ENEOS都市ガスのガス料金はお得なのか比較|評判・メリット・デメリット

ガス

ENEOSと言えば全国各地にガソリンスタンドがありますし、エネルギー事業の大手企業ですね。

そして、このENEOSですが、一般家庭向けにも都市ガスや電力などサービスを展開いています。
ENEOSでんきも利用しようか検討していて併せてガスもと考えている方も多いと思います。

そこで今回ENEOS都市ガスについて本当にお得なのかメリットやデメリットを含めて紹介したいと思います。

ここでは

・ENEOS都市ガスのチェックポイント
・ENEOS都市ガスの料金プランと比較
・ENEOS都市ガスの口コミ・評判
・ENEOS都市ガスとENEOSでんきはお得なのか?
・ENEOS都市ガスのメリット・デメリット

とう流れで紹介していきたいと思います。

ENEOS都市ガスのチェックポイント

・東京ガスの供給エリアのうち、「東京地区等」のみ
・割引・特典がある
・ENEOSでんきとセットで利用するとお得になる

というところで

東京ガスの供給エリアのうち、「東京地区等」

まずENEOS都市ガスの供給エリアは東京の一部の地域になります。
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県の一部の地域になります。
これは公式サイトで確認お願いします。

関西の人が利用したいとなっても現在は利用できません。
なので関西の人がENEOSでんきを利用していてガスもセットでお得にと考えてもそれはできないですね。

割引・特典がある

ENEOS都市ガスでは割引・特典があります。

・ENEOSカード・シナジーカードの割引
・特別提携カード or Tポイントでポイントが貯まる

ENEOSカードでENEOS都市ガスの料金を支払うと毎月100円(税込)割引されます。

それにENEOSのガソリンスタンドなどを利用しても割引されたりしますのでENEOSのサービスをいろいろ利用されるという方は作っておいて損はないかと思います。

ENEOSでんきとセットで利用するとお得になる

ENEOSでは都市ガスとENEOSでんきのサービスもあります。

ただ、セット割みたいなものは私が調べたところでは現時点ではありませんが、東京ガスや東京電力を使うよりもどちらもENEOSで利用する方がお得になります。

ではまずENEOS都市ガスの料金プランを見ていきたいと思います。

ENEOS都市ガスの料金プラン

まずプランは

・標準プラン(TK)
・床暖プラン(TK)

があります。

標準プラン(TK)で言うと東京ガスの一般料金から4%お得に設定されています。

実際東京ガスと比較するとこちらになります。

料金表使用量基本料金(1契約あたり)従量料金(円/m3)
ENEOS都市ガス 標準プラン(TK)東京ガス一般契約料金ENEOS都市ガス 標準プラン(TK)東京ガス一般契約料金
A表0㎥から20㎥まで728.64円759円139.49円145.31円
B表20㎥を超え80㎥まで1,013.76円1,056円125.23円130.46円
C表80㎥を超え200㎥まで1,182.72円1,232円123.12円128.26円
D表200㎥を超え500㎥まで1,816.32円1,892円119.95円124.96円
E表500㎥を超え800㎥まで6,040.32円6,292円111.50円116.16円
F表800㎥を超える場合11,953.92円12,452円104.11円108.46円

※2019年10月時点

これをいくつかのガス使用量のパターンで比較してみたいと思います。

ENEOS都市ガス 標準プラン(TK)東京ガス一般契約料金
5m³1426.091485.55
10m³2123.542212.1
20m³3518.443665.2
30m³4770.664969.8
40m³6022.966274.4
50m³7275.267579

そうするとこうなります。

管理人
管理人

東京ガスよりはお得になるのは当然ですね。

ではその他の都市ガスサービス会社と比較してみたいと思います。

ENEOS都市ガスとニチガスで比較

一つENEOS都市ガスとニチガスと東京ガスの東京地区で比較してみたいと思います。

ENEOS都市ガス 標準プラン(TK)ニチガス
5m³1426.091,485.55
10m³2123.542,176
20m³3518.443,556
30m³4770.664,795
40m³6022.966,035
50m³7275.267,274

こうやって計算してみるとENEOS都市ガスも悪くないですね。

 

ではENEOS都市ガスの口コミ・評判を見てみたいと思います。

ENEOS都市ガスの口コミ・評判

管理人
管理人

正直ENEOS都市ガスについての口コミはあまりなくどれくらい安くなったという情報も少ないです。

管理人
管理人

まず都市ガスは自由化になったとはいえ電気に比べてなかなか参入している企業が少ないです。

なので選択肢も少なく決めるのは簡単です。
選択肢も少ないので東京ガスと比較してお得になることは間違いないのでENEOS都市ガスを選択します。

ここでチェックポイントは電気です。

管理人
管理人

ガスはENEOS都市ガスでも電気は別の電力会社という選択をする方が多いです。

そうなんですよね!
実はENEOSでんきよりも安くなる電力会社は結構あるんですよね。

ENEOS都市ガスとENEOSでんきはお得なのか?

まず都市ガスは「ENEOS都市ガス」という選択肢でも良いと思います。

電気に関しては他にも選択肢が多く、安くなるところも多いのでENEOSでんきではなく他の電力会社という選択肢がお得だったりします。

なので

東京ガス<ENEOS都市ガス
東京電力<ENEOSでんき<他の電力会社

という結果になります。

実際に東京電力エリア従量電灯B相当のプランでいくつかの新電力会社と料金比較をしてみたいと思います。

ENEOSでんきVプランあしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
HTBエナジー
20A150kWh3693.839003676.66
20A300kWh7374.878007569.16
30A200kWh5206.852005237.25094.7
30A300kWh7660.878007540.27653.6
40A200kWh5492.8520051905196.88
40A400kWh10568.8104001007110446.88
50A300kWh8232.878007750.47777
50A500kWh13476.81300012906.412485
60A600kWh16384.81560015753.2414982
あしたでんきをチェックエルピオでんきをチェックHTBエナジーをチェック

ENEOSでんきは電気使用量が少ない場合はお得なパターンがいくつかありますが、A(アンペア)が高く、電力使用量が増えるにつれて他の電力会社の方がお得になる計算になりました。

ここで選択肢として

A(アンペア)が低く、電力使用量が少ない場合はENEOSでんき
A(アンペア)が高く、電力使用量が多い場合は他の電力会社

というところが見えてくるのかなと思います。

あとはキャンペーンをチェックですね。
キャンペーンなど魅力的なものを開催しているところも多いです。

エルピオでんきなんかはなかなか魅力的なキャンペーンをやっていることが多いですからね。

ENEOS都市ガスのメリット・デメリット

ENEOS都市ガスのメリット

・東京ガスより4%安くなる
・ENEOSカード・シナジーカードの割引や特別提携カード or Tポイントでポイントが貯まる

都市ガスも自由化していますがなかなか参入障壁は高く参入している企業は少ないです。

なので選択肢も限られる中で東京ガスよりも4%安くなるのであればまずはありですね。

それと少しですが割引とポイントが付きます。

ENEOS都市ガスのデメリット

・東京ガス東京地区等の一部のエリアのみ
・電気はENEOSでんきでない方が安い可能性あり

都市ガスの供給エリアは東京ガスの東京地区の一部のエリアのみです。

ENEOSでんきとセットで利用を考えていた方も多いと思いますが、利用できるのは一部のエリアの人のみになります。

あとENEOSでんきとENEOS都市ガスをセットで利用しようと考えていた方も多いと思いますが、電気はA(アンペア)数や電力使用量によっては他の電力会社のい方がお得なパターンも多いです。

なので都市ガスはENEOS都市ガス、電気は他の電力会社というのがベストな方も多いと思います。

まとめ

まずENEOS都市ガスを利用できるのは東京ガスの東京地区等の方です。

それ以外の方は意味がありません。

もしENEOSでんきとセットでと考えていた方は利用できない方も多いと思います。

ただ、そもそもENEOSでんきも電気使用量などによっては他の電力会社の方がお得なパターンも多いのでもう一度チェックしても良いと思います。

電気の契約に2年割という割引サービスがありますが、そういった割引サービスを利用していなければ解約金もかかりませんし乗り換えるのは簡単ですからね。

もっとENEOS都市ガスとエネオスでんきのセットで割引が強力ならおすすめなんですけど、現時点では他にもいろいろな選択肢が考えられるかなというのが私の考えです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました