AIでんきの口コミ・評判・デメリット・他の新電力会社と比較

AIでんき
管理人
管理人

今回は「AIでんき」について紹介したいと思います。

【人工知能(AI)を使った電力自動運用で電気代削減】ということで注目していますが、AIでんきの会社概要から口コミ・評判・デメリット・他の新電力会社と比較などして紹介していきたいと思います。

ここでは

・AIでんきの電気のチェックポイント
・AIでんきについてと会社概要
・AIでんきの電気の料金プランの特徴
・AIでんきの電気と他の電力会社と比較
・AIでんきのメリット・デメリット
・AIでんきの電気の口コミ・評判
・AIでんきの電気まとめ

とうような流れで紹介していきたいと思います。

AIでんきの口コミを投稿する

ではまず先にAIでんきの電気のチェックポイントをまとめて紹介しておきます。

AIでんきの電気のチェックポイント

・料金体系は基本料金無料+従量料金一律
・電力供給エリアは東北|東京|中部| 関西| 中国| 四国| 九州

といったところになります。

まず料金体系はわかりやすく楽天でんきあしたでんきなどを同じ料金体系になっています。

供給エリアは比較的広いです。

ではまずはAIでんきについて紹介していきたいと思います。

AIでんきとは

AIと聞くと何か最先端な感じがしますね。

実際人工知能(AI)を徹底活用していて、「人工知能(AI)技術を活用したエネルギー・マネジメントシステムを独自開発。2016年にはNEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)にも採択され、併せて関連特許を3つ取得」しています。

この人工知能を活用した新しいシステムを活用し効率的な運用を行うことで料金を抑えることができているということなんです。

ということろでどういったプラン・サービスがあるのかも気になるところですが、運営会社も気になると思います。

では会社概要を紹介したいと思います。

AIでんきの会社概要

会社名 株式会社パワー・オプティマイザー
本社所在地 秋田県秋田市山王中園町9-12-2
設立日 2015年2月26日
資本金 30,000,000円(2017年10月現在)

それほど大きな会社ではないのですが、グループ会社がいくつかあってその一つの株式会社エネルギー・オプティマイザーは「IoTを活用した持続可能な地域エネルギーシステムの構築に関して京都大学と共同研究を開始」していたりエネルギー事業に力を入れているという印象があります。

もしかしたらこれから楽しみな会社かもしれませんね。

では気になる料金プランを見てみたいと思います。

AIでんきの料金プランの特徴

AIでんきの料金プランは「個人・ご家庭向けプラン」と「法人・ビジネス向けプラン」があります。

個人の方は個人・ご家庭向けプランになるかと思います。

個人・ご家庭向けプラン

エリア 基本料金 従量料金
東北電力 0円 26.3円(税込み)/kWh
東京電力 0円 26.3円(税込み)/kWh
中部電力 0円 26.3円(税込み)/kWh
関西電力 0円 23.3円(税込み)/kWh
中国電力 0円 24.3円(税込み)/kWh
四国電力 0円 24.3円(税込み)/kWh
九州電力 0円 23.3円(税込み)/kWh

※2020年8月26日時点

法人・ビジネス向けプラン

エリア 基本料金 従量料金
東北電力 0円 27.4円(税込み)/kWh
東京電力 0円 27.4円(税込み)/kWh
中部電力 0円 27.4円(税込み)/kWh
関西電力 0円 24.4円(税込み)/kWh
中国電力 0円 26.4円(税込み)/kWh
四国電力 0円 26.4円(税込み)/kWh
九州電力 0円 26.4円(税込み)/kWh

※2020年8月26日時点

管理人
管理人

最近多い「基本料金無料で従量料金一律」というプランになります。

先に言うと料金的には安くありません。

下で他の電力会社と比較して紹介しているので見てもらえればと思います。

ではその他の電力会社と比較してみたいと思います。

AIでんきと他の電力会社と比較

まずAIでんきも基本料金無料で従量料金一律とわかりやすい料金体系になっています。

なので同じ料金体型の会社とは比較がしやすいです。

では知名度のある楽天でんきあしたでんきとAIでんきを比較して紹介したいと思います。

エリア 基本料金 楽天でんき
プランS
あしたでんき
標準プラン
AIでんき
個人・ご家庭向けプラン
北海道 0円 30.00円/kWh
東北 0円 26.50円/kWh 26.00円/kWh 26.3円/kWh
東京 0円 26.50円/kWh 26.00円/kWh 26.3円/kWh
中部 0円 26.50円/kWh 26.00円/kWh 26.3円/kWh
北陸 0円 22.00円/kWh
関西 0円 22.50円/kWh 22.00円/kWh 23.3円/kWh
中国 0円 24.50円/kWh 24.00円/kWh 24.3円/kWh
四国 0円 24.50円/kWh 24.3円/kWh
九州 0円 23.50円/kWh 23.00円/kWh 23.3円/kWh
沖縄 0円 27.00円/kWh

※2020年8月26日時点

こうやって並べると「あしたでんき」が安いことがわかりますね。

ただこれが事業者向けプランになってくるとまたちょっと変わってきます。

エリア 基本料金 楽天でんき
プランM
AIでんき
法人・ビジネス向けプラン
北海道電力エリア 0円 31.00円/kWh
東北電力エリア 0円 27.50円/kWh 27.4円/kWh
東京電力エリア 0円 27.50円/kWh 27.4円/kWh
中部電力エリア 0円 27.50円/kWh 27.4円/kWh
北陸電力エリア 0円 23.00円/kWh
関西電力エリア 0円 23.50円/kWh 24.4円/kWh
中国電力エリア 0円 25.50円/kWh 26.4円/kWh
四国電力エリア 0円 25.50円/kWh 26.4円/kWh
九州電力エリア 0円 24.50円/kWh 26.4円/kWh
沖縄電力エリア

AIでんきが少し安いエリアもでてきます。

ただ、楽天でんきもそんなに安いわけではないので全体的に見ても高い方かと思います。

実際にいくつかの電気使用量で計算して比較してみたいと思います。

東京電力エリアで一般家庭向けの従量電灯B相当で比較したいと思います。

AIでんき
個人・ご家庭向けプラン
楽天でんき
プランS
あしたでんき
標準プラン
20A150kWh 3945.00 3900
20A300kWh 7890.00 7800
30A200kWh 5260.00 5300 5200
30A300kWh 7890.00 7950 7800
40A200kWh 5260.00 5300 5200
40A400kWh 10520.00 10600 10400
50A300kWh 7890.00 7950 7800
50A500kWh 13150.00 13250 13000
60A600kWh 15780.00 15900 15600
あしたでんきをチェック 楽天でんきをチェック

あしたでんきが安いですね。

次は関西電力エリアで一般家庭向けの従量電灯A相当でシン・エナジーも含めて比較してみたいと思います。

AIでんき
個人・ご家庭向けプラン
シン・エナジー
基本プラン
あしたでんき
標準プラン
楽天でんき
プランS/td>
100kWh 2330.00 1988.26 2200 2250.00
150kWh 3495.00 3099.36 3300 3375.00
200kWh 4660.00 4290.86 4400 4500.00
300kWh 6990.00 6673.86 6600 6750.00
400kWh 9320.00 9403.86 8800 9000.00
500kWh 11650.00 12133.86 11000 11250.00
600kWh 13980.00 14863.86 13200 13500.00
700kWh 16310.00 17684.02 15400 15750.00
シン・エナジーをチェック あしたでんきをチェック 楽天でんきをチェック

他の電力会社がお得ですね。

ではAIでんきのメリット・デメリットを見てみたいと思います。

AIでんきのメリット・デメリット

AIでんきのデメリット

いくつかのサイトでは途中で解約しても違約金は発生しません。ということですが、

公式サイトの解約に関してわかりやすく書かれているところがわからなかったので「電力需給約款」を見てみるか実際にとい合わせて聞かれると良いと思います。

AIでんきのメリット

クレジットカードと口座振替に対応している

クレジットカードだけでなくて口座振替にも対応しているのはありがたいですね。

AIでんきの口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

AIでんきQ&A

Q.キャンペーンはやっているのか
A.私が確認したときにはキャンペーンをやっているイメージはないですね。
それほど積極的ではないと私は思います。

Q.電気代の支払い方法は
A.クレジットカード・口座振替による自動引き落とし

Q.請求書や領収書は発行は
A.マイページから、請求書を印刷

まとめ

単純に料金を比較すると他にも安い電力会社は多くありますね。

数字だけで見るとあしたでんきなどがお得ということがわかりますね。

あとはキャンペーンです。
年間の電気料金で言うと電力会社によって電気料金はそんなに違いは出ない場合が多いです。
キャンペーン内容によっては10,000円などお得になることもあったりしますので1年とかでみるのであればキャンペーンもチェックしてみると良いと思います。

上のいくつか挙げた電力会社はチェックかなと思います。

AIでんきに関しては今後に期待ということでしょうか。
今後も注視して見ていきたいと思います。

電気料金も変わる可能性があるので最終確認は公式サイトでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました