電力会社(プラン)一括比較

やっぱりまずはこれですね。

多くの提携している電力会社(プラン)簡単に一括で比較することができます。

それに電気やガスを切り替えるとどれくらい節約できるのかなども表示されてとても便利です。

ちなみに主な一括検索電力会社はこちらです。

東京電力エナジーパートナー
東北電力
中部電力
北陸電力
関西電力
中国電力
四国電力
Looopでんき
ミツウロコグリーンエネルギー
ENEOSでんき
ソフトバンクでんき
auでんき
J:COM
myでんき
HTBエナジー
エネワンでんき
イーレックス
東急パワーサプライ
スマ電
まちエネ
MCリテールエナジー
九電みらいエナジー
青梅ガス
入間ガス
大東ガス
京葉ガス
鈴与のでんき
中央セントラルガス
丸紅新電力
サーラeエナジー
水戸電力
シン・エナジー(旧洸陽電機)
熊本電力
坊っちゃん電力
みんな電力
サニックスでんき
ピタでんF-Power
須賀川瓦斯
スマートでんき
エコスタイルでんき
エネさんでんき
グリーナでんき
角栄ガス
自然電力のでんき
TOSMOでんき
エネアークでんき
イワタニでんき
桐生ガスでんき
AGでんき
エルピオでんき
ハルエネでんき
ミライフでんき
下町でんき
あしたでんきTRENDE
親指でんき
Just Energy Japan合同会社
出光昭和シェル
ダイレクトパワー

などです。

Looopでんき、ENEOSでんきなどは有名ですね。

キャンペーンが魅力

上でも紹介した通りキャンペーンが魅力です。

たとえばLooopでんきは公式サイトではキャンペーンは通常実施していません。

ですけどエネチェンジから申し込むとキャンペーンがあったりするのでお得になります。

他にも定期的に抽選で〇〇名様プレゼントなどのキャンペーンを行っていたりしてお得なポイントも多いです。

エネチェンジのデメリット

デメリットということでもないのですが、電力会社一括比較といっても全ての電力会社を比較できるわけではありません。

Looopでんきはありますけど、「楽天でんき」や「あしたでんき」など大手でおすすめの電力会社は掲載がありません。

なので「楽天でんき」や「あしたでんき」など他の電力会社も検討しているという方は自分でシミュレーションする必要があります。

エネチェンジを利用して契約するならこういった方

エネチェンジを利用して契約するおすすめの方で言うとまずはLooopでんきを利用したいという方でしょうか。

Looopでんきは公式サイトではキャンペーンをやっていませんけど、エネチェンジからならキャンペーンでお得になったりします。(キャンペーンは終了している可能性あり)

あとはENEOSでんきも同じでキャンペーンをやっていたりするので契約となるとお得だったりします。

なので他の電力会社とエネチェンジで一括比較できる電力会社を比較してやっぱりLooopでんきがいいということならエネチェンジから申し込むというのがいいのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました