「楽天でんき」と「あしたでんき」の電気料金を比較するとどちらが安くなるのか

あしたでんき

「楽天でんき」と「あしたでんき」、どちらも人気の電力サービスですね。

電力会社を乗り換えようと考えていて二つで悩んでいる方も多いと思います。

この二つの電力サービスの料金体系は同じで基本料金0円で使った分だけ料金がかかるということで電気料金だけで比較するとどちらが安くなるのかはすぐにわかります。

早速比較してみます。

「楽天でんき」と「あしたでんき」の料金比較

楽天でんき(プランS)あしたでんき(標準プラン)
エリア基本料金従量料金(税込)
北海道電力エリア0円30.00円/kWh
東北電力エリア0円26.50円/kWh26.00円/kWh
東京電力エリア0円26.50円/kWh26.00円/kWh
中部電力エリア0円26.50円/kWh26.00円/kWh
北陸電力エリア0円22.00円/kWh
関西電力エリア0円22.50円/kWh22.00円/kWh
中国電力エリア0円24.50円/kWh24.00円/kWh
四国電力エリア0円24.50円/kWh
九州電力エリア0円23.50円/kWh23.00円/kWh
沖縄電力エリア0円27.00円/kWh

これはどちらも個人家庭用向けのプランで大体の家庭が「楽天でんき(プランS)」と「あしたでんき(標準プラン)」に該当するかと思います。

こうやってみるとあしたでんきが安いことがわかります。

実際にいくつかの電力エリアでいくつかの電気使用量で料金計算して比較してみたいと思います。

東京&中部電力エリアあしたでんき(標準プラン)楽天でんき(プランS)
100kWh2600.002650.00
150kWh3900.003975.00
200kWh5200.005300.00
300kWh7800.007950.00
400kWh10400.0010600.00
500kWh13000.0013250.00
600kWh15600.0015900.00
700kWh18200.0018550.00
関西電力エリアあしたでんき(標準プラン)楽天でんき(プランS)
100kWh2200.002250.00
150kWh3300.003375.00
200kWh4400.004500.00
300kWh6600.006750.00
400kWh8800.009000.00
500kWh11000.0011250.00
600kWh13200.0013500.00
700kWh15400.0015750.00

当然あしたでんきの方がお得になります。

ちなみに東京電力や中部電力に関してはA(アンペア)は関係ありません。

 

これだけ見ればあしたでんきになりますが、どちらもキャンペーンを行っていたりしますし、楽天でんきの場合は楽天スーパーポイントが付きます。

こういったところを含めて考えるとまた悩むところになってきます。

ではその他のポイントを見ていきましょう。

「楽天でんき」と「あしたでんき」の特典・ポイント

楽天でんきの特典・ポイントあしたでんきの特典・ポイント
・楽天でんき申し込みで2,000ポイントプレゼント
※契約期間が3ヶ月以上の方が対象
・電気料金200円につき1ポイント貯まる
・楽天カードで支払えば100円毎に1ポイント貯まる
・貯まったポイントは電気代に支払える
・「楽天でんきママ割」や「楽天でんきペット割」などのキャンペーンを行っていたりする
・解約違約金がかからない
・公式サイトで定期的にキャンペーンを行っている
・解約違約金がかからない

楽天でんきの特典・ポイント

楽天でんきでは常に行われているのが「楽天でんき申し込みで2,000ポイントプレゼント」というのでこれ他の電力会社でいうキャンペーンですね。

それ以外にも電気料金200円につき1ポイント貯まるなどがあります。

解約違約金はかかりません。

楽天経済圏の楽天ユーザーの方は選択肢になるかと思います。

あしたでんきの特典・ポイント

あしたでんきも公式サイトで定期的にキャンペーンを行っています。


例えば「Amazonギフト券5,000円分 プレゼントキャンペーン」などです。

ただ、公式サイトではキャンペーンを行っていない時期も結構あります。

ちなみに解約違約金はかかりません。

まとめ

電気料金で言うと「あしたでんき」ですね。

キャンペーンでいうとたまにあしたでんきがお得なキャンペーンをやっていたりするのでキャンペーンをやっているタイミングなら「あしたでんき」ですね。

楽天は楽天スーパーポイントが付きますけど、例えば年間電気料金が10万円だったとして200円につき1ポイント貯まるので500ポイント(500円相当)貯まります。

あなたの家庭の電気料金次第ですが、ポイントなどを含めてどちらがお得になるのか計算してみると良いと思います。

短期間で乗り換えを考えるのであればキャンペーンがお得な方を選ぶのも一つです。

さらにここでもし一人ぐらしなど電気使用量が少ない家庭の場合楽天でんきもあしたでんきもおすすめしません。

料金体系から電力使用量の少ない家庭では割高になってしまう可能性が高いです。

では電力使用量はどれくらいから割高になるのかというとこれは電力エリアや(Aアンペア)によっても変わってきますけど、基本月150kWh~200kWhあたりが分岐点かなと思います。

150kWhとかだったらこの二つよりもHTBエナジーなどの方がお得になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました