楽天でんきとENEOSでんきの電気料金を比較|お得でおすすめは?

ENEOSでんき

楽天でんきとENEOSでんき、どちらも人気の電力会社です。

楽天でんきとENEOSでんきどっちにしようかなって迷っている方も多いと思います。

そこで楽天でんきとENEOSでんきを比較するとどちらがおすすめでお得になるのかを料金はもちろん、特典なども含めて比較してみたので良かったら参考にしてもらえればと思います。

ここでは

・楽天でんきとENEOSでんきのポイント比較まとめ
・楽天でんきとENEOSでんきの電気料金比較
・楽天でんきとENEOSでんきの特典比較
・楽天でんきがおすすめな人
・ENEOSでんきがおすすめな人

という流れで紹介していきたいと思います。

まずはおさえておくべきポイントをまとめて表で比較したいと思います。

楽天でんきとENEOSでんきのポイント比較まとめ

楽天でんきENEOSでんき
電力供給エリア北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州・沖縄北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州
解約違約金かからないかからない
キャンペーン・特典・2000ポイント
・特典が多い
・定期的にキャンペーンを行っている
・特典が多い
料金体系基本料金0円+従量料金
基本料金3,000円+従量料金
エリアによって違う(旧電力会社と同じ料金体系)
楽天でんきをチェックENEOSでんきをチェック

といったところです。

ではまず楽天でんきとENEOSでんきの電気料金比較をしてみたいと思います。

楽天でんきとENEOSでんきの電気料金比較

まず楽天でんきとENEOSでんきでは全然料金体系が違います。

なのでいくつかの電力エリアでいくつかのパターンで電気料金を計算してみたいと思います。

東京電力エリアで比較

まずは東京電力エリアで一般家庭向けの東京電力従量電灯B相当のプランで比較してみたいと思います。

楽天でんきプランSENEOSでんきVプラン
20A150kWh3693.8
20A300kWh7374.8
30A200kWh53005206.8
30A300kWh79507660.8
40A200kWh53005492.8
40A400kWh1060010568.8
50A300kWh79508232.8
50A500kWh1325013476.8
60A600kWh1590016384.8
楽天でんきをチェックENEOSでんきをチェック

電力使用量が少ない場合はENEOSでんきが安く、電力使用量が多くなると楽天でんきが安いという計算結果になりました。

関西電力エリアではどうなるでしょうか。

関西電力エリア

一般家庭向けの関西電力従量電灯A相当のプランで比較してみたいと思います。

楽天でんきプランSENEOSでんき関西Aプラン
150kWh33753137.25
200kWh45004336.75
300kWh67506735.75
400kWh90009415.75
500kWh1125012095.75
600kWh1350014775.75
楽天でんきをチェックENEOSでんきをチェック

こちらも東京電力エリアと同じでENEOSでんきが安く、電力使用量が多くなると楽天でんきが安いという計算結果になりました。

他の電力エリアは大体に通った結果になりますね。

中部電力力エリア

次は一般家庭向けの中部電力従量電灯B相当のプランで比較してみたいと思います。

楽天でんきプランSENEOSでんきVプラン
20A150kWh3817.1
20A300kWh7532.6
30A200kWh53005341.6
30A300kWh79507818.6
40A200kWh53005627.6
40A400kWh1060010753.6
50A300kWh79508390.6
50A500kWh1325013688.6
60A600kWh1590016623.6
楽天でんきをチェックENEOSでんきをチェック

中部電力エリアでも東京電力エリアと同じような感じになっています。

中部電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

管理人
管理人
というところでここまでは電力料金だけの比較です。

ここからは楽天でんきとENEOSでんきの特典で比較してみたいと思います。

楽天でんきとENEOSでんきの特典比較

楽天でんきもENEOSでんきいろいろな特典があります。

楽天でんきの特典・ポイントENEOSでんきの特典・ポイント
・楽天でんき申し込みで2,000ポイントプレゼント
※契約期間が3ヶ月以上の方が対象
・電気料金200円につき1ポイント貯まる
・楽天カードで支払えば100円毎に1ポイント貯まる
・貯まったポイントは電気代に支払える
・SPU+0.5倍
・にねん とく2割
・ENEOSカード・シナジーカード割引
・特別提携カードでポイント・マイルが通常よりも多くつく
・Tポイントが200円につき1ポイント貯まる
・でんきの困った駆けつけサービス
・ENEOSでんきの見える化サービス

特典としてはこういったところになるのかなと思います。

いくつかピックアップして比較したいと思います。

楽天でんき申し込みで2,000ポイント・ENEOSでんきはキャンペーン

まずは楽天でんき申し込みで2,000ポイントプレゼントですがこれは他の電力会社でいうキャンペーンになるかと思います。

ENEOSでんきもよくキャンペーンを行っていて基本料金3カ月無料などやっていたりします。

ENEOSでんきのキャンペーンをチェック

ここは楽天でんき申し込みで2,000ポイントプレゼントとENEOSのキャンペーンがどれだけお得かで比較できるかと思います。

ポイントは引き分け

どちらも電気料金の支払いで楽天でんきは楽天スーパーポイント、ENEOSでんきはTポイントがたまります。

貯まるポイントは電気料金200円につき1ポイント貯まるということで同じです。

楽天カードとENEOSカードで比較

楽天には楽天カード、ENEOSにはENEOSカードと独自のクレジットカードがあります。

それぞれそれらを電気使用量の支払いに利用することでお得になります。

楽天カードで支払えば100円毎に1ポイント貯まるに対して、ENEOSカードは電気料金毎月100円(税込)割引になります。

楽天カードの場合は100円毎に1ポイントなので10000円の電気料金で100ポイントということになりますね。

その他

あとは楽天の場合は楽天スーパーポイントが電気にも利用できたり、楽天サービスを利用されている方には便利ですね。

ENEOSの場合は駆けつけサービスなどの特典があります。

ENEOSには「にねん とく2割」

あとENEOSには「にねん とく2割」というものがあって

「にねん とく2割」に加入して2年以上継続して利用されている方には適用開始から24ヵ月間、電気料金1kWh0.20円(税込)割引してくれます。

3年以上継続するとさらに割引額が上がって電気料金1kWh0.30円(税込)割引になります。

ただし、「更新月以外の解約は解約手数料1,100円(税込)がかかる」ので注意が必要です。

電気料金1kWh0.20円(税込)割引は結構な割引になるので電気料金を安くということを重視して長期的に利用される方はENEOSがおすすめかなとも思います。

では楽天でんきがおすすめな人とENEOSでんきがおすすめな人はどういった人なのか見ていきたいと思います。

楽天でんきがおすすめな人

・楽天の期間限定ポイントが貯まっている
・楽天スーパーポイントの使い道がなくて貯まっている
・楽天経済圏で様々な楽天のサービスを利用している
・電気使用量がある程度多い家庭

ENEOSでんきがおすすめな人

・一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭
・「にねん とく2割」を利用して長期的にENEOSでんきを利用する

まとめ

いろいろなパターンが考えられますが、単純に電気料金を安くしたいということであればENEOSでんきの「にねん とく2割」がお得になりますね。

ただし、「更新月以外の解約は解約手数料1,100円(税込)がかかる」ので注意です。

あとは楽天の期間限定ポイントも電気使用量の支払いに使えるのは嬉しいところですね。

結構期間も短いですし、何に使おうか迷ったりするところですからね。

にねん とく2割とか一部の契約以外は二つとも解約違約金はかかりませんから乗り換えも抵抗なくできると思いますから試してみても良いかもしれませんね。

どちらを利用するにしても少しでもお得にということなら楽天でんきなら楽天カード、ENEOSでんきならENEOSカードは必須かなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました