楽天でんきは関西電力エリアでお得なのか?他の新電力会社と比較

楽天でんき
管理人
管理人

楽天でんきは知名度もありますし、利用されている方も多いです。

ただ、実際のところお得なのかどうなのかわからないと思います。

ここでは関西電力エリアで本当にお得なのか他の新電力会社と比較してみていきたいと思います。

先に言うと電力料金だけで見れば、実は他にもお得になる新電力会社はあります。

楽天スーパーポイントなどの楽天だからこその特典があるのでそういったところを総合して考えるとどうか・・・というところが焦点になってくると思います。

管理人
管理人

ちなみに私も関西電力エリアで自分が利用するのかどうかというところも考えらがら紹介していきたいと思います。

あと楽天でんきに関してはこちらもチェックしてみてください。

楽天でんき・楽天エナジーの口コミ・評判やデメリット・他の電力サービスと比較
楽天でんきキャンペーン期間キャンペーン内容備考ー2000ポイントプレゼント4か月以上契約の方が対象管理人今回は楽天でんきについて紹介したいと思います。楽天でんきは料金的にはそれほどでもないですけど...

それでは楽天でんきの関西電力エリアの料金プランから見てみたいと思います。

楽天でんきの関西電力エリアの料金プラン

まず「個人・家庭向けのプランS」と「事業者向けのプランM」、「動力プラン」とあるわけですが、一般家庭の場合は基本「個人・家庭向けのプランS」になります。

これが関西電力の従量電灯Aに相当します。

個人・家庭向けのプランS」の料金プランはというと

関西電力エリア 0円 22.50円/kWh

です。

とてもシンプルでわかりやすいですね。

ちなみに全国の電力料金はこちらです。

エリア 基本料金 従量料金(税込)
北海道電力エリア 0円 30.00円/kWh
東北電力エリア 0円 26.50円/kWh
東京電力エリア 0円 26.50円/kWh
中部電力エリア 0円 26.50円/kWh
北陸電力エリア 0円 22.00円/kWh
関西電力エリア 0円 22.50円/kWh
中国電力エリア 0円 24.50円/kWh
四国電力エリア 0円 24.50円/kWh
九州電力エリア 0円 23.50円/kWh
沖縄電力エリア 0円 27.00円/kWh

ではこの楽天でんきの「個人・家庭向けのプランS」がお得なのかどうか比較していきたいと思います。

楽天でんきの特典

まず先に楽天でんきでは独自の特典があります。

・電気料金200円につき1ポイント
・申し込みで2,000ポイント(契約期間が3ヶ月以上の方が対象)
・楽天カードで支払えば100円毎に1ポイント⇒他のクレジットカードで支払ってもそのカードのポイントは付くのでそれほど特典ではないかも
・ポイントを電気代に使える
といったところがあります。
ここで独自の特典と思うのは【電気料金200円につき1ポイント】と【ポイントを電気代に使える】でしょうか。
【申し込みで2,000ポイント(契約期間が3ヶ月以上の方が対象)】は他の新電力会社のキャンペーンに該当すると思います。
【楽天カードで支払えば100円毎に1ポイント】は他のクレジットカードで支払ってもそのカードのポイントは付くのでそれほど特典ではないかなと思います。
といったところを踏まえて電気料金200円につき1ポイントだけを加えて他の電力会社と比較してみたいと思います。

他の電力会社と比較

まずは関西電力を比較してみたいと思います。

楽天でんきと関西電力を比較

まずは楽天でんきで関西電力と比較してシミュレーションしてみます。

■電気使用量
・月平均約150kWh
・月平均約200kWh
・月平均約300kWh

でシミュレーションしてみました。

プランS(従量電灯A)で年間1,883kWhでシミュレーション

楽天でんきプランS 関西電力従量電灯A
電気料金
年間1,883kWh(月平均約150kWh)
42,365円 41,158円
楽天スーパーポイント 206ポイント
合計 42,159円 41,158円

プランS(従量電灯A)で年間2,441kWhでシミュレーション

楽天でんきプランS 関西電力従量電灯A
電気料金
年間2,441kWh(月平均約200kWh)
54,920円 55,515円
楽天スーパーポイント 269ポイント
合計 54,651円 55,515円

プランS(従量電灯A)で年間3,773kWhでシミュレーション

楽天でんきプランS 関西電力従量電灯A
電気料金
年間3,773kWh(月平均約300kWh)
84,889円 91,401円
楽天スーパーポイント 418ポイント
合計 84,471円 91,401円

※1ポイント=1円で計算
※楽天でんきの合計金額は電気料金とポイントを計算したものです。

こうやってみると電気使用量月平均月平均約150kWhだと割高になってしまいます。
月平均約200kWhくらいになると楽天でんきの方がお得ですね。

関西電力との比較では月平均約185kWhあたりで電気料金が同じくらいになるのでここが分岐点でしょうか。

一人暮らしなど電力使用量が少ない家庭には向かないことがわかります。

では他の新電力会社と比較していきたいと思います。

楽天でんきと新電力会社を比較

いくつかの新電力会社と比較してみたいと思いますが、料金体系が違っていておすすめの新電力会社と比較したいと思います。

楽天でんきと

といった新電力会社と比較していきたいと思います。

まず関西電力エリアではどこの新電力会社も同じ料金体系になります。

シミュレーション比較しなくても料金体系を見ればすぐに比較できます。

楽天でんき あしたでんき Looopでんき エルピオでんき ピタでん(F-Power)
基本料金 0円 0円 0円 0円 0円
従量料金(1kwhあたり) 22.50円 22.00円 22.40円 22.20円 21.59円
管理人
管理人

楽天でんきが一番高いですね。
電気料金だけなら楽天でんきは安くはないですね。

あとはそれぞれの新電力会社の特典やキャンペーンなどを加味して選択するということになります。

キャンペーンは時期によっても変わってくるので今どのようなキャンペーンが行われているのチェックされると良いと思います。

キャンペーンを行っていない時もあるのでそこも見てみてください。

【2020年6月更新】電力会社キャンペーン一覧
電力会社期限キャンペーン内容キャンペーンはこちら自然電力のでんき2020年6月16日まで3つのキャンペーン実施中エネチェンジエルピオでんき2020年6月30日までAmazonギフト券最大36,000円エネ...

まとめ

楽天でんきは電気料金だけでは安くはないということです。
そこにポイントなどが付いてくきます。
それを加味しても他にもお得な電力会社があって楽天でんきがとてもお得ということはないですね。

ただ、楽天でんきの良いところは楽天スーパーポイントが利用できるということです。
楽天のポイントが貯まっているという方も多いと思いますからそれを使えるのはいいですね。

それに楽天サービスを利用されている楽天ユーザーの方はまとめられるのも便利かと思います。

関西電力エリアだけなくて全国の電力エリアで言えることは電力料金重視であれば他の電力会社も選択肢になってくるということですね。

あといくつかピックアップして電力会社のプランを紹介しておきます。

一人暮らしなど電気使用量が少ない

一人暮らしなど電気使用量が少ないのであれば【自然電力のでんき「SE Debut」】や【HTBエナジー「たのしいでんき」】、

ある程度電気を使うしキャンペーンでお得にということなら

電気料金も比較的安く、キャンペーンも魅力的ということなら【自然電力のでんき「SE30%」】や【エルピオでんき】、

電気使用量が少なく特典が魅力的なら

電気使用量が少ない家庭で特典が魅力的な方なら【丸紅新電力「Hプラン」

あたりをチェックしてみると良いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました