Looopでんきの口コミ・評判やデメリット・電気料金を他の電力会社と比較

Looopでんき
管理人
管理人

 

Looopでんきは電力自由化になって利用者知名度のある新電力会社ですね。

選択肢の一つ、候補に入れているという方も多いともいます。

そこで実際お得になるのかなど評判やデメリット、その他の電力会社と比較してみたいと思います。

ここでは

・Looopでんきのチェックポイント
・Looopでんきの料金プランの特徴
・Looopでんきと他の電力会社と比較
・Looopでんきのデメリット
・Looopでんきの口コミ・評判

とう流れで紹介していきたいと思います。

Looopでんきの口コミを投稿する

Looopでんきのチェックポイント

まずはLooopでんきのチェックポイントからまとめて紹介したいと思います。

・一般家庭向け「おうちプラン」は基本料金0円+従量料金
・提供エリア(おうちプランの場合):北海道、東北、関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州、沖縄
・解約手数料がかからない

まずこのあたりは押さえておくべきポイントかなと思います。

一般家庭向け「おうちプラン」の場合はエリアが日本全国です。
沖縄電力エリアなどは対象外の電力会社も多いので嬉しいポイントですね。

解約手数料もかからないので乗り換えも簡単です。

では気になるLooopでんきの料金プランの特徴を見てみたいと思います。

Looopでんきの料金プランの特徴

まずプランは

・おうちプラン
・ビジネスプラン
・動力プラン
・再エネどんどん割

があります。

基本的には一般家庭は「おうちプラン」になるかと思います。

再エネどんどん割はまだ北海道電力エリアのみのサービスになっています。

ここではおうちプランで見ていきたいと思います。

おうちプランの料金

一般的な家庭に対象になる「おうちプラン」で見てみたいと思います。

エリア基本料金従量料金
北海道電力0円29.5円(税込) / kWh
東北電力0円26.4円(税込) / kWh
東京電力0円26.4円(税込) / kWh
中部電力0円26.4円(税込) / kWh
北陸電力0円21.3円(税込) / kWh
関西電力0円22.4円(税込) / kWh
中国電力0円24.4円(税込) / kWh
四国電力0円24.4円(税込) / kWh
九州電力0円23.4円(税込) / kWh
管理人
管理人

基本料金無料で従量料金が一律という料金体系でとてもわかりやすいですね。

ちなみに他の同じ料金体系で有名な電力会社は「あしたでんき」、「楽天でんき」、「ピタでん」などがあります。

ではまず東京電力と関西電力の電力自由化前の旧料金プランと比較してみたいと思います。

Looopでんき「おうちプラン」と東京電力従量電灯Bを比較

Looopでんき「おうちプラン」東京電力の電力自由化前の従量電灯B
20A150kWh3960.003752.00
20A300kWh7920.007724.00
30A150kWh3960.004038.00
30A300kWh7920.008010.00
40A200kWh5280.005648.00
40A400kWh10560.0011353.00
50A300kWh7920.008582.00
50A500kWh13200.0014696.00
管理人
管理人

A(アンペア)が低く電力使用量が少ない場合は東京電力の電力自由化前の従量電灯BでA(アンペア)が高く電力使用量が多い場合はLooopでんき「おうちプラン」がお得という結果になりました。

では関西電力と比較してみたいと思います。

Looopでんき「おうちプラン」と関西電力従量電灯Aを比較

Looopでんき「おうちプラン」関西電力従量電灯A
150kWh3360.003248.62
200kWh4480.004538.62
300kWh6720.007118.62
400kWh8960.0010047.62
500kWh11200.0012976.62
管理人
管理人

関西電力エリアでも電力使用量が少ない場合は関西電力従量電灯A、電力が多くなるにつれてLooopでんき「おうちプラン」がお得になるという結果になりました。

当然東京電力や関西電力と比較すればお得になる可能性が高いのは当然で他の電力会社でも同じようにお得になるでしょう。

ここからその他の電力会社と比較したいと思います。

Looopでんきとその他の業者と比較

比較するのは他の同じ料金体系で有名な電力会社の「あしたでんき」、「楽天でんき」、「ピタでん」です。

エリア基本料金Looopでんき
「おうちプラン」
あしたでんき
「標準プラン」
ピタでん
「使った分だけプラン」
楽天でんき
「プランS」
北海道0円29.50円/kWh28.77円/kWh30.00円/kWh
東北0円26.40円/kWh26.00円/kWh25.71円/kWh26.50円/kWh
東京0円26.40円/kWh26.00円/kWh25.71円/kWh26.50円/kWh
中部0円26.40円/kWh26.00円/kWh25.71円/kWh26.50円/kWh
北陸0円21.3円/kWh21.13円/kWh22.00円/kWh
関西0円22.40円/kWh22.00円/kWh21.59円/kWh22.50円/kWh
中国0円24.40円/kWh24.00円/kWh23.57円/kWh24.50円/kWh
四国0円24.40円/kWh23.93円/kWh24.50円/kWh
九州0円23.40円/kWh23.00円/kWh22.66円/kWh23.50円/kWh
沖縄0円27.0円/kWh27.00円/kWh

こうやってみるとピタでん「使った分だけプラン」がお得になります。
その次があしたでんき「標準プラン」と続きます。

管理人
管理人

Looopでんきに関してはそこそこ安いという感じでしょうか。

では実際にいくつかの電力使用量でどれだけの電気代になるのか比較して紹介したいと思います。

東京電力エリアで比較

まずは東京電力エリアで「あしたでんき」、「エルピオでんき」、「ピタでん」と東京電力従量電灯Bプラン相当と比較したいと思います。

Looopでんき
「おうちプラン」
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
ピタでん
「使った分だけプラン」
20A150kWh3960.0039003856.50
20A300kWh7920.0078007713.00
30A200kWh5280.0052005237.25142.00
30A300kWh7920.0078007540.27713.00
40A200kWh5280.00520051905142.00
40A400kWh10560.00104001007110284.00
50A300kWh7920.0078007750.47713.00
50A500kWh13200.001300012906.412855.00
60A600kWh15840.001560015753.2415426.00
Looopでんきを確認あしたでんきを確認エルピオでんきを確認ピタでんを確認

ピタでんが安いですね。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

では関西エリアで比較してみたいと思います。

関西エリアで比較

関西電力エリアでは関西電力従量電灯A相当のプランで比較してみたいと思います。

Looopでんき
「おうちプラン」
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
使った分だけ Sプラン
ピタでん
「使った分だけプラン」
150kWh3360.00330033303238.50
200kWh4480.00440044404318.00
300kWh6720.00660066606477.00
400kWh8960.00880088808636.00
500kWh11200.00110001110010795.00
600kWh13440.00132001332012954.00
700kWh15680.00154001554015113.00
Looopでんきを確認あしたでんきを確認エルピオでんきを確認ピタでんを確認

計算ではやっぱり他の電力会社の方が安くなりました。

関西電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

ではLooopでんきのデメリットを紹介した行きます。

Looopでんきのデメリット

解約金は問題なし

公式サイトでは

Q.「契約期間はありますか? また契約期間中に解約する場合、解約金はかかりますか?」
A.「契約期間内に契約を解除されても、解約金は発生いたしません。」

と記載されています。

なので安心ですね。

電話での申し込みはできない

あとは

Q.「電話での申し込みはできないのですか?」
A.「申し訳ございません。お電話でのお申し込みは承っておりません。」

電話での申し込みはできません。
正直安くするために電話対応をしていないというのもあるかもしれませんね。

関西電力でもそうですけど全然電話つながらないですからね。

多くの家庭で利用するものですからかけてくる人数に対して対応がどうしても足りなくなってくるんでしょうね。
関西電力くらいの大手でもなかなかつながらないわけですからね。

支払方法はクレジットカード決済のみ

現在の支払方法は「クレジットカード決済のみ」となっています。

クレジットカードを持っていないという方はあまりいないとは思いますが、口座振替や振込みがいいという方にはちょっと考えますね。

料金の確認はネットかアプリ

料金の確認はネットかアプリで行うことになります。

まああくまで人件費、手間を省いて安くということですね。

ちゃんと何か送ってほしいという方は考えますね。

一人暮らしなど電気料金が高くなる可能性もある

あとは電力エリアで違うのですが、基本的には電力使用量が少ない家庭では電気料金が高くなる可能性がありますね。

さっき私が計算したもので見ていただくとわかる通り使用する電力が少ないと逆に高くなってしまう可能性があります。

おそらく一人暮らしでそんなに電気を使わないという方は逆に高くなってしまう可能性が高いと思います。

▽高くなるあるいはお得ではない可能性がある人
・一人暮らしであんまり電気を使わない人
・深夜電力プランなどにしている人
・オール電化

特にここに当てはまる人はチェックですね。

基本ファミリーとか電力を多く使う家庭向けですね。

Looopでんきでシミュレーション

Looopでんきのメリット

ちなみにメリットは

・解約金・解約違約金がかからない
・全国展開している

といったところでしょうか。

Looopでんきのキャンペーン

Looopでんきではたまにキャンペーンを行っています。

時期によってはキャンペーンを行っていないときも結構ありますからチェックしてみてください。

Looopでんき評判・口コミ

ではLooopでんきの評判・口コミを見てみたいと思います。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

実はlooopでんきがガスの事業も行っています。

looopでんきとガスのセットはお得なのか

looopでんきではガスのサービスも行っていてセットにするとお得になります。

ただ、現在ではいろいろ条件もあります。

対象エリアが東京ガスの供給エリア(一部の除く)ということで他のエリアの方は利用できません。

実際ガストセットでどうお得になるのかというと電気料金が

26.40円/kWh→26.00円/kWh

になるということで上で比較したあしたでんきと同じ料金になるということですね。

すごくお得になるということはないかもしれませんが東京ガスエリアの方で一つにまとめたいという方は選択肢の一つになるかもしれません。

Looopでんき会社概要

まずどこの会社がやってるのって気になりますよね。
電気いきなり止まったりしないの?って気になったりします。

会社名株式会社Looop(ループ)
本社所在地東京都台東区上野三丁目24番6号 上野フロンティアタワー15階・22階
設立日2011年4月4日
資本金2,251百万円(2018年9月末現在)
売上高41,613百万円(2018年3月期連結)

という感じです。
事業としては

・自社発電所の開発・運営
・電力の買取、卸売、小売
・太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
・独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
・風力発電システムの開発・販売・設置・管理
・自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売

などを行っていますね。

電力関係をメインに事業を行っているということがわかります。

まあ売り上げなどもありますし、CMで流れていて利用者も増えているので安心感はまあクリアですかね。

気になるサービスを見てみます。

まとめ

料金面でいうとまずまず安いというところです。
他にも安くなる電力会社はありますね。

あと一人暮らしなどで電力使用量が少ない家庭の場合はあまりお得にならない可能性が高いです。

Looopでんきにするなら魅力的なキャンペーンを行っているタイミングを狙いたいところですね。

電気料金など変わる可能性があるので最終確認は公式サイトでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました