東京ガスのでんきの口コミ・評判・デメリット|他の電力会社と電気料金比較

東京ガスのでんき
電力自由化になり東京ガスも電力サービスを行っていますが、旧電力会社の電力料金よりも安くはなっていますけど、いろいろある電力会社の中で一番安いのかというとそんなこともなく、家庭によってはもっとお得になる電力会社のプランがある場合もあります。

ただ、電気とガスのセットで割引があってお得になるというのもありますし、キャンペーンなどもやっていてお得になる可能性もあります。

東京ガスのでんきのキャンペーンをチェック

でも東京ガスの電気がお得になるのかわからないという方も多いと思いますので実際他の電力会社と比較してお得なのか口コミ・評判・デメリットなども併せて紹介したいと思います。

ここでは

・東京ガスの電気のチェックポイントまとめ
・東京ガスの電気の料金プランの特徴
・東京ガスの電気と旧電力会社を比較
・東京ガスの電気と他の電力会社を比較
・東京ガスの電気の口コミ・評判
・東京ガスの電気まとめ

とうところを紹介していきたいと思います。

東京ガスのでんきの口コミを投稿する

東京ガスの電気のチェックポイントまとめ

まずは東京ガスの電気のチェックポイントをまとめて紹介したいと思います。

・料金プランは4つ
・東京電力エリア(ガス供給エリアと同じではない)
・ガスを利用していなくても利用できる
・ガスと電気のセット割がある

こういったところでしょうか。

料金プランは下で紹介します。

あと電力供給エリアは東京電力エリアなのですが、ガス供給エリアと同じではなく、東京ガスの都市ガスを利用していなくても電気だけでもエリア内なら利用することができます。

おそらく東京ガスを利用されている方が多いと思いますが、電気とセットで利用すると電気料金の割引があります。
これに関しても後程どれくらいお得になるのか詳しく見ていきたいと思います。

ということでまずは東京ガスの電気の料金プランの特徴から見ていきたいと思います。

東京ガスの電気の料金プランの特徴

電気の料金プランは4つで

「ずっとも電気1S」
「ずっとも電気1」
「ずっとも電気2」
「ずっとも電気3」

プラスセットで

「ガス・電気セット割」
「トリプル割(ガス・電気・インターネット)」

などもあります。

ではまず料金プランを見てみたいと思います。

ずっとも電気1S(東京電力エナジーパートナー 従量電灯B相当)

一人暮らしなどあまり電気を使わない方向け

単位料金(税込)
基本料金(1か月あたり)契約電流10A1契約286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電力量料金第1段階料金120kWhまで1kWh19.85円
第2段階料金120kWhを超え300kWhまで25.35円
第3段階料金300kWhを超えたもの27.48円

※2021年3月25時点

ずっとも電気1(東京電力エナジーパートナー 従量電灯B相当)

ある程度電気を使う一般家庭向け

単位料金(税込)
基本料金(1か月あたり)契約電流30A1契約858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
電力量料金第1段階料金140kWhまで1kWh23.67円
第2段階料金140kWhを超え350kWhまで23.88円
第3段階料金350kWhを超えたもの26.41円

※2021年3月25時点

ずっとも電気2(東京電力エナジーパートナー 従量電灯C相当)
単位料金(税込)
基本料金(1か月あたり)1kVA286.00円
電力量料金第1段階料金360kWhまで1kWh23.63円
第2段階料金360kWhを超えたもの26.47円

※2021年3月25時点

ずっとも電気3(東京電力エナジーパートナー 低圧電力相当)
単位料金(税込)
基本料金(1か月あたり)1kVA1,037.30円
電力量料金第1段階料金[契約電力×130] kWhまで(※2)1kWh夏季17.22円その他の季節15.65円
第2段階料金[契約電力×130] kWhを超えたもの18.71円18.59円

※2021年3月25時点

※1:計量日時点での季節の単価を当該料金計算に用います。(夏季:毎年7/1~9/30、その他季毎年10/1~6/30)
※2:例えば、契約電力15kWのお客さまの場合は、第1段階料金の適用は1,950(15×130)kWhまでとなります。

となっています。

東京ガスの電気の料金プランはこちら

変更されている可能性もあるので公式サイトで確認していただければと思います。

東京ガスのでんきの公式サイトで料金チェック

大体一般的な家庭では東京電力従量電灯B相当の「ずっとも電気1S」か「ずっとも電気1」に該当すると思います。

この二つはA(アンペア)や電力使用量によってどちらがお得になるのかが変わってきます。

まずは東京電力従量電灯Bと比較してみていきたいと思います。

実際に計算してみるとこういった計算結果になりました。

東京ガスの電気
(ずっとも電気1S)
東京ガスの電気
(ずっとも電気1)
東京電力
従量電灯B
20A150kWh3714.503752
20A300kWh7517.007724
30A200kWh5268.005604.605362.00
30A300kWh7803.007992.608010
40A200kWh5554.005890.605648
40A400kWh10837.0010793.1011353
50A300kWh8375.008564.608582
50A500kWh13871.0013720.1014696
60A600kWh16905.0016647.1018039.00

さすがに東京電力よりはお得になりますね。

あとA(アンペア)が低くて電力使用量が少ない家庭は東京ガスの電気(ずっとも電気1)、A(アンペア)が高くて電力使用量が多い家庭の場合は東京ガスの電気(ずっとも電気1)がお得になる傾向にあるかと思います。

詳しくはこちらで紹介しています。

では東京ガスの電気と他の電力会社を比較してみたいと思います。

東京ガスの電気と他の電力会社と比較

ここであしたでんきエルピオでんきで東京電力エリア従量電灯B相当のプランで比較したいと思います。

実際に計算してみるとこういった結果になりました。

東京ガスの電気
(ずっとも電気1S)
東京ガスの電気
(ずっとも電気1)
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
20A150kWh3714.503900
20A300kWh7517.007800
30A200kWh5268.005604.6052005237.2
30A300kWh7803.007992.6078007540.2
40A200kWh5554.005890.6052005190
40A400kWh10837.0010793.101040010071
50A300kWh8375.008564.6078007750.4
50A500kWh13871.0013720.101300012906.4
60A600kWh16905.0016647.101560015753.24
東京ガスのでんきを確認東京ガスのでんきを確認あしたでんきを確認エルピオでんきを確認

電力使用量が少ない場合は東京ガスの電気(ずっとも電気1S)がお得ですが、A(アンペア)が高くて電力使用量が多くなってくるとあしたでんきやエルピオでんきがお得になってきます。

そして、東京ガスの電気の場合、ガスと電気のセット割があります。

ガス・電気セット割

東京ガスとセットで利用することでお得になる「ガス・電気セット割」はこちらです。

ずっとも電気1S

毎月の電気料金の基本料金および電力量料金の合計額(税込)から、当該合計額に0.5%を乗じた額を割引されます。

ずっとも電気1・ずっとも電気2・ずっとも電気3

「ガス・電気セット割(定額A)」:電気需給契約ごとに、毎月の電気料金の基本料金から275円(税込)を割引されます。

この割引を加味して計算してみたいと思います。

私の計算ではこういった結果になりました。

東京ガスの電気
(ずっとも電気1S)
東京ガスの電気
(ずっとも電気1)
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
20A150kWh3695.933900
20A300kWh7479.427800
30A200kWh5241.665329.652005237.2
30A300kWh7763.997717.678007540.2
40A200kWh5526.235615.652005190
40A400kWh10782.8210518.11040010071
50A300kWh8333.138289.678007750.4
50A500kWh13801.6513445.11300012906.4
60A600kWh16820.4816372.11560015753.24
東京ガスのでんきを確認東京ガスのでんきを確認あしたでんきを確認エルピオでんきを確認

そこまで大きくはお得にはなっていませんね。

あくまで私の計算では東京ガスの電気を利用してガスとセットで利用する必要はないのかなという計算結果になりました。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介しているので良かったら見てみてください。

東京ガスのでんきのメリット・デメリットを見てみたいと思います。

東京ガスのでんきのメリット・デメリット

東京ガスのでんきのデメリット

供給エリアが関東圏のみ

東京ガスのでんきの供給エリアは

東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 静岡県(富士川以東)

となっています。

なのでその他の地域の方は利用できません。
以外にエリアが限定的ですね。

電気とガスのセットでも他にもお得な電力会社はある

東京ガスを利用していて電気もセットで利用してお得にと考えていた方もいるかもしれません。

確かにお得にはなりますが、電力使用量によっては他にもお得になる電力会社はあるというのが私の計算結果です。

少しでも安くという方は他の電力会社もチェックですね。

東京ガスのでんきのメリット

解約違約金がかからない

東京ガスのでんきの公式サイトのQ&Aでも「契約を解除した場合に違約金等は発生するの?」の問いにたいして

違約金等は発生しません。」という記載がされています。

なので安心ですね。

パッチョポイントがたまる

myTOKYOGAS会員向けのポイントサービスでガス・電気料金のお支払いでパッチョポイントがたまります。

ずっともガス:1,000円あたり5ポイント
ずっとも電気:1,000円あたり15ポイント

たまったパッチョポイントは他の大手ポイントに交換できたりお買い物に使うことができます。

条件があったりするので公式サイトで確認お願いします。

電気とガスをセットにまとめられる

電気とガス別々よりもまとめた方が支払いの借りが楽でよいという方にはいいですね。

ガス料金も一緒に見られるということで便利ですね。

東京ガスということで安心感もあるかと思います。

キャンペーンを利用する

東京ガスのでんきでは大体こういった何かのキャンペーンを行っています。

過去にはこういったキャンペーンを行っていました。

キャンペーン内容総額3,600円(300円分×12週間分)のamazonギフト券プレゼント&10人に1人amazonギフト券10,000円分プレゼント
期間2019年10月15日(火)~12月23日(月)
対象メニューずっとも電気1S、ずっとも電気1、ずっとも電気2、ずっとも電気3
キャンペーン内容電気代が3か月10%OFF
期間2019年6月17日(月)から2019年10月8日(火)
対象メニューずっとも電気1S、ずっとも電気1、ずっとも電気2、ずっとも電気3

まずはチェックしてみてください。

では東京ガスの電気の口コミ・評判を見てみたいと思います。

東京ガスのでんきの口コミ・評判

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

【楽天電気】と【東京ガスの電気】の電気料金を比較|実際に計算するとわかった

管理人
管理人

東京ガスで電気もまとめて安くなったという方は結構いますね。

おそらく東京電力からだと思います。

まとめ

東京ガスも電力サービスに参入してきて、プランもいろいろありますし、東京ガスとセットで利用することでちょっと割引になりますし、まとめることで管理も楽というメリットなどもあります。

ただ、電気に関しては供給エリアがほぼ関東エリアだけということでその他の地域の方は利用できません。

あともし利用検討されている方はキャンペーンなどもやっていたりするのでチェックされると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました