あしたでんきより安い電力会社はあるのか?それは・・・

あしたでんき

あしたでんきは比較的電力料金が安いです。

じゃああしたでんきよりも安い電力会社はあるのかというと

管理人
管理人

あります!

私も安い電力会社を探してきてこれまで40業者以上の電力会社を比較してきましたけどありますね。

ただ、一言であしたでんきより安いといっても

・電力エリア
・A(アンペア)数
・電力使用量

によっても変わってきます。

ということは電力エリアや家庭によって安くなるのかどうかが変わるのでそこは注意してください。

管理人
管理人

ちなみに関西電力エリアだと一人暮らしとか電力使用量が少ない家庭だと関西電力の旧プランとか他の電力会社の方が安いです。

なので人によって違います。

そのあたりも細かく紹介したいと思います。

あしたでんきと同じ料金体系で比較

まずは始めにあしたでんきと同じ料金体系の電力会社と比較するとわかりやすいと思います。

ちなみにあしたでんきの料金体系はこちらです。

標準プラン

エリア基本料金従量料金
東北0円26.00円/kWh
東京0円26.00円/kWh
中部0円26.00円/kWh
関西0円22.00円/kWh
中国0円24.00円/kWh
九州0円23.00円/kWh

※2020年6月更新

たっぷりプラン

エリア基本料金従量料金
東北3000円21.50円/kWh
東京3000円21.50円/kWh
中部3000円21.50円/kWh
関西3000円17.50円/kWh
中国3000円19.50円/kWh
九州3000円18.50円/kWh

※2020年6月更新

とてもわかりやすいです。

一般家庭の場合は標準プランになる場合が多いと思いますので標準プランで比較してみてみたいと思います。

あしたでんきと同じ料金体系でもっと安いのはピタでん

あじたでんきより安いのがずばり「ピタでん」です。

エリア基本料金あしたでんき「標準プラン」ピタでん「使った分だけプラン」
北海道電力エリア0円28.77円/kWh
東北電力エリア0円26.00円/kWh25.71円/kWh
東京電力エリア0円26.00円/kWh25.71円/kWh
中部電力エリア0円26.00円/kWh25.71円/kWh
北陸電力エリア0円21.13円/kWh
関西電力エリア0円22.00円/kWh21.59円/kWh
中国電力エリア0円24.00円/kWh23.57円/kWh
四国電力エリア0円23.93円/kWh
九州電力エリア0円23.00円/kWh22.66円/kWh
沖縄電力エリア0円

あしたでんきも同じ料金体系の中では私の知っている中では2番目くらいに安い電力会社ですが、ピタでんは安いですね。

ただ、ピタでんの場合は「1年未満の解約の場合、2,200円(税込)の解約違約金が必要」だったりするのでそこは注意点です。

次料金体系が違う電力会社との比較です。

あしたでんきより安い料金体系が違う電力会社を比較

東京電力などはA(アンペア)や電力使用量などによって料金が変わりますよね。

そういった料金体系の電力会社とあしたでんきはとても比較がしにくいと思います。

ただ、上でも少し書きましたけど、

関西電力エリアで言うとあしたでんきの料金体系だと一人暮らしなど電力使用量が少ない家庭(月150kWh以下など)だと今の電力会社よりあしたでんきの方が割高になる可能性が高いです。

ということは

関西電力エリアで電力使用量が少ない家庭はあしたでんきより安くなる電力会社は数多くある

ということです。

東京電力エリアの場合はA(アンペア)も関係してきます。

例えばあしたでんきと東京電力(TEPCO)をシミュレーション比較したものですが、

 100kWh250kWh400kWh
20A130東京電力がお得1,278円東京電力がお得3,525円あしたでんきがお得
30A3,302円あしたでんきがお得2,154円あしたでんきがお得6,957円あしたでんきがお得
40A6,734円あしたでんきがお得5,586円あしたでんきがお得10,389円あしたでんきがお得

これだとA(アンペア)が低く電気使用量が少ない家庭だと東京電力がおすすめということになります。

なので

あしたでんきはある程度電気使用量がお得になる家庭の場合お得になる

ということが言えます。

あしたでんきと違う料金体系でもっと安いのはエルピオでんき

では他にお得にな電力使用量が多くなってもあしたでんきよりも安くなる電力会社はというと「エルピオでんき」です。

東京電力エリアのあしたでんき「標準プラン」とエルピオでんきが「スタンダードプランS」で比較すると

 300kWh400kWh500kWh
20A8,694円エルピオでんきがお得9,799円エルピオでんきがお得10,0509円エルピオでんきがお得
30A5,449円エルピオでんきがお得6,557円エルピオでんきがお得6,809円エルピオでんきがお得
40A2,190円エルピオでんきがお得3,295円エルピオでんきがお得3,546円エルピオでんきがお得

圧倒的にエルピオ電気が安いです。

200kWh以下などの場合はあしたでんきよりも安い電力会社はいっぱいあります。

あと50A以上になってくるとこのプランの比較ではあしたでんきの方が安くなるのですが、また違うプランとの比較がベストだったりもします。

おそらくこの30Aや40Aで電気使用量が300kWh~500kWhという家庭が多いのではないでしょうか。

あしたでんきより安い電力会社まとめ

ピタでん「使った分だけプラン」

あしたでんき「標準プラン」と比較すると安いです。

同じ料金体系なのでわかりやすいですね。

ただ、ピタでんの場合は「1年未満の解約の場合、2,200円(税込)の解約違約金が必要」なので注意してください。

エルピオでんきが「スタンダードプランS」

東京電力エリアで言うと40A以下で月500kWh以下ならおそらくエルピオでんきが「スタンダードプランS」の方が安いかと思います。

ただ、関西電力エリアではあしたでんきが若干安くなります。

東京電力エリアでA(アンペア)が低く電力使用量も少ない

A(アンペア)が20A以下などで電力使用量も月150kWh以下とかならあしたでんきよりも安くなる電力会社は数多くあります。

関西電力エリアで電力使用量が少ない

関西電力エリアの場合はアンペアで料金設定が変わることがないのでわかりやすいのですが、単純に電力使用量が少ない家庭はあしたでんきよりも安い電力会社はいっぱいあります。

キャンペーンもチェック

今こうやってあしたでんきよりも安くなる電力会社を見てきましたけど、料金で言うと月数千円だったり数百円の差だったりするわけです。

1年間に直すと結構な金額になる場合もありますが、もしそれほど差がないのであれば、キャンペーンなどのその他の特典もチェックです。

あしたでんきは定期的にキャンペーンを行っているのですが、他にもキャンペーンをやっている電力会社は結構あります。

そこも加味して比較するのも良いのかなと思います。

まとめ

あしたでんきより安い電力会社はいくつかあります。

ただ、電力エリアや電力使用量などによっても変わってくるということです。

いくつかの条件でシミュレーションしてみましたけど、本当に家庭によって変わってきますからご自身でもチェックされると良いと思います。

ここで紹介しているのはあくまで参考値になりますのでよろしくお願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました