「ピタでん」と「あしたでんき」の電気料金を比較|特典・キャンペーンなどはどうなの

あしたでんき

「ピタでん」と「あしたでんき」と言えば料金プランがわかりやすく、どちらとも一般家庭向けの料金プランでは「基本料金0円+従量料金」という料金体系で非常にわかりやすく比較しやすい料金体系になっています。

ただ、あしたでんきには「たっぷりプラン」ピタでんには「使いたい放題」という料金プランもあるのでそちらも併せて比較してみたいと思います。

ここでは

・「ピタでん」と「あしたでんき」のポイントまとめ比較
・「ピタでん」と「あしたでんき」料金プランの比較
・「ピタでん」と「あしたでんき」ではどちらがおすすめなのか

という流れで紹介していきたいと思います。

「ピタでん」と「あしたでんき」のポイントまとめ比較

では最初に「ピタでん」と「あしたでんき」のおさえておきたいポイントをまとめて比較してみたいと思います。

ピタでんあしたでんき
料金プラン使った分だけプラン
使いたい放題プラン
標準プラン
たっぷりプラン
電力対象エリア北海道・東北・東京・北陸・中部・関西・四国・中国・九州東北・東京・中部・関西・中国・九州
解約金・違約金1年未満の解約の場合、2,200円(税込)の解約違約金が必要かからない
キャンペーン・特典たまに行っている定期的に行っている

といったところでこれらを一つ一つ見ていきたいと思います。

料金プラン

料金プランはどちらも2つで「基本料金0円+従量料金」のプランと「基本料金+従量料金」のプランがあります。

基本的にそれほど電気を使用しない一般家庭の場合はピタでんは使った分だけプラン、あしたでんきは標準プランの「基本料金0円+従量料金」が該当するかと思います。

電気使用量が多い商店や事務所などは「使いたい放題プラン」や「たっぷりプラン」になります。

ただ、ここで注意点としてあしたでんきの「たっぷりプラン」は例えば東京電力エリアの場合でいうと従量電灯Cの方は契約できないので注意してください。

で計算していますのでチェックしてみてください。

電力対象エリア

電力対象エリアに関してはピタでんは沖縄以外ということで広いですが、あしたでんきの対象エリアは限定されています。

ご自身の住んでいるエリアが対象かしっかりチェックしてください。

解約金・違約金

ピタでんは1年未満の解約の場合、2,200円(税込)の解約違約金が必要ということで注意が必要です。

あしたでんきはいつ解約しても違約金はかかりません。

こう考えるとあしたでんきが利用しやすいですね。

キャンペーン・特典

どちらもたまにキャンペーンなどを行っていますが、ピタでんがキャンペーンを開催しているのはほとんどみたことがないですね。

あしたでんきはたまにキャンペーンを行っています。

ではここからは「ピタでん」と「あしたでんき」の料金プランを比較してみていきたいと思います。

「ピタでん」と「あしたでんき」料金プランの比較

では実際に「ピタでん」と「あしたでんき」プランの比較してみたいと思います。

まずは料金プランです。

エリア基本料金ピタでん
「使った分だけプラン」
あしたでんき
「標準プラン」
従量料金
北海道0円28.77円/kWh
東北0円25.71円/kWh26.00円/kWh
東京0円25.71円/kWh26.00円/kWh
北陸0円21.13円/kWh
中部0円25.71円/kWh26.00円/kWh
関西0円21.59円/kWh22.00円/kWh
中国0円23.57円/kWh24.00円/kWh
四国0円23.93円/kWh
九州0円22.66円/kWh23.00円/kWh
沖縄
ピタでんをチェックあしたでんきをチェック

ピタでん「使った分だけプラン」とあしたでんき「標準プラン」は比較がわかりやすいですね。
ピタでんがどのエリアでも若干お得なことがわかります。

エリアピタでん「使いたい放題プラン」あしたでんき「たっぷりプラン」
基本料金従量料金基本料金従量料金
北海道14,250円27.50円/kWh
東北13,240円27.50円/kWh3000円21.50円/kWh
東京12,220円27.50円/kWh3000円21.50円/kWh
北陸11,200円27.50円/kWh
中部11,200円27.50円/kWh3000円21.50円/kWh
関西11,200円23.42円/kWh3000円17.50円/kWh
中国11,200円27.50円/kWh3000円19.50円/kWh
四国11,200円27.50円/kWh
九州12,220円27.50円/kWh3000円18.50円/kWh
沖縄
ピタでんをチェックあしたでんきをチェック

「使いたい放題プラン」と「たっぷりプラン」では基本料金が違うのでちょっとわかりにくいですね。

ではこれらをいくつかの電気使用量で計算して比較してみたいと思います。

まずは東京電力エリアで比較したいと思います。

東京電力エリアで比較

ピタでん「使った分だけプラン」ピタでん「使いたい放題プラン」あしたでんき「標準プラン」あしたでんき「たっぷりプラン」
150kWh3,856.512,2203,9006,225
200kWh5,14212,2205,2007,300
300kWh7,71312,2207,8009,450
400kWh10,28412,22010,40011,600
500kWh12,85512,22013,00013,750
600kWh15,42614,97015,60015,900
700kWh17,99717,72018,20018,050
800kWh20,56820,47020,80020,200

といった感じになりました。

基本的にはピタでんがお得になる場合が多いです。

ちなみに東京電力エリアの場合、ピタでん「使いたい放題プラン」は500kWhから1kWh27.50円の料金が+されます。

関西電力エリアで比較

関西電力エリアではこういった感じになりました。

ピタでん「使った分だけプラン」ピタでん「使いたい放題プラン」あしたでんき「標準プラン」あしたでんき「たっぷりプラン」
150kWh3,239.511,2003,3005,625
200kWh4,31811,2004,4006,500
300kWh6,47711,2006,6008,250
400kWh8,63611,2008,80010,000
500kWh10,79511,20011,00011,750
600kWh12,95413,54213,20013,500
700kWh15,11315,88415,40015,250
800kWh17,27218,22617,60017,000

関西エリアの場合は大体ピタでん「使った分だけプラン」がお得になる計算になりました。

で電気料金だけで言うとピタでんが安いですね。

「ピタでん」と「あしたでんき」ではどちらがおすすめなのか

単純に料金だけで言うとピタでんが安くなるパターンが多いのですが、ここで忘れてはいけないのが「解約違約金」ですね。

ピタでんは1年以上利用するのであれば問題ないのですが1年未満では解約違約金がかかるので注意です。

あとは「キャンペーン」ですね。

ピタでんはそんなにキャンペーンをやっているイメージが無くて、あしたでんきはたまに〇〇〇〇円ギフトプレゼントキャンペーンなどをやっているイメージがあるのでそれもチェックですね。

正直電気料金の違いは1年間で計算すると電気使用量にもよりますが数百円から数千円です。
それならキャンペーンが魅力的な電力会社を利用するのも一つです。

長期的に利用するなら当然電気使用量が安い電力会社がおすすめですけどね。

どのような利用方法にするのかは個人によって違いますからどういう利用方法がお得なのかなどを考えて決めると良いと思います。

まとめ

あしたでんきは東京電力関連なので安心感はありますが、安さではピタでんですね。

ただ、ピタでん「使いたい放題プラン」とあしたでんき「たっぷりプラン」を利用するとなると電力使用量が少ない月があった場合、かなり割高になる可能性があるので電気使用量が少ない月があるのであれば注意が必要です。

特にピタでん「使いたい放題プラン」はそうですね。

あとはキャンペーンをチェックして良い方を利用するのも一つかもしれません。

今は乗り換えも簡単ですし違約金がかからない電力会社も多いので(ピタでんはかかりますが)とりあえず利用してみるというのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました