looopでんきとガスのセットの料金はお得か他のガス会社と比較|口コミ・評判・デメリット

Looopでんき

looopでんきは新電力会社の中でも知名度が高く比較的安いので利用されている方も多いと思います。

そして、looopでんきを利用されている方はガスもセットで利用しようかと検討されている方がここを見てくださっていると思います。

そこで

・looopでんきのガスはお得なのか
・looopでんきとガスのセットはお得になるのか

というところを実際に計算して紹介していきたいと思います。

ここでは

・looopでんきのガスのチェックポイント
・looopでんきのガスの料金プランの特徴
・looopでんきのガスと他のガス会社を比較
・looopでんきのガスとガスのセット割でお得になるのか
・looopでんきのガスの口コミ・評判
・looopでんきのガスのまとめ

といった流れで紹介していきたいと思います。

looopでんきのガスのチェックポイント

まず最初に抑えておきたいポイントをまとめて紹介します。

・ガス提供エリアは東京ガスの供給エリア(東京地区等)及び当該事業者が営む一般ガス導管事業の用に供する導管と接続して行う特定ガス導管事業の供給地点
・Looopガスのみの申し込みは不可
・ガスと電気のセットでお得になる

といったところです。

ガスに関しては都市ガスで東京ガスの供給エリア(東京地区等)がメインになります。

Looopガスのみの申し込みは不可ですので注意してください。

あとはガスと電気のセットでお得になるというところでこれに関しては後程紹介していきます。

ではまずlooopでんきのガスの料金プランの特徴から見ていきたいと思います。

looopでんきのガスの料金プランの特徴

まずガスの料金は

基本料金従量料金
1,000円128円

となっています。

管理人
管理人

電気と一緒に一律なんですよね!

ガスではなかなか見られない料金体系です!

ではlooopでんきのガスと東京ガス(東京地区等)と比較してみたいと思います。

looopでんきのガスと東京ガス(東京地区等)と比較

まずは料金表から比較します。

一か月のガスご使用量基本料金(円/件・月)従量料金(円/㎥)
東京ガス一般料金looopでんきのガス東京ガス一般料金looopでんきのガス
A表0㎥から20㎥まで7591,000145.31128
B表20㎥をこえ80㎥まで1056130.46
C表80㎥をこえ200㎥まで1232128.26
D表200㎥をこえ500㎥まで1892124.96
E表500㎥をこえ800㎥まで6292116.16
F表800㎥をこえる場合12452108.46

となっているわけですがこれではどれくらいお得になるのかわかりませんよね。

ではこれをいくつかのガス料金で計算してみたいと思います。
計算してみるとこういった計算結果になりました。

looopでんきのガス東京ガス(東京地区等)一般料金
5m³16401,485.55
10m³22802,212.10
15m³29202938.65
20m³35603,665.20
30m³48404,969.80
40m³61206,274.40
50m³74007,579.00

※この計算には燃料費調整額(電気)、再生可能エネルギー発電促進賦課金(電気)、原料費調整額(ガス)は含みません。

ガス使用量が少ない場合はlooopでんきのガスが割高に、20m³を超えるとlooopでんきのガスが安くなっています。

分岐点としては15m³あたりかなと思います。

では次はlooopでんきのガスと他の都市ガス会社を比較してみたいと思います。

looopでんきのガスと他のガス会社を比較

都市ガスも自由化になってはいますが電気ほど参入している企業は多くありません。

その中でもいくつかあるので比較してみたいと思います。

実際他の都市ガス業者と比較してみるとこうなります。

looopでんきのガスENEOS都市ガス
標準プラン(TK)
ニチガスレモンガス
5m316401426.091,485.551449.2
10m322802123.542,1762139.4
20m335603518.443,5563519.8
30m348404770.664,7954759.51
40m361206022.966,0355998.91
50m374007275.267,2747238.31

計算してみるとlooopでんきのガスはそんなにお得ではないですね。

他の都市ガス会社は東京ガスの供給エリア(東京地区等)よりも5%OFFなどの料金設定のところが多いです。

ただ、looopでんきのガスの場合は電気もセットで利用しないと利用できないですしセット割がポイントになりますから電気も見ていく必要がありますね。

looopでんきのガスとガスのセット割でお得になるのか

looopでんきの東京電力エリアの電気料金とセット割の料金を比較するとこちらです。

電気単体セット割
基本料金0円0円
従量料金26.4円(税込) / kWh26.0円(税込) / kWh

 

では電気とガスのセット割後の26.0円(税込) / kWhで他の電力会社と比較してみたいと思います。

looopでんきのガスとガスのセット割後の料金と他の電力会社を比較

いくつかおすすめの他の新電力会社と比較するとこうなりました。

looopでんき
(セット割後)
あしたでんき
(標準プラン)
ピタでん
(使った分だけ)
基本料金0円0円0円
従量料金26.0円/kWh26.0円/kWh25.71円/kWh

セット割後でもあしたでんき(標準プラン)と同じでピタでん(使った分だけ)がお得になりますね。

ということは電気とガスをセットにしても他にもお得なところはあるということがわかってきます。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

ではここでlooopでんきのガスの口コミ・評判を見てみたいと思います。

looopでんきのガスの口コミ・評判

looopでんきとガスのセットにしたという方もおられますね。

あとlooopでんきと他のガス会社という方も見かけます。

looopでんきのガスのまとめ

では実際に上の計算で言うとどの組み合わせがお得になるのかです。

まず押さえておくべきポイントはこちらです。

・looopでんきとガスのセット割でも他の電力会社の方が安いところがある
・looopガスよりもお得になるガス会社はある

ということです。

ということは

「ぴたでん+レモンガス」などの都市ガスの方がお得になるということになります。

あとENEOSやニチガスも電気とガスのセットがあったりして電力使用量などによってはお得になります。

安い組み合わせなら、ぴたでん+レモンガスですが、すぐに解約すると解約金がかかったりします。
ただ、なかなか安い組み合わせなのでずっと利用しても良いとは思いますけどね。

他にもキャンペーンなども利用しながらいろいろ乗り換えて試すというのもアリかと思います。

まあ都市ガスは新規参入が少ないのであまり乗り換えるところがないのでレモンガスなどでも良いと思いますけどね。

一人暮らしの場合は割高に

あとここで言っておくこととしては一人暮らしなどで電気使用量が少ない家庭の場合はlooopでんきよりも東京電力の従量電灯Bの方が安かったりします。

基本料金0円プラス従量料金一定の料金プランだとそういったことが起こります。

なので1ヵ月150kWh以下などの家庭の場合は違う料金プランの電力会社が良いと思います。

例えばHTBエナジーなどは安くなります。
ただ、こちらも解約手数料がかかるので注意です。

話を戻してlooopでんきとガスのセットでセット割があったとしても他の電力会社+他の都市ガス会社の方がお得になるところがあるということが私の計算結果からの答えです。

どこにするのかはご自身の判断でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました