小田急でんきの料金・デメリット・他の新電力会社と比較

小田急でんき
管理人
管理人

小田急でんきは小田急電鉄が提供する電力サービスです。

小田急といえば東京から神奈川の方に知名度がありますが、小田急でんきは小田急沿線以外の方も利用できます。

大事なのはお得になるのかどうかですからそれらを見ていきたいと思います。

小田急でんきの口コミを投稿する

ではまず先におさえておきたいポイントをまとめると

小田急電鉄が提供する電力サービス
・小田急ガスも提供
・小田急ポイントが貯まる
対象エリアは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県(富士川以東)

というところでしょうか。

小田急といえば東京から神奈川の方に知名度がありますが、その他の地域の方はあまり馴染みがないかもしれません。

それに対象エリア関東エリアとその他の一部の地域となっています。

まずは会社概要から紹介したいと思います。

小田急でんきの会社概要

運営会社 株式会社イーネットワークシステムズ
本社所在地 東京都目黒区中目黒三丁目3番2号
設立 2015年4月2日
資本金 5,000千円

販売会社は小田急電鉄株式会社で運営会社は株式会社イーネットワークシステムズとなっています。

では料金プランを見ていきたいと思います。

小田急でんきの料金プラン

まず対象エリアは

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県(富士川以東)

なっています。

プランは「S(スモール)プラン」と「M(ミディアム)プラン」、「L(ラージ)プラン」の3つがあります。

・「S(スモール)プラン」は電気使用量が少ない方向け
・「M(ミディアム)プラン」は電気使用量が多い家庭向け
・「L(ラージ)プラン」は電気使用量が多い家庭や事業者向け

となっています。

では具体的な料金を見てみたいと思います。

S(スモール)プラン

電気使用量が少ない方向け
料金分類 単位 小田急でんき
基本料金 30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
電力量料金(従量料金) 第1段階 ~120kWh 19.84円/kWh
第2段階 120kWh~300kWh 25.34円/kWh
第3段階 300kWh~ 27.19円/kWh

※2020年4月14日

M(ミディアム)プラン

電気使用量が多い家庭向け
料金分類 単位 小田急でんき
基本料金 30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
電力量料金(従量料金) 第1段階 ~150kWh 23.68円/kWh
第2段階 150kWh~350kWh 23.83円/kWh
第3段階 350kWh~ 26.38円/kWh

※2020年4月14日

L(ラージ)プラン

電気使用量が多い家庭や事業者向け
料金分類 単位 小田急でんき
基本料金 1kVAあたり 1契約 286円
電力量料金(従量料金) 第1段階 0~120kWh 20.94円/kWh
第2段階 120kWh~300kWh 23.64円/kWh
第3段階 300kWh~ 26.47円/kWh

※2020年4月14日

ここで東京電力の電気料金と比較してみたいと思います。

  単位 料金(税込)
      旧東京電力従量電灯B 小田急でんきS(スモール)プラン
基本料金 10A 1契約 286円
15A 429円
20A 572円
30A 858円 858円
40A 1,144円 1,144円
50A 1,430円 1,430円
60A 1,716円 1,716円
電力量料金 最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19.88円 19.84円
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 26.48円 25.34円
上記超過(第3段階料金) 30.57円 27.19円

※2020年4月14日

基本料金は変わりませんが、S(スモール)プランでは電気使用量で料金が変わってきます。

M(ミディアム)プランでは

第1段階 ~150kWh
第2段階 150kWh~350kWh
第3段階 350kWh~

ということで少し違いがあります。

この料金体系なら一人暮らしなど電力使用量が少ない家庭でも少しはお得になることがわかります。

実際にはシミュレーションして比較するのが良いかと思います。

小田急でんきでシミュレーション

では他の電力会社と比較したいと思います。

他の新電力会社と比較

東京電力「従量電灯B」と比較

まずは東京電力と比較したいと思います。

条件として

・東京電力「従量電灯B」」
・30A
・全部の月の電気使用量「150kWh(年間電気使用量1,800kWh)」と300kWh(年間電気使用量3,600kWh)

でシミュレーションしてみました。

使用電力 東京電力「従量電灯B」 小田急でんきS(スモール)プラン
月150kWh(年間電気使用量1,800kWh) 48,456円/年 47,988円/年
月300kWh(年間電気使用量3,600kWh) 96,120円/年 93,600円/年

これでわかることは一人暮らしでも若干お得になるということと電気使用量が多い家庭だと確かにある程度料金はお得になりますが、他にももっとお得になる新電力会社はありますね。

HISグループのHTBエナジー「たのしいでんき」と比較

ではS(スモール)プランは一人暮らしや電力使用量が少ない方向けで他と比較すると

HISグループのHTBエナジー「たのしいでんき」が良いと思います。

ウルトラ30東京(従量電灯B 30アンペアをご利用中の方)で比較してみると

料金分類 小田急でんきS(スモール)プラン たのしいでんきウルトラ30東京
基本料金 30A 858.00円 815.10円
従量料金 120kWhまで 19.84円 18.89円
120~300kWhまで 25.34円 25.16円
300kWhから 27.19円 29.04円

※2020年1月更新

となっていて一人暮らしならたのしいでんきですね。

他では「丸紅新電力のHプラン」ではhuluの利用料を負担してくれるプランがあるので実質10,000円以上お得になるのでこういった選択肢も一つにあります。

丸紅新電力の料金料金を他の新電力会社と比較・デメリット
管理人 丸紅新電力は東証一部上場企業「丸紅」の子会社が運営している電力サービスです。 ウリとしてはオンライン動画配信サービスHuluが見られるセットになっているプランがあります。 ここでは ・丸紅新電...

一人暮らしならこちらもチェック

【東京電力エリアで一人暮らしの電力会社選び】電気料金を下げる・お得になる方法と電力会社は?
関西で一人暮らしでどういった電力会社がお得かを調査したんですが、ここでは東京(関東)エリアで一人暮らしの場合電力会社はどこがお得なのかを調査して紹介したいと思います。まず料金体系が電力会社によって違います。40業者くらい電力会社の料...

電気使用量が多くなるとまた違う選択肢になってきます。

あしたでんきと比較

ここである程度電力を使用する場合であしたでんきと比較してみたいと思います。

条件として

・東京電力「従量電灯B」
・30A
・全部の月の電気使用量「400kWh(年間電気使用量4,800kWh)」と500kWh(年間電気使用量6,000kWh)

でシミュレーションしてみると

使用電力 小田急でんきM(ミディアム)プラン あしたでんき(標準プラン
月400kWh(年間電気使用量4,800kWh)
年間電気料金 125,850円 132,956円
東京電力「従量電灯B」の年間電気使用量4,800kWhと比較して 6,954円お得 8,004円お得
月500kWh(年間電気使用量6,000kWh)
年間電気料金 157,506円 166,195円
東京電力「従量電灯B」の年間電気使用量6,000kWhと比較して 11,982円お得 13,488円お得

まずそれぞれ独自の過去の電力統計データを加味して年間のでんき代を算出しているので計算方法が違うのでこれだけでは判断できない部分もありますが、お得になっているお得になる率で計算すると小田急でんきM(ミディアム)プランの方がお得になるのかなというのがわかりました。

もちろん参考の数字です。

では気になるのが解約金などのデメリットです。

小田急でんきのメリット・デメリット

小田急でんきのデメリット

対象エリアが限定的

対象エリアが東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県(富士川以東)となっています。

基本関東圏にお住いの方ということになります。

小田急でんきのメリット

解約手数料がかからない

公式でも

ご利用開始日から1年(12ヶ月)です。ご解約のご連絡がない限り自動更新となります。
ただし、契約期間中の解約手数料は必要ありません。

となっています。

ガスとのセットでさらにお得に

小田急ガスは東京ガスより3%ほどお得でセットで利用することでまとめて管理できますし、お得にもなります。

ただ、別々の方がお得な場合もありますので管理が簡単でまとめたいという方にはおすすめです。

小田急ポイントが貯まる

OPクレジットカードで支払うと「お買い上げ・ご利用ポイント」と「クレジットご利用ポイント」が貯まります。

OPクレジットとは小田急の小田急ポイントサービス加盟店で利用したりするとお得になるカードです。

小田急関連のサービスをよく利用される方は持っておいても良いかと思います。

解約手数料(みどりプラン)はかからない

一般家庭の場合基本的にはみどりプランになると思いますが、みどりプランは解約手数料はかかりません。

あおプランの場合は残りの契約月数×500円の解約手数料がかかります。

小田急でんきの口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

まとめ

小田急でんきは小田急電鉄の電力サービスでエリアも限定されていて東京や神奈川の方向けということが言えると思います。

電気料金的には一人暮らしなどでも最低限お得になる料金プランもありますが、電力使用量が少ない家庭は他にもお得な電力サービスはあるかと思います。

ある程度電力使用量が多い家庭なら意外に小田急でんきは安くなるかと思います。

OPクレジットカードの支払いで小田急ポイントが貯まったり、ガストセットで管理もしやすくお得になるのでさらにお得にはなりますが、

キャンペーンなども含めて他の電力会社のプランと比較すると他の電力会社もチェックしておくべきかと思います。

エルピオでんき」や「自然電力のでんき」などはチェックでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました