沖縄電力エリア対応で乗り換えできるところは少ない!電力を安くするためにはどこがおすすめ?

地域・エリア

電力自由化から数年経っていますが、かなりいろいろな会社が電力サービスに参入してきました。

僕自身も40サービス以上はいろいろ調べて比較してみましたけど、北海道電力エリアと沖縄電力エリアが対象の電力サービスはホントに少ないです。

沖縄電力エリア対象電力サービスが少ない!

特に沖縄は一番少ないです。
なので電力会社を選ぶとなると選択肢がとても少なくなってしまいます。

自分でいろいろ調べてみてもなかなか沖縄電力エリア対応の電力サービスが出てこなかったりするかと思いますので、ここでは沖縄電力エリア対応で乗り換でおすすめの電力会社や方法などを紹介したいと思います。

沖縄電力エリア対象電力サービス

20社くらい大体有名な電力を提供しているサービスで調べてみると沖縄電力エリア対象の電力を提供している会社はほとんどありませんでした。

では数が少ないので一つ一つ紹介したいと思います。

auでんき

電力料金 ポイント還元率
5,000円未満 1%
5,000円~8,000円未満 3%
8,000円以上 5%

※2019年12月更新

auでんきは電気料金は沖縄電力と一緒で電気料金が安くなるのではなくて、使用した電気料金に対してポイントが還元されるという形になっています。

実際はそれほどお得にはならないかなと思いますけどauユーザーの方はまとめられて良いのかなと思います。

一人暮らしとか電力を利用しない人でも少しお得になる形になるのは良いと思います。

auでんきの口コミ・評判・デメリットや解約・他の電力会社と比較
管理人こんにちは!大手キャリアの一つau「KDDI」も電力業界に参入しています。ということで【auでんき】について口コミ・評判・デメリットや解約・他の業者と比較してみたいと思います。auでんきの口コミを投稿する...

おうちでんき(ソフトバンクでんき)

  沖縄電力 おうちでんき(ソフトバンクでんき)
最低料金    (最初の10kWhまで)  402.40円 402円40銭
電力量料金    (10kWh超過120kWhまで)  22.95円 22円72銭
電力量料金    (120kWh超過300kWhまで)  28.49円 28円20銭
電力量料金    (300kWh超過)  30.47円 30円16銭

※2019年12月更新

おうちでんきは沖縄電力よりも料金が安くなるような料金体系になっています。
基本はお得になるようにはなっています。

ソフトバンクの携帯電話とセットでちょっとお得になったりもします。

おうちでんき(ソフトバンクでんき)の口コミ・評判・デメリット・他の新電力会社と比較
ここでは新電力サービスとしてソフトバンクが提供する「おうちでんき」について紹介したいと思います。 ソフトバンクなのでソフトバンクユーザーはもしかしたら「特典とかもあるのでは?」「お得なのかも?」と思っている方も多いかと思います。 ...

シン・エナジー

あまり聞いたことがないと思いますが、太陽光などエネルギー関連の事業をずっと行っている兵庫県の会社です。

プランは3つで「きほんプラン(一般的なプラン)」、「生活フィットプラン(時間によって料金が違うプラン)」、「低圧動力プラン(商店、事務所、飲食店向けプラン)」となっています。

きほんプラン

最低料金    (最初の10kWhまで)  361.57円
電力量料金    (10kWh超過120kWhまで)  22.92円
電力量料金    (120kWh超過300kWhまで)  27.50円
電力量料金    (300kWh超過)  28.52円

生活フィットプラン

基本料金    (1契約につき) 336.11円
電力量料金(デイタイム)デイタイムは平日9時~18時まで 28.96円/kWh
電力量料金(ライフタイム)ライフタイムは平日8時~9時および18時~22時、休日扱い日の8時~22時まで 26.46円/kWh
電力量料金(ナイトタイム)ナイトタイムは毎日22時~翌日8時まで 22.29円/kWh

※2019年12月更新

一般家庭の場合はきほんプランになるかと思いますが、沖縄電力よりも安い設定になっています。

おうちでんき(ソフトバンクでんき)と比較すると電力量料金    (10kWh超過120kWhまで) 以外はシン・エナジーがお得になっています。

シン・エナジーの電気の料金と他の新電力会社と比較・口コミ評判・デメリット
管理人 シン・エナジー、あまり聞いたことがない方もいるかもしれませんが、旧:洸陽電機という名前から2018年4月1日よりシン・エナジーと社名が変更されています。料金プランも基本プランから生活フィットプランなどい...

楽天でんき(プランS)

  基本料金 従量料金(税込)
沖縄電力エリア 0円 27.00円/kWh

※2019年12月更新

楽天が提供する電力サービスで沖縄対応は現時点ではプランSということになります。

料金体系が使った分だけ支払うという形でこの場合一人暮らしや電気をあまり使わない人には割高になる可能性が高くて大家族など電気を多く使用する家庭にはお得になります。

楽天でんきのデメリット|他の電力会社と比較
楽天でんきはサービス開始が2018年11月1日からで電力自由化になって少したってから参入してきたんですよね。 後発組といっても良いかもしれません。 管理人 それでもサービス開始当初は申し込みが殺到していたようで...

HTBエナジー「たのしいでんき」

HTBエナジーは旅行代理店のHISのグループ会社です。

プランは2つです。

ウルトラ 沖縄

料金分類 沖縄電力※2019年10月の単価 ウルトラ 沖縄
最低料金 単位/1契約
最初の10kWhまで 402.40円 390.33円
従量料金 単位/1kWh
10kWh超過120kWhまで 22.95円 22.26円
120kWh超過300kWhまで 28.49円 27.64円
300kWh超過 30.47円 29.56円

プライム 沖縄

料金分類 沖縄電力※2019年10月の単価 プライム 沖縄
最低料金 単位/1契約
最初の10kWhまで 402.40円 201.20円
従量料金 単位/1kWh
10kWh超過120kWhまで 22.95円 26.50円
120kWh超過300kWhまで 28.49円
300kWh超過 30.47円

※2020年1月更新

電気使用量が多い家庭向けと少ない家庭向けのプランがあります。

楽天でんきのデメリット|他の電力会社と比較
楽天でんきはサービス開始が2018年11月1日からで電力自由化になって少したってから参入してきたんですよね。 後発組といっても良いかもしれません。 管理人 それでもサービス開始当初は申し込みが殺到していたようで...

お得なのは?

ではどこがお得なの?というと電力使用量や生活習慣などによって変わってきます。

例えばほとんど電気を使用しないと言ことならおうちでんき(ソフトバンクでんき)が選択肢になるでしょうし、夜中に電気を使うならシン・エナジーの生活フィットプラン、電気をすごく使うということなら楽天でんきなどが選択肢に入ってくるかと思います。

料金プランも全然違うので比較が必要ですが、対応している数が少ないので難しくはないと思います。

あとここでさらにかかわってくるのがキャンペーンです。

キャンペーンが結構お得だったりするんですよね。

例えばおうちでんき(ソフトバンクでんき)とかは定期的に1ヵ月電気料金無料のキャンペーンをやっていたり、楽天でんきはポイントが付いたり、シン・エナジーは「エネチェンジ」経由でキャンペーンでAmazonギフト券プレゼントなどをやっていたりします。

10年とか長いスパンで考えると電気料金が安いところが良いですが、1年スパンとかだとこのキャンペーンも加味して考えるのも一つです。

まとめ

まず沖縄電力エリア対応の電力サービスがかなり少ないというところで選択肢はあまりないのですが、その分絞りやすいということも言えません。

プランもそれぞれ違っていて自分に合った電力サービスを選ぶことも可能かなと思います。

携帯電話でソフトバンクやauを持っている方はそのままおうちでんきやauでんきにされる方も多いかもしれませんが、電力を安くということならシン・エナジーや楽天でんきなども選択肢かなと思います。

あとはキャンペーンなどもチェックして決めるのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました