@niftyでんきの口コミ・評判・デメリット・他の新電力会社と電気料金比較

@niftyでんき

niftyといえばネット通信サービスが有名ですが、電力サービスにも参入しています。

そして、@niftyでんきを利用しようと考えている方はおそらくniftyのプロバイダーを利用している方が多いと思います。

じゃあこのniftyでんき利用すればお得になるのかですが、

@niftyでんきが全家庭で電気料金が安くなるかというと、そんなことはなくて家庭によっては逆に電気料金が高くなる場合もあります。

他にも注意点などもあるので@niftyでんきの口コミ・評判・デメリット・電気料金を他の電力会社と比較など様々な角度から紹介していきたいと思います。

ここでは

・@niftyでんきのチェックポイント
・@niftyでんきの料金プラン
・@niftyでんきと他の電力サービスと比較
・@niftyでんきのデメリット
・@niftyでんきの口コミ・評判

といったところを紹介していきたいと思います。

@niftyでんきの口コミを投稿する

@niftyでんきのチェックポイント

ではまず先に@niftyでんきのポイントをまとめると

ニフティ会員特別でんきプランがお得
電力エリアで割引率が全然違う
違約金が発生しない
対象エリアは北海道電力エリア|東北電力エリア|東京電力エリア|中部電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア
ネットなどと合わせると割引になる

ということですね。

まず利用を検討するならお得になるニフティ会員特別でんきプランになるかと思います。

料金に関しては下で紹介します。

電力エリアごとに割引率が違っていて、これはどういうことかというと電力エリアでお得かどうかが変わってくるということが言えます。

違約金はかからないということで乗り換えもしやすいと思います。

では気になる@niftyでんきの料金プランを見ていきたいと思います。

@niftyでんきの料金プラン

まず@niftyでんきの料金プラン(ニフティ会員特別でんきプラン)をエリアごとに見ていきたいと思います。

北海道電力エリア

■@niftyでんき 北海道エリア B

区分料金
基本料金10A につき341.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで23.98円
(1kWh)120kWh超過280kWhまで28.62円
280kWh超過分30.35円

■@niftyでんき 北海道エリア C

区分料金
基本料金1kVA につき341.00円
(1契約)対象契約容量:6kVA~49kVA
電力量料金最初の120kWhまで23.98円
(1kWh)120kWh超過280kWhまで28.62円
280kWh超過分30.35円

※2021年3月10日時点

東北電力エリア

■@niftyでんき 東北エリア B

区分料金
基本料金10A につき330.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで18.58円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで25.08円
300kWh超過分28.60円

■@niftyでんき 東北エリア C

区分料金
基本料金10A につき330.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで18.58円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで25.08円
300kWh超過分28.60円

※2021年3月10日時点

関東電力エリア

■@niftyでんき 関東エリア B

区分料金
基本料金10A につき286.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで19.88円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで25.41円
300kWh超過分26.40円

■@niftyでんき 関東エリア C

区分料金
基本料金10A につき286.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで19.88円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで25.19円
300kWh超過分26.01円

※2021年3月10日時点

中部電力エリア

■@niftyでんき 中部エリア B

区分料金
基本料金10A につき286.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで21.07円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで24.75円
300kWh超過分25.19円

■@niftyでんき 中部エリア C

区分料金
基本料金10A につき286.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで21.07円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで24.75円
300kWh超過分25.19円

※2021年3月10日時点

北陸電力エリア

■@niftyでんき 北陸エリア B

区分料金
基本料金10A につき242.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで17.85円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで21.24円
300kWh超過分21.29円

■@niftyでんき 北陸エリア C

区分料金
基本料金10A につき242.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで17.85円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで21.19円
300kWh超過分21.69円

※2021年3月10日時点

関西電力エリア

■@niftyでんき 関西エリア A

区分料金
基本料金最初の15kWhまで341.02円
(1契約)
電力量料金15kWh超過120kWhまで20.32円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで24.44円
300kWh超過分25.97円

■@niftyでんき 関西エリア B

区分料金
基本料金1kVA につき396.00円
(1契約)対象契約容量:6kVA~49kVA
電力量料金最初の120kWhまで17.92円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで19.96円
300kWh超過分21.39円

※2021年3月10日時点

中国電力エリア

■@niftyでんき 中国エリア A

区分料金
基本料金最初の15kWhまで337.37円
(1契約)
電力量料金15kWh超過120kWhまで20.79円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで26.95円
300kWh超過分27.94円

■@niftyでんき 中国エリア B

区分料金
基本料金1kVA につき407.00円
(1契約)対象契約容量:6kVA~49kVA
電力量料金最初の120kWhまで18.10円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで23.08円
300kWh超過分23.65円

※2021年3月10日時点

四国電力エリア

■@niftyでんき 四国エリア A

区分料金
基本料金最初の11kWhまで411.40円
(1契約)
電力量料金11kWh超過120kWhまで20.37円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで26.48円
300kWh超過分28.52円

■@niftyでんき 四国エリア B

区分料金
基本料金1kVA につき374.00円
(1契約)対象契約容量:6kVA~49kVA
電力量料金最初の120kWhまで16.97円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで21.69円
300kWh超過分22.81円

※2021年3月10日時点

九州電力エリア

■@niftyでんき 九州エリア B

区分料金
基本料金10A につき297.00円
(1契約)(対象契約電流:30A/40A/50A/60A)
電力量料金最初の120kWhまで17.46円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで22.55円
300kWh超過分23.32円

■@niftyでんき 九州エリア C

区分料金
基本料金1kVA につき297.00円
(1契約)対象契約容量:6kVA~49kVA
電力量料金最初の120kWhまで17.46円
(1kWh)120kWh超過300kWhまで22.55円
300kWh超過分23.32円

※2021年3月10日時点

まずニフティ会員特別でんきプランの割引率はエリアによって違います。
特に関東や関西など300kWh超過分は10%以上の割引になるのに対し、東北エリアは300kWh超過分は2.3%引きにしかなりません。

地域によってかなり違いがあるので住んでいる地域で全然変わってくると思いますのまずはあなたの電力エリアをチェックしてください。

一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭にはおすすめできない!
地域によって割引率が違うのでしっかりチェックする必要がある!
このあたりは押さえておくべきポイントかなと思います。

@niftyでんきとその他の電力会社と比較してみる

では実際に@niftyでんきと他のおすすめの新電力会社と比較してみたいと思います。

まず比較するのは東京電力エリアで東京電力従量電灯B相当のプランで比較してみたいと思います。

ニフティ会員特別でんきプラン
関東エリア B
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
HTBエナジー・HISでんき
ウルトラ&プライム東京
シン・エナジー
きほんプラン
ピタでん
使った分だけ
楽天でんき
プランS
ENEOSでんき
Vプラン
東京電力
従量電灯B
10A100kWh2600257122742274
20A150kWh39003676.663856.53693.83752
20A300kWh78007569.1677137374.87724
30A200kWh5276.4052005237.25094.75111.14514253005206.85362
30A300kWh7817.4078007540.27653.67589.14771379507660.88010
40A200kWh5562.40520051905196.885367.25514253005492.85648
40A400kWh10743.40104001007110446.8810616.25102841060010568.811353
50A300kWh8389.4078007750.477778101.36771379508232.88582
50A500kWh13669.401300012906.41248513643.36128551325013476.814696
60A600kWh16595.401560015753.241498216670.48154261590016384.818039

実際に計算してみると東京電力エリアでは@niftyでんきはそれほどお得ではないという計算結果になりました。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

では次は関西電力エリアで従量電灯A相当のプランで比較してみたいと思います。

ニフティ会員特別でんきプラン
関西エリア A
エルピオでんき
使った分だけ Sプラン
HTBエナジー
ウルトラ 関西 
あしたでんき
標準プラン
楽天でんき
標準プラン
シン・エナジー
きほんプラン
ピタでん
使った分だけ
ENEOSでんき
関西Aプラン
関西電力従量電灯A
100kWh2011.3522201881.982200.002250.001988.2621592011.352068.22
150kWh3164.5533302955.88330033753099.363238.53137.253248.62
200kWh4409.5544404129.38440045004290.8643184336.754538.62
300kWh6899.5566606476.38660067506673.8664776735.757118.62
400kWh9536.0588809141.38880090009403.8686369415.7510047.62
500kWh12319.051110011806.38110001125012133.861079512095.7512976.62
600kWh15102.051332014471.38132001350014863.861295414775.7515905.62
700kWh17885.051554017136.38154001575017684.021511317455.7518834.62

私の計算では関西電力エリアも他の電力会社と比較してもそれほどお得ではないという計算結果になりました。

関西電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

@niftyでんきはそこまで安いわけではなさそうですね。

管理人
管理人

本当にエリアや個々の条件によってかなり変わってくるということが言えますが、@niftyユーザーで全部まとめたいということなら@niftyでんきで良いかもしれません。

ただ、ちょっと解約が面倒という声は聞きますから、ちょっとお試しでという方は注意しておいてください。

ただ、@niftyでんきを継続されるならあんまり関係ないかなとも思います。

@niftyでんきのメリット・デメリット

では@niftyでんきのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

@niftyでんきのデメリット

検針票は届かない

新電力に関しては多いのですが、検針票は届きません。

なのでネットで確認ということになります。

これは電力自由化になって多くの電力会社がネットで確認ということなのでそれほどデメリットでもないかもしれませんね。

一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭ではお得にならない

一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭ではお得にならないです。

料金表を見てもらうとわかる通り最初の120kWhまでは割引がありません。

他にもお得になる電力会社はあるのでそちらを利用するのが良いと思います。

@niftyでんきのメリット

違約金が発生しない

解除の際違約金が発生しないということで安心して利用できます。

違約金が発生しない電力会社も多いのでメリットとまでは言えないかもしれませんけどね。

ネットなどと合わせると割引になる

まるっと割というものがあって、@nifty with ドコモ光やNifMo契約されている方などを対象にネット、スマホ、ガスなどまとめると割引されます。

まるっと割(ネット+スマホ+でんき+ガス)だと最大年間割引額6,600円にもなります。

なので@niftyユーザーにはお得になります。

ただ、それでも他の電力会社やガスの方が良い可能性もあります。

 

@niftyでんきの評判・口コミ・感想

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

では@niftyでんきの評判・口コミ・感想を見てみたいと思います。

いろいろな声がありますが、@niftyユーザーは基本的にはお得になると思います。

まとめ

ということで@niftyでんきは@niftyの通信サービスなど使われている方はまとめても良いかもしれません。

ただ、お得になるかは「電気使用量」と「対象エリア」でかなり変わってくるのであなたの住んでいるエリアがどれくらいお得になるのかしっかりチェックする必要があると思います。

もっとお得になる電力会社もあるので@niftyユーザーでまとめて管理したいという方なら良いとは思いますが、そうでないなら別の電力会社が選択肢になるかと思います。

電気料金も変わる可能性があるので最終確認は公式サイトでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました