あしたでんきの【たっぷりプラン】と【標準プラン】比較|口コミ・評判

あしたでんき

あしたでんきは人気の電力会社で実際に利用されている家庭も多いですし、今検討されている方も多いと思います。

あとお得なキャンペーンをやっていることもあるのでチェックしてみてください。

あしたでんきキャンペーンをチェック

ここであしたでんきには2つの料金プランがあります。
【標準プラン】と【たっぷりプラン】です。

基本的に通常一般家庭は「標準プラン」に該当するかと思いますが、電力使用量が多い家庭やペットを飼っているなど電気を多く使用する家庭では「たっぷりプラン」の方がお得になる可能性もあります。

「もしかしたらうちの家庭は標準プランの方がお得かも?」

といった微妙なラインの方も多いと思います。

そこでここでは

・【標準プラン】と【たっぷりプラン】の料金比較
・あしたでんきのたっぷりプランの口コミ・評判
・あしたでんきのたっぷりプランのメリット・デメリット

という流れで紹介していきたいと思います。

【標準プラン】と【たっぷりプラン】の料金比較

まずは【標準プラン】と【たっぷりプラン】ではどのくらいの電気使用量でどちらがお得になるのかというところが知りたい方も多いと思います。

そこでいくつかの電気使用量で計算してみたいと思います。

まず料金表はこちらですね。

標準プラン
エリア基本料金従量料金
東北0円26.00円/kWh
東京0円26.00円/kWh
中部0円26.00円/kWh
関西0円22.00円/kWh
中国0円24.00円/kWh
九州0円23.00円/kWh

※2020年8月21日時点

たっぷりプラン
エリア基本料金従量料金
東北3000円21.50円/kWh
東京3000円21.50円/kWh
中部3000円21.50円/kWh
関西3000円17.50円/kWh
中国3000円19.50円/kWh
九州3000円18.50円/kWh

※2020年8月21日時点

では実際にこれをいくつかの電力使用量で計算してみたいと思います。

東北・東京・中部エリアで比較

標準プランたっぷりプラン
100kWh2600.005150.00
150kWh3900.006225.00
200kWh5200.007300.00
300kWh7800.009450.00
400kWh10400.0011600.00
500kWh13000.0013750.00
600kWh15600.0015900.00
700kWh18200.0018050.00
800kWh20800.0020200.00

私が標準プランとたっぷりプランを計算した結果ではどちらが安いのかの分岐点としては700kWhあたりかなと思います。

標準プランたっぷりプラン
650kWh16900.0016975.00

次は関西電力エリアで計算してみると

関西電力エリアで比較

標準プランたっぷりプラン
100kWh2200.004750.00
150kWh3300.005625.00
200kWh4400.006500.00
300kWh6600.008250.00
400kWh8800.0010000.00
500kWh11000.0011750.00
600kWh13200.0013500.00
700kWh15400.0015250.00
800kWh17600.0017000.00

こちらも同じで私の計算では分岐点としては700kWhあたりかなと思います。

標準プランたっぷりプラン
650kWh14300.0014375.00
管理人
管理人

月700kWhとなるとかなりの電気使用量だと思いますので大体の方は標準プランに該当するかと思います。

管理人
管理人

ここでご自身の検針票をみてどちらがお得になるのかの判断ですね。

ではあしたでんきのたっぷりプランの口コミ・評判を見てみたいと思います。

あしたでんきのたっぷりプランの口コミ・評判

管理人
管理人

あしたでんきのたっぷりプランの口コミや評判はそれほど多くありませんでした。

やっぱり標準プランの方が多いようです。

あしたでんきの標準プランに関してはこちらで紹介しています。

ここであしたでんきのたっぷりプランのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

あしたでんきのたっぷりプランのメリット・デメリット

あしたでんきのたっぷりプランのメリット

実際に計算してみるとわかる通り、分岐点としては650kWh~700kWhで月700kWhを超えてくるとたっぷりプランがお得になってきます。

実際に公式サイトでも700kWh以上でお得と記載があります。

あしたでんきのたっぷりプランのデメリット

電気料金が安い月があると割高になってします。

基本700kWh以上でお得になるわけですけど、もし自宅で電気をあまり使わない500kWhの月があったとしたら標準プランよりかなり高くなる計算になります。

月1000kWhとかの家庭なら良いかもしれませんが、700kWh以上の月が多いけど500kWhの時もあるという場合はどちらのプランにするのか判断が難しいところだと思います。

あと従量電灯Cの方は契約できないということで個人の電力使用量の多い家庭が主に対象と考えてよいと思います。

まとめ

あしたでんきは2つのプランしかなくて料金も非常にわかりやすくていいですね。

分岐点もわかりやすくてどちらにするのか選択も簡単です。

ただ、毎月電気使用量は変わるので700kWh前後の方はどちらがお得になるのかしっかり考えないといけませんね。

あとキャンペーンを開催しているのかはチェックですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました