シン・エナジーの料金・デメリット・他の新電力会社と比較

シン・エナジー
管理人
管理人

シン・エナジー、あまり聞いたことがない方もいるかもしれませんが、旧:洸陽電機という名前から2018年4月1日よりシン・エナジーと社名が変更されています。

ではシン・エナジーの料金・デメリット・他の新電力会社と比較などしていきたいと思います。

シン・エナジーの口コミを投稿する

ではまず先におさえておきたいポイントをまとめると

・解約手数料はかからない
・JALマイルが貯まる
・対象エリアは東北電力エリア|東京電力エリア|中部電力エリア|北陸電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア|沖縄電力エリア

というところでしょうか。

料金的にはそれほどお得にはならないと思いますが、エネチェンジ経由での入会でキャンペーンをやっていたりするのでチェックされても良いかもしれません。

ではどういった会社なのかから紹介していきたいと思います。

シン・エナジーの会社概要

会社名 シン・エナジー株式会社
本社所在地 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館14階
設立 平成5年創業
資本金 367,250,775円
事業内容 【エネルギークリエーション領域】
・太陽光発電事業
・地熱発電事業
・小水力発電事業
・バイオマス発電事業
・バイオガス発電事業
【エネルギートレード領域】
・電力の売買
・需給管理
【エネルギーセービング領域】
・省エネルギー支援サービス
・エネルギー管理システムの開発・販売

様々なエネルギー関連の事業を行っている会社で電力に関してもどういったサービスがあるのか気になるところですね。

エリアは北海道以外対応

まず供給エリアは

東北・北陸・東京・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄となっていて北海道以外は供給エリアとなっています。

ではまずプランと料金を見てみたいと思います。

シン・エナジーの料金プラン

一般家庭は「きほんプラン」と「生活フィットプラン」が主、飲食店や事務所向けのプランもある

大体一般家庭の場合は「きほんプラン」と「生活フィットプラン」になっていて、他にも飲食店や事務所向けのプランもあります。

では東京電力エリアの従量電灯Bの場合で見ていきたいと思います。

まず「きほんプラン」と「生活フィットプラン」があります。

・きほんプランは電気の使用量が少なめの方向け
・生活フィットプランは電気の使用量が多めの方向け

という感じです。

ではきほんプランの料金表を見てみたいと思います。

きほんプラン

料金項目 シン・エナジー
きほんプラン
(参考)東京電力従量電灯B (参考)お得率
基本料金 1契約 30A 768.34円 858.00円 10.40%
1契約 40A 1,024.45円 1,144.00円 10.50%
1契約 50A 1,280.56円 1,430.00円 10.50%
1契約 60A 1,536.68円 1,716.00円 10.40%
電力量料金(120kWhまで) 19.67円/kWh 19.88円/kWh 1.10%
電力量料金(120kWh超過300kWhまで) 24.78円/kWh 26.48円/kWh 6.40%
電力量料金(300kWh超過) 27.71円/kWh 30.57円/kWh 9.40%

※2020年4月16日時点

次は生活フィットプランです。

生活フィットプラン

料金項目 シン・エナジー生活フィットプラン
基本料金(契約容量6kVAまでの方) 1契約 30A 471.90円
1契約 40A 629.20円
1契約 50A 786.50円
1契約 60A 943.80円
電力量料金(デイタイム)デイタイムは平日9時~18時まで 33.05円/kWh
電力量料金(ライフタイム)ライフタイムは平日8時~9時および18時~22時、休日扱い日の8時~22時まで 26.09円/kWh
電力量料金(ナイトタイム)ナイトタイムは毎日22時~翌日8時まで 17.98円/kWh

※2020年4月16日時点

もしかしたら安いかも!?って一瞬思ったのですが、これだけではちょっとわかりにくいので他の電力サービスのプランと比較したいと思います。

他の新電力会社と比較

同じような料金体系でおすすめの電力会社のエルピオでんき「スタンダードプランS」とシン・エナジー「きほんプラン」を比較したいと思います。

料金項目 シン・エナジー
きほんプラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
基本料金 1契約 30A 768.34円
1契約 40A 1,024.45円 1,086.8円
1契約 50A 1,280.56円 1,344.2円
1契約 60A 1,536.68円 1,613.04円
電力量料金(120kWhまで) 19.67円/kWh 40A・50A 18.84円
60A 18.65円
電力量料金(120kWh超過300kWhまで) 24.78円/kWh 23.03円
電力量料金(300kWh超過) 27.71円/kWh 25.78円

こうやってみると基本料金はシン・エナジーの方が安いですけど、電力量料金はエルピオでんきが安いです。

ではちょっとシミュレーションをしてみたいと思います。

東京電力従量電灯B
40A
11月「150kWh」/「300kWh」

※2019年12月にシミュレーション

でシミュレーションしてみたいと思います。

そうすると年間でこういった料金になりました。

150kWh シン・エナジー
きほんプラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
東京電力従量電灯B40A 55,274円 53,151円
電気料金 52,664円 49,567円
結果 2,610円お得 3,584円お得
300kWh シン・エナジー
きほんプラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
東京電力従量電灯B40A 108,911円 102,863円
電気料金 102418円 92,671円
結果 6,493円お得 10,192円お得

電力が多い家庭少ない家庭でもエルピオでんきがお得になるという結果がでました。

管理人
管理人

まあエルピオでんきはお得なのですが、シン・エナジーは電力会社では平均的なところでしょうか。

追記:2020年4月16日にシミュレーション

改めて違う電力会社のあしたでんきとシミュレーション比較してみました。

条件として

・東京電力エリア
・30A
・全部の月の電気使用量「150kWh(年間電気使用量1,800kWh)」と300kWh(年間電気使用量3,600kWh)

でシミュレーションしてみました。

使用電力 シン・エナジー「きほんプラン」 シン・エナジー「生活フィットプラン」 あしたでんき「標準プラン」
月150kWh(年間電気使用量1,800kWh) 49,516円/年 50,129円/年 49,852円/年
月300kWh(年間電気使用量3,600kWh) 97,185円/年 94,583円/年 99,717円/年

あしたでんきとの比較ではシン・エナジーの方がお得という結果が出ました。

これはあしたでんきの公式サイトでシミュレーションしているので条件はほぼ同じで正確性が高いかなと思います。

シン・エナジーは結構お得だなというのが最近の印象です。

ではシン・エナジーのメリット、デメリットを見てみたいと思います。

シン・エナジーのメリット・デメリット

シン・エナジーのデメリット

特にデメリットというのはないかと思います。

初期費用も解約手数料も0円ということで気になるポイントはクリアしているかと思います。

シン・エナジーのメリット

解約手数料0円

一つのポイントである解約手数料がかかるかかからないかですが、シン・エナジーはかかりません。

なので利用しやすいとおもいます。

特典がある

どこの電力サービスでも何かしら独自の特典があったりするのですが、シン・エナジーではJALマイレージバンクの会員ならJALマイルが貯まるということなんです。

JALマイラーの方はチェックですね。

後は気になるキャンペーンです。

キャンペーンでお得に

公式サイトではこれといったキャンペーンは確認できませんでしたけど、キャンペーンでお得になる方法があります。

電力・ガスシミュレーションサイトの「エネチェンジ」ではシン・エナジーのキャンペーンが掲載されていてエネチェンジ経由で契約すると特典があります。

ただ、期間限定なのでキャンペーンを行っていない可能性もありますし、キャンペーン内容が変更されている可能性もあるのでチェックしてみてください。

シン・エナジーはおすすめなのか

シン・エナジーはなかなかおすすめの電力会社ですが、他にもいくつかおすすめの電力会社があります。

上で紹介比較したエルピオでんきなどもその一つです。

料金も安い場合が多いですし、キャンペーンも魅力的です。

他にも一人暮らしにおすすめの電力会社などもあるのでまとめて紹介したいと思います。

他にチェックしておきたい電力サービスは?

他にチェックしておきたい電力サービスで言うと

一人暮らしなど電気使用量が少ない

一人暮らしなど電気使用量が少ないのであれば【自然電力のでんき「SE Debut」】や【HTBエナジー「たのしいでんき」】、

ある程度電気を使うしキャンペーンでお得にということなら

電気料金も比較的安く、キャンペーンも魅力的ということなら【自然電力のでんき「SE30%」】や【エルピオでんき】、

電気使用量が少なく特典が魅力的な

電気使用量が少ない家庭で特典が魅力的な方なら【丸紅新電力「Hプラン」】あたりをチェックしてみると良いのかなと思います。

シン・エナジーの口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電力会社リアルチェック|おすすめの電力会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

まとめ

会社としてはエネルギー関連の事業を行っている信頼できる会社なのかなということがわかります。

電力供給エリアも北海道以外と広くプランもいくつかあります。

料金的にはまずまずおすすめで選択肢の一つにかなという印象ですね。

キャンペーンなどもチェックして検討されると良いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました