あしたでんきとENEOSでんきを比較するとどちらがおすすめ

ENEOSでんき

あしたでんきとENEOSでんきといえばどちらも人気の電力会社です。

じゃあこの二つの電力会社はどちらがお得でおすすめなの?

というところですが、

結論から言うと

電力エリアと電力使用量によって変わってきます

というのが答えです。

ではどういった方にどちらがお得になるのか一つ一つポイントを比較しながら紹介していきたいと思います。

あしたでんきとENEOSでんきを比較

あしたでんきENEOSでんき
電力供給エリア東北・東京・中部・関西・中国・九州北海道・東北・東京・北陸・中部・関西・中国・四国・九州
解約違約金かからないかからない
キャンペーン・特典定期的におこなっている特典が多い
料金体系基本料金0円+従量料金
基本料金3,000円+従量料金
エリアによって違う(旧電力会社と同じ料金体系)

それでは一つ一つ比較してみていきたいと思います。

供給エリア

あしたでんきENEOSでんき
東北・東京・中部・関西・中国・九州北海道・東北・東京・北陸・中部・関西・中国・四国・九州

供給エリアではENEOSでんきが多いです。

少し前まではENEOSでんきは4つのエリアだけだったのですが、対象エリアが広くなっています。

あしたでんきはずっと変わりません。

解約違約金

あしたでんきENEOSでんき
かからないかからない

解約違約金はどちらもかからないので安心して利用、乗り換えができます。

ただ、eneosでんきの場合は「にねん とく2割」に加入すると違約金がかかってきます。

「にねん とく2割」に加入すると割引が受けられるので長期的に利用するということならeneosでんきもチェックです。

キャンペーン・特典

あしたでんきENEOSでんき
定期的におこなっている特典が多い

あしたでんきもeneosでんきも定期的にキャンペーンを行っています。

常にやっているわけではないので公式サイトでチェックしてみてください。

あとeneosでんきはいろいろ割引など特典があるのでそちらも併せてチェックしてどちらがお得になるのか比較する必要があるかと思います。

あしたでんきとENEOSでんきの料金体系と料金プラン

あしたでんきの料金体系と料金プラン

まずあしたでんきはわかりやすい料金体系で

・基本料金0円+従量料金の「標準プラン」
・基本料金3,000円+従量料金の「たっぷりプラン」

があります。

標準プラン

エリア基本料金従量料金
東北0円26.00円/kWh
東京0円26.00円/kWh
中部0円26.00円/kWh
関西0円22.00円/kWh
中国0円24.00円/kWh
九州0円23.00円/kWh

※2019年12月更新

たっぷりプラン

エリア基本料金従量料金
東北3000円21.50円/kWh
東京3000円21.50円/kWh
中部3000円21.50円/kWh
関西3000円17.50円/kWh
中国3000円19.50円/kWh
九州3000円18.50円/kWh

※2020年6月更新

一般家庭の方は標準プランになるかと思います。

ENEOSでんきの料金体系と料金プラン

全エリアの掲載は大きくなってしまいますので詳しくはこちらをチェックしていただいて

ここでは東京電力エリアと関西電力エリアを掲載しておきます。

そして、この二つのエリアで比較してみたいと思います。

東京電力エリア

単位料金(税込)
基本料金(1か月あたり)契約電流10A1契約286.00円
15A429.00円
20A572.00円
30A858.00円
40A1,144.00円
50A1,430.00円
60A1,716.00円
6kVA以上49kVAまで1kVA286.00円
電力量料金第1段階料金120kWhまで1kWh19.88円
第2段階料金120kWhを超え300kWhまで24.54円
第3段階料金300kWhを超えたもの26.22円

関西電力エリアAプラン

料金(税込)
最初の15kWhまで285.00円
単位料金(税込)
15kWh~120kWhまで1kWh20.31円
120kWhを超え300kWhまで1kWh23.99円
300kWhを超えたもの1kWh26.80円

関西電力エリアBプランもあり

あしたでんきとeneosでんきはそもそも料金体系が違います。

なので普通に比較は難しいです。

そこでいろいろなパターンでシミュレーションしてみたいと思います。

あしたでんきとENEOSでんきを東京電力エリアで比較

まず一般家庭向けの「あしたでんき(標準プラン)」と「ENEOSでんき(東京Vプラン)」で比較したいと思います。

シミュレーション条件はこちら

・東京電力エリア
・「20A」or「30A」or「40A」
・電力使用量4月「100kWh」or「200kWh」or「300kWh」
あしたでんきではENEOSでんきと比較シミュレーションできます。
100kWh200kWh300kWh
20A132eneosでんきがお得3,192円eneosでんきがお得4,617円eneosでんきがお得
30A3,300円あしたでんきがお得240円あしたでんきがお得1,185円eneosでんきがお得
40A6,732円あしたでんきがお得3,672円あしたでんきがお得2,247円あしたでんきがお得

あしたでんきとENEOSでんきを関西電力エリアで比較

次は関西電力エリアでシミュレーションしてみたいと思います。

一般家庭向けの「あしたでんき(標準プラン)」と「ENEOSでんき(関西Aプラン)」で比較したいと思います。

シミュレーション条件はこちら

・関西電力エリア
・電力使用量4月「100kWh」or「200kWh」or「300kWh」
こちらはあしたでシミュレーション比較できます。
100kWh200kWh300kWh
2,238円eneosでんきがお得656円eneosでんきがお得2,711円あしたでんきがお得

という結果になりました。

ここで見えてくることは

・東京電力エリアだとA(アンペア)が低いとeneosでんきがお得
・東京電力エリアだとA(アンペア)が高くなるとあしたでんきがお得
・東京電力エリアだとA(アンペア)が高く電力使用量も多い場合はあしたでんきがお得
・関西電力エリアだと月200kWh程度以下ならeneosでんきがお得
・関西電力エリアだと月300kWh程度以上ならあしたでんきがお得

というシミュレーション結果がでました。

あくまでシミュレーション結果なので参考値になります。

キャンペーンや特典もチェック

上の比較は料金のみですが、あしたでんきでもENEOSでんきもそれぞれキャンペーンや割引特典があったりします。

あしたでんき・定期的にキャンペーン
eneosでんき・にねん とく2割
・ENEOSカード・シナジーカード割引
・特別提携カードでポイント・マイルが通常よりも多くつく
・Tポイントが貯まる
・でんきの困った駆けつけサービス
・ENEOSでんきの見える化サービス

あしたでんきは定期的にキャンペーンをやっていて申し込みすると〇〇〇〇円分のギフト券プレゼントなどがあったりします。

ただ,こうやってみるとeneosでんきがいろいろ特典がありますが、にねん とく2割は更新月(適用開始から23ヵ月目および24ヵ月目)以外に解約すると解約手数料1,100円(税込)がかかるなどもあります。

ではどちらがお得でおすすめなのかをシミュレーション結果や特典などを合わせてみてみると

あしたでんきがおすすめな人

・東京電力エリアだとA(アンペア)が高い場合
・東京電力エリアだとA(アンペア)が高く電力使用量も多い場合
・関西電力エリアだと月300kWh程度以上

ENEOSでんきがおすすめな人

・東京電力エリアだとA(アンペア)が低い場合
・関西電力エリアだと月200kWh程度以下
・関西電力のような料金体系で電気使用量が少ない家庭
・2年以上の継続でいろいろな特典を受けたい

まとめ

ポイントは

・電力供給対象エリア
・電力使用量+A(アンペア)
・キャンペーン+特典内容

あたりがチェックポイントになるのかなと思います。

どちらも基本解約違約金(ENEOSでんきのにねん とく2割は解約時期によってはかかる)もかからないので乗り換えは簡単ですので始めやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました