auでんきは関西電力エリアではお得なのか?|いろいろな電力会社と比較してわかったこと

auでんき
管理人
管理人

auでんきはauユーザーの方が利用しようか検討していると思います。

それ以外の方がチェックすることはないと思います。

ここでは関西電力エリアに絞ってauでんきがお得なのか他の電力会社などと比較して紹介したいと思います。

先に結論を言うとauでんきはそれほどお得ではありません。

特に電力使用量の多い家庭では他にもお得な電力会社は多いです。

それでもauでんきが向いているという方もいるので紹介していきたいと思います。

auでんきに関してはこちらもチェックしてみてください。

まずは料金プランから見ていきたいと思います。

auでんきの関西電力エリアの料金プラン

まず料金プランといっても

関西電力の料金と同じ

です。

関西電力の昔からある電気料金であれば今までと同じで、その「電気料金に応じてポイントが付く」とい形になっています。

電気料金(月) WALLETポイント還元率
5,000円未満 1%
5,000円~8,000円未満 3%
8,000円以上 5%

なので例えば月の電気料金を例に見てみると

月の電気使用量 ポイント
3,000円 30ポイント
5,000円 150ポイント
8,000円 400ポイント

※1ポイント=1円

のポイントがもらえるということです。

これを他の電力会社と比較してみましょう。

ではその他の新電力会社と比較してみたいと思います。

その他の新電力会社と比較

比較するのは「ENEOSでんき」、「あしたでんき」、「丸紅新電力」と比較したいと思います。

条件は

・関西電力従量電灯A
・月の電気使用量「約3,000円」「約5,000円」「約8,000円」で計算
※2020年4月23日にシミュレーション

でシミュレーションしてみました。

auでんき

まずauでんきはこんな感じです。

年間の電気使用量 ポイント
36,000円(月3,000円) 360ポイント(360円)
60,000円(月5,000円) 1,800ポイント(1,800円)
96,000円(月8,000円) 4,800ポイント(4,800円)

これを基準に比較してみたいと思います。

本来は夏や冬は電気料金が上がりますが、計算がややこしくなるのでここでは毎月同じ電気料金を使用したと仮定して掲載しています。

auでんきとENEOSでんき

まずはENEOSでんき関西Aプランで見てみたいと思います。

使用電力 関西電力 ENEOSでんき関西Aプラン お得になるか
電気料金月平均約3000円 36,192円/年 34,986円/年 1,206円お得
電気料金月平均約5000円 59,912円/年 57,103円/年 2,809円お得
電気料金月平均約8000円 96,200円/年 90,619円/年 5,581円お得

大体料金は合わせてみました。

ということは

auでんき ENEOSでんき関西Aプラン
360ポイント(360円) 1,206円お得
1,800ポイント(1,800円) 2,809円お得
4,800ポイント(4,800円) 5,581円お得

こうなり電気料金は若干違いますが、ENEOSでんき関西Aプランの方がお得という結果になりました。

auでんきとあしたでんき

次はあしたでんきです。

あしたでんきではauでんきと比較してシミュレーションできます。

といっても関西電力でもauでんき「KDDI」でも料金体系は一緒なのでどちらでシミュレーションしても基本変わりませんが。

使用電力 auでんき あしたでんき お得になるか
電気料金月平均約3000円 36,070円/年 37,466円/年 1,206円auでんきがお得
電気料金月平均約5000円 60,065円/年 58,773円/年 1,292円あしたでんきがお得
電気料金月平均約8000円 96,121円/年 90,160円/年 5,961円あしたでんきがお得

シミュレーションするとこういった結果になりました。

auでんき ENEOSでんき関西Aプラン
360ポイント(360円) 1,206円割高
1,800ポイント(1,800円) 1,292円お得
4,800ポイント(4,800円) 5,961円お得

ということで電気料金が安い場合はauでんきがお得、月平均約8000円だとあしたでんきがお得ということ結果になりました。

ちなみに月平均約8000円の電気使用量は月約300kWhくらいです。

2、3人で暮らす家族くらいの電気料金ではないでしょうか。

auでんきと丸紅新電力

最後に丸紅新電力です。

丸紅新電力は関西電力の従量電灯Aに該当するプランで言うとプランS(従量電灯A)になりますが、ここではauでんきとそのプランS(従量電灯A)と比較するのではなく、プランHと比較したいと思います。

プランHは電気料金は関西電力の料金と同じなんです。
なのでここまではauでんきと同じです。

そこに動画配信サービスのHuku利用料を負担してくれるというプランになります。

というプランです。

1年間で計算すると12,321円お得になるということになるわけです。

動画配信サービスを利用している方、これから利用を検討している方はどちらがお得になるのかわかると思います。

こういった面白いプランのサービスもあるということです。

ちなみにプランHは契約期間中、1年ごとにHuluチケットのコード12ヶ月分を発行し続けます。ということです。

※まずこれらのシミュレーション比較はある程度料金を合わせて自分なりに計算しているので確実に料金が正しいというわけではありません。ある程度で計算していますので参考程度にしていただければと思います。

まとめ

このように3つの新電力会社と比較してみましたけど、電気使用量でもauでんきがお得になるのか損するのかも変わってきます。

比較的電力使用量が少ない家庭の場合、auでんきがお得になることが多いといえると思います。

ただ、丸紅新電力のようにちょっと面白いプランもありますし、キャンペーンなどを含めて考えるとまたお得な電力会社が変わってきたりします。

なのでちょっと視野を広げて検討するのも良いと思います。

いくつかチェックしておくと良い電力会社のプランを紹介したいと思います。

一人暮らしなど電気使用量が少ない

一人暮らしなど電気使用量が少ないのであれば【自然電力のでんき「SE Debut」】や【HTBエナジー「たのしいでんき」】、

ある程度電気を使うしキャンペーンでお得にということなら

電気料金も比較的安く、キャンペーンも魅力的ということなら【自然電力のでんき「SE30%」】や【エルピオでんき】、

電気使用量が少なく特典が魅力的なら

電気使用量が少ない家庭で特典が魅力的な方なら【丸紅新電力「Hプラン」

あたりをチェックしてみると良いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました