エバーグリーンリテイリングでんきの料金プランはお得か他の新電力会社と比較

電力会社・電気サービス
管理人
管理人

エバーグリーンリテイリングでんきは東証一部上場企業グループの電力サービスです。
ではこのエバーグリーンリテイリングでんきはお得なのか電気料金やチェックポイントなど様々な角度から紹介したいと思います。

ここでは

・エバーグリーンリテイリングでんきのチェックポイント
・エバーグリーンリテイリングでんきの料金プランの特徴
・エバーグリーンリテイリングでんきと他の電力会社と比較
・エバーグリーンリテイリングでんきまとめ

とう流れで紹介していきたいと思います。

エバーグリーンリテイリングでんきのチェックポイント

ではまず先におさえておきたいポイントをまとめると

東証一部上場企業「イーレックス株式会社」のグループ会社が運営
・解約手数料がかからない(通常プランでは)
・プランは通常プラン、保険でんきセット、CO2フリープランなどがある
対象エリアは通常プランは沖縄電力エリア以外

というところでしょうか。

東証一部上場企業グループが運営で実績もあります。
プランは一般の方は基本のプランが対象になるかと思いますが、保険とでんきがセットになったプランやCO2フリープランなどもあります。

エバーグリーンリテイリングでんきの料金プランの特徴

では次はエバーグリーンリテイリングでんきの料金プランの特徴を見てみたいと思います。

一般家庭向けのプランで言うと

・通常プラン
・あるくおとくでんき
・保険でんきセット
・CO2フリープラン

などがあります。

通常プランの特徴

まず一般家庭がメインのプランの名称が特にこれというのが確認できなかったので通常プランとされてもらいます。

このプランの対象エリアは沖縄電力エリア以外なのでほとんどの方が対象かと思います。

例えば東京電力従量電灯Bとエバーグリーンリテイリングでんき従量電灯Bを比較した場合はこうなります。

東京電力従量電灯Bエバーグリーンリテイリングでんき従量電灯B
10A286284.29
15A429426.44
20A572568.58
30A858852.87
40A11441,137.16
50A14301,421.45
60A17161,705.74
最初の120kWhまで(第1段階料金)19.8819.69
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金)26.4824.55
300kWhをこえる30.5727.44

※2021年6月9日
※変更されている可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

全体的にエバーグリーンリテイリングでんきの方がお得になっています。

リミックスでんきの料金プランに関してはこちらをチェックされると良いと思います。

エバーグリーンリテイリングでんきの料金プラン

あるくおとくでんきの特徴

あるくおとくでんきは歩けば歩くほど安くなるプランです。

基本的に旧電力会社のプラン(例:東京電力従量電灯Bなど)よりもお得になります。
さらに歩いた分だけポイントがつきお得になるというものです。

ただし、注意点としてこのプランは初期 事務手数料  1,100円 (税込)解約手数料と供給開始日から24ヶ月以内に解約した場合は、解約時に3,000円(非課税)がかかります。

あるくおとくでんきはこちら

保険でんきセットの特徴

でんきと保険がセットになったプランです。

電気代が安くなり、個人賠償責任補償もついてくるプランになります。

国内1億円/国外1億円まで補で電気契約が続く限り、保険の契約が続くというものです。

保険の引受先は東京海上日動ということで大手なので安心感はありますね。

ちなみに東京電力従量電灯Bとエバーグリーンリテイリングでんき保険でんきセット関東エリアを比較した場合はこうなります。

東京電力従量電灯Bエバーグリーンリテイリングでんき保険でんきセット
10A286
15A429
20A572
30A858853.71
40A11441,138.28
50A14301,422.85
60A17161,707.42
最初の120kWhまで(第1段階料金)19.8819.71
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金)26.4824.81
300kWhをこえる30.5727.74

※2021年6月9日
※変更されている可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

となっていました。

20A以下の場合契約できません。

エバーグリーンリテイリングでんき保険でんきセットはこちら

CO2フリープランの特徴

CO2フリープランは再エネ指定の非化石証書を利用して実質的に再生可能エネルギー100%での調達を実現しています。

環境に優しいプランです。

ちなみに東京電力従量電灯BとエバーグリーンリテイリングでんきCO2フリープラン関東エリアを比較した場合はこうなります。

東京電力従量電灯BエバーグリーンリテイリングでんきCO2フリープラン
10A286285.49
15A429428.23
20A572570.98
30A858856.47
40A11441,141.96
50A14301,427.45
60A17161,712.94
最初の120kWhまで(第1段階料金)19.8819.82
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金)26.4825.90
300kWhをこえる30.5729.63

※2021年6月9日
※変更されている可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

若干ですがお得になっています。

エバーグリーンリテイリングでんきと他の電力会社と比較

ではこれらのプランの電気料金がお得なのか他の電力会社のプランと比較してみてみたいと思います。

比較するのはエバーグリーンリテイリングでんきの通常プランで「東京電力従量電灯B相当のプラン」で他のいろいろなおすすめの電力会社のプランと比較して紹介したいと思います。

エバーグリーンリテイリングでんきあしたでんき標準プランエルピオでんきスタンダードプランSHTBエナジーウルトラ&プライム東京シン・エナジーきほんプラン楽天でんきプランSENEOSでんきVプラン東京電力従量電灯B
10A100kWh2253.29260022742274
20A150kWh3667.8839003676.663693.83752
20A300kWh7350.3878007569.167374.87724
30A200kWh5179.6752005237.25094.75111.1453005206.85362
30A300kWh7634.6778007540.27653.67589.1479507660.88010
40A200kWh5463.96520051905196.885367.2553005492.85648
40A400kWh10662.96104001007110446.8810616.251060010568.811353
50A300kWh8203.2578007750.477778101.3679508232.88582
50A500kWh13691.251300012906.41248513643.361325013476.814696
60A600kWh16719.541560015753.241498216670.481590016384.818039

※2021年6月9日

となっていました。

計算してみると電力使用量が少ない家庭の場合、結構お得になるという結果になりました。
電力使用量が少ない家庭ではなかなかお得かもしれませんね。
電力使用量が多くなると他の電力会社もチェックでしょうか。

まとめ

エバーグリーンリテイリングでんきのチェックポイントをまとめると

・東京電力従量電灯B相当のプランだと電力使用量が少ない家庭だとお得になる可能性がある
・保険でんきなど他にもちょっと変わったプランがある

というところです。

いろいろお得な電力会社がありますが、エバーグリーンリテイリングでんきの通常のプランはなかなかお得ですね。

特に電力使用量が少ない家庭の場合お得になる可能性があると思います。

プランもいくつかユニークなものがあってちょっと面白いですね。

検討の余地ありですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました