タウンでんきと他の電力会社の電気料金を比較|お得になるのか

電力会社・電気サービス

タウンでんきは不動産事業を行っている株式会社アレップスの電力サービスになります。

アレップスの賃貸物件などにお住いの方は利用されている方、これから利用を検討されている方などおられるかと思います。

ではこのタウンでんきの電気料金は高いのか安いのか、本当にお得になるのか?というところですが、

タウンでんきは全家庭で電気料金が安くなるかというと、そんなことはなくて家庭によっては逆に電気料金が高くなる場合もあります。

ということでタウンでんきと他の電力会社の電気料金を比較|お得になるのか紹介していきたいと思います。

ここでは

・タウンでんきのチェックポイント
・タウンでんきの料金プランの特徴
・タウンでんきと他の電力会社と比較
・お得な電力会社と契約方法は

という流れで紹介していきたいと思います。

タウンでんきのチェックポイント

まず先にタウンでんきのおさえておきたチェックポイントをまとめて紹介します。

・電力供給はJXTGグループでENEOSの電力サービス「myでんき」

ポイントはこれだけでタウンでんきの電力供給はENEOSの電力サービス「myでんき」になります。

公式サイトには電力料金など詳しくは書かれていませんが、ENEOSの「myでんき」で確認されると良いと思います。

ここからはmyでんきを基準に見ることになるのですが、まずは料金です。

タウンでんきの料金プランの特徴

たとえば東京電力エリアでは

・従量電灯A/B 標準プラン月額(定率割)
・従量電灯C 標準プラン月額(定率割)
・従量電灯B たっぷりプラン月額(kWh割プラン)
・従量電灯C たっぷりプラン月額(kWh割プラン)
・従量電灯B まとめてプラン月額(定量プラン)
・従量電灯C まとめてプラン月額(定量プラン)
・低圧電力(動力)

などのプランがあるわけですけど、

ここで一つ一般家庭向けの「従量電灯B 標準プラン月額(定率割)」で見てみたいと思います。

契約容量基本料金電力量料金(1kWhにつき、税込)
(1契約につき、税込)最初の120kWhまで120kWh超過~300kWhまで300kWh超過
10A286円00銭19円88銭26円48銭30円57銭
15A429円00銭
20A572円00銭
30A832円26銭19円20銭25円60銭29円57銭
40A1,086円80銭18円80銭25円07銭28円95銭
50A1,358円50銭
60A1,613円04銭18円60銭24円82銭28円66銭

これだけではお得なのかわからないので「東京電力従量電灯B」と比較して計算してみたいと思います。

そうするとこういった料金差になりました。

従量電灯B 標準プラン月額(定率割)東京電力従量電灯B
20A150kWh3752.003752
20A300kWh7724.007724
30A150kWh3904.264038
30A300kWh7744.268010
40A200kWh5348.405648
40A400kWh10750.4011353
50A300kWh8127.108582
50A500kWh13917.1014696

ここでわかることは20Aまでは東京電力従量電灯Bと変わらないということです。

30Aから少しお得になっているという料金体系になっています。

管理人
管理人

まあ東京電力よりお得になるのは大体他のどの電力会社のプランもそうです。

ではこれをさらに他の新電力会社と比較したいと思います。

比較する電力会社はおすすめの「あしたでんき」、「エルピオでんき」、「HTBエナジー」で東京電力エリアで従量電灯B相当のプランと比較したいと思います。

従量電灯B 標準プラン月額(定率割)あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
HTBエナジー
20A150kWh375239003676.66
20A300kWh772478007569.16
30A150kWh3904.2639004085.73879.6
30A300kWh7744.2678007540.27653.6
40A200kWh5348.4520051905196.88
40A400kWh10750.4104001007110446.88
50A300kWh8127.178007750.47777
50A500kWh13917.11300012906.412485
あしたでんきをチェックエルピオでんきをチェックHTBエナジーをチェック

となっていて私が計算したところでは他の電力会社がお得という結果になりました。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

タウンでんき(mydenki)はそこまでお得ではないということがわかります。

お得な電力会社と契約方法は

ではここでお得な電力会社が気になるかと思います。

どこの電力会社がお得なのかは

・電力供給エリア
・月の電力使用量
・電力会社のプラン
・セットで利用するのか
・特典
・契約期間

などが関係してきます。

電力供給エリア

あなたなの住んでいるエリアはどこの電力供給エリアなのかです。

例えばAとBという電力サービスがあったとして

東京電力エリアではAの電気料金が安くてBが高いけど、関西電力エリアではAの電気料金が高くてBが安いということもあります。

それに沖縄電力エリアや北陸電力エリアの過程は対応していない電力サービスも多いので注意が必要です。

月の電力使用量

4人家族などで電力使用量が月400kWhの家庭もあれば、一人暮らしで100kWhの家庭もあります。

電力会社やプランによって電力使用量が多い家庭の方がお得になるプランと電力使用量が少ない家庭がお得になるプランなどいろいろです。

なのでまずはあなたの家庭の電力使用量がいくらなのかを把握する必要があります。

例えば一人暮らしならHTBエナジーとかは結構お得になりますね。

電力会社のプラン

電力会社のプランはいろいろあります。

上で紹介した電力使用量によってどこの電力会社のプランがお得になるのか変わってくるのもそうですが、プランによって料金体系が違うところもあり、最近電力価格高騰で話題になった市場変動制などの電力サービスもあれば、深夜帯に料金が安くなるプランなどがあったり、時間帯によって安くなるというプランがあったりと様々です。

これもあなたの家庭の生活リズムでどのプランが安くなるのか比較する必要があります。

ただ、なかなか難しいですけどね。

セットで利用するのか

PinTでんきのようにで他にもいろいろなサービスを提供していてまとめてセットで利用するとお得になるというところも多いです。

代表的なのは電気とガスのセットとかですね。

電気と携帯、電気とネットなどもありますね。

セットだとまとめて管理できるのでメリットもありますが、私がいろいろ計算して比較してきましたけど、意外に別々の方がお得になる電力サービスも多いので、例えば電気は安い電力会社、ガスは安いガス会社に分けた方が総合的にお得になるということも結構あったりすると思います。

例えば関西電力エリアなら電気と都市ガスのセットのなっトクパックがありますし、他にもそもそも都市ガスサービスを提供している会社は電力のサービスを提供しているところばかりでセットで利用するとある程度お得になったりします。

契約期間(キャンペーン)

契約期間も重要です。

電力自由化になって電力会社を自由に簡単に乗り換えられるようになりました。

乗り換えも新しく契約する電力会社と契約すれば手続きはその新しい電力会社がやってくれるというところがほとんどで特に手間もほとんどありません。

解約金や違約金に関しては電力会社によってあるところもありますが、私の感覚では半分以上が解約金や違約金がかからないところなので、いつでも乗り換えができるところが多いと思いますから抵抗も少ないと思います。

そこで電力会社ではキャンペーンを行っているところが多いです。

「〇〇〇〇〇円還元」や「基本料金〇ヵ月無料や半額」、「電気料金〇〇〇〇〇円割引」など様々です。

こういったキャンペーンをうまく利用して1年スパンなどで乗り換えるとかなり電気料金がお得になります。

もし電気料金安いしサービスも良いのであればそのまま利用を続けるのも良いですし、あまりと思ったら乗り換えればよいですからね。

短期スパンでキャンペーンを意識して電力会社を選択するのか、長期的な契約を考えて電力会社を選択するのかでも選ぶ電力会社は変わってくると思います。

例えばエルピオでんきなんかは毎回かなりお得なキャンペーンを行っているイメージがあってそもそもの電気料金も安いのでお得になる家庭は多いと思います。

特典

上で期間について書きましたけど、キャンペーン重視なら短期目線ですし、純粋に電気料金が安いところなら長期目線になるかと思います。

あとはそれ以外にも電力サービスを利用するとその電力サービスの別の〇〇のサービスが割引や電気使用量に応じてポイントが付くなど、その他にも特典がある電力サービスもあります。

例えば楽天でんきでは楽天ポイントが付きますし、その他特典がいくつかあります。

ENEOSでんきも特典が多いですね。

丸紅新電力のプランHなんかは電力会社(旧一般電気事業者)と全く同じ料金でHukuチケット12か月分がセットになったプランになっていますのでその12か月分の料金を加味して考えると一人暮らしなど電気使用量の少ない家庭ではかなりお得になる計算になります。

このように特典を加味して考えるとかなりお得になる電力会社のプランも出てくるということです。

タウンでんきまとめ

まず電力供給はENEOSの電力サービス「myでんき」というところです。

そして、公式サイトには料金等は掲載されていなかったのでmyでんきの料金表をもとに計算すると他にもお得な電力会社はあるという結果になりました。

タウンでんき自体も公式サイトで割引やキャンペーンなども行っていないようなのでそれなら他の電力会社はキャンペーンなどお得なものも多いのでそちらがおすすめかと思います。

あとお問い合わせの電話番号はエネオスのでんきサービスになっているので、契約等はENEOSで確認することになるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました