サニックスでんきの料金・デメリット・他の新電力会社と比較

サニックスでんき
管理人
管理人

サニックスは東証一部上場企業でCMも流れているので知っている方も多いと思います。

様々なエネルギー事業を展開している企業でその一つに電力サービスも行っています。

サニックスでんきの口コミを投稿する

ではまず先におさえておきたいポイントをまとめると

・東証一部上場企業の株式会社サニックスが運営
対象エリアは東京電力エリア|中部電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア|

というところでしょうか。

まずは会社概要から紹介したいと思います。

サニックスでんきの会社概要

会社名 株式会社サニックス
本社所在地 福岡市博多区博多駅東2丁目1番23号
設立 1978年(昭和53年)9月
資本金 140億4,183万円(2019年3月31日現在)
事業内容 太陽光発電製造・販売・施工
シロアリ調査・駆除
ビル・マンションの給排水設備に関するメンテナンス
など

東証一部上場企業の株式会社サニックスが運営ということで大手ですね。

では料金プランを見ていきたいと思います。

サニックスでんきの料金プラン

まず供給エリアは

東京電力エリア|中部電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア|

となっています。

プランは一般家庭向けで紹介すると

東京電力エリア

プラン:サニックステラセーバー(関東)

基本料金(税込) 10A~50A 929.50円
60A 1,115.40円
従量料金(税込) 1~500kWhまで1kWhあたり 23.22円
501kWh以上1kWhあたり 24.24円

中部電力エリア

プラン:ここまで定額プラン(中部)

基本料金(税込) 10Aごと 126.50円
従量料金(税込) 1~300kWhまで 7,822円
301kWhから1kWhにつき 26.07円

関西電力エリア

プラン:ここまで定額プラン(関西)

基本料金(税込) なし なし
従量料金(税込) 1~300kWhまで 7,028円
301kWhから1kWhにつき 22.46円

中国電力エリア

プラン:サニックステラセーバー(中国)

基本料金(税込) 1契約につき 132.00円
従量料金(税込) 1kWhあたり 22.91円

四国電力エリア

プラン:サニックステラセーバー(四国)

基本料金(税込) 1契約につき 176.00円
従量料金(税込) 1kWhあたり 22.91円

九州電力エリア

プラン:サニックステラセーバー(九州)

基本料金(税込) 10A~50A 715.00円
60A 858.00円
従量料金(税込) 1~500kWhまで1kWhあたり 20.37円
501kWh以上1kWhあたり 21.38円

※2020年4月23日時点

管理人
管理人

プランはいろいろあるわけではなくどのエリアもそれぞれ一つです。

そして、料金体系を見ると他のいろいろな電力会社とは少し違っていて独特です。

では料金体系の何が特徴的かというと

他の電力会社の料金体系と比較するとわかります。

サニックスでんきの料金体系は独特

こちらが以前からある東京電力の電気料金です。

旧東京電力従量電灯B
基本料金 10A 1契約 286円
15A 429円
20A 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
電力量料金 最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19.88円
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 26.48円
上記超過(第3段階料金) 30.57円

A(アンペア)別と電力量料金が120kWh以下と300kWh以上で料金が変わっています。

この料金体系が一般的でその他の新電力会社のプランもこのようなプランになっているところが多く、

他では下のような「基本料金無料+従量料金」となっている新電力会社がほとんどです。

[基本料金無料+従量料金の電力会社の例:楽天でんきあしたでんきLooopでんき]
エリア 基本料金 従量料金
北海道電力 0円 29.5円(税込) / kWh
東北電力 0円 26.4円(税込) / kWh
東京電力 0円 26.4円(税込) / kWh
中部電力 0円 26.4円(税込) / kWh
北陸電力 0円 21.3円(税込) / kWh
関西電力 0円 22.4円(税込) / kWh
中国電力 0円 24.4円(税込) / kWh
四国電力 0円 24.4円(税込) / kWh
九州電力 0円 23.4円(税込) / kWh

サニックスでんきは電力エリアごとにそれぞれ料金体系が違っていて特徴的なので数字だけ見てもなかなか比較しにくいです。

ではこのサニックスでんきは安くなるのかというところを他の電力会社と比較してみてみたいと思います。

他の電力会社のプランと比較

東京電力と比較

まずは東京電力と比較したいと思います。

条件として

・東京電力「従量電灯B」
・「20A」と30A
・3月の電気使用量「150kWh」と300kWh

でシミュレーションしてみました。

東京電力「従量電灯B」 サニックステラセーバー(関東エリア)
20A 150kWh 35,752円 47,315円
20A 300kWh 80,487円 83,476円
30A 150kWh 42,616円 47,315円
30A 300kWh 83,919円 83,476円

※料金は1年間の電気料金です。

管理人
管理人

これを見ると電力使用量が少ない家庭だとかなり割高になる可能性が高いということがわかります。

サニックスでんきは10A~50Aで料金は変わらないので50AなどA(アンペア)が高い家庭の場合はお得になる可能性があります。

電力使用量は300kWh以上だと割安になります。

ただ、30Aで月300kWh程度だと他の電力会社の方が安いところはいっぱいあるのでこれだとおすすめはできません。

サニックスでんきの料金体系から東京電力エリアでいうと50Aで月499kWhだとかなりお得になるということがわかります。

では他の新電力会社と比較してみたいと思います。

他の新電力会社と比較

私が今おすすめする「自然電力のでんき」と人気知名度の高い「Looopでんき」と合わせて比較してみたいと思います。

条件として

・東京電力エリア「従量電灯B」
・「20A」と30A
・3月の電気使用量「150kWh」と300kWh」+「30A 500kWh」

でシミュレーションしてみました。

まず初めにそれぞれ東京電力の料金プランとシミュレーションしてどれくらい割高か割安かを記載していますが、それぞれの新電力会社のシミュレーションで比較しているのでそれぞれ独自の過去の電力統計データをもとに算出結果を出しています。

なので実際とは料金に違いがありますし、それぞれの新電力会社との比較が確実に正しいとは言えません。

あくまで参考程度にしてください。

サニックステラセーバー(関東エリア) あしたでんき 自然電力のでんき「SE Debut」
20A 150kWh 8,131円割高 2,432円割高 1,525円割高
20A 300kWh 2,989円割高 1,804円割高 2,884円割安
30A 150kWh 4,699円割高 1,000円割安 191円割安
30A 300kWh 443円割安 1,628円割安 4,600円割安
30A 500kWh 12,798円 9,474円割安 16,910円割安

料金体系から見てもサニックスでんきの場合はA(アンペア)が高く電気使用量が多い家庭ではお得になるということがわかります。

まず一人暮らしで電力使用量が少ない家庭はサニックスでんきはなしですね。

電力使用量が多くても自然電力のでんき「SE Debut」などが良いのかなというシミュレーション結果がでました。

サニックスでんきのメリット・デメリット

サニックスでんきのデメリット

エリアが限定的

対象エリアは東京電力エリア|中部電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア|となっています。

北海道や東北、北陸、沖縄電力エリアは現在対象外です。

プランは一つ

どの対象エリアもプランは一つです。

わかりやすくて良い面もあります。

サニックスでんきのメリット

解約金がかからない

一応1年契約となっていますが、解約金はかからないということが記載されています。

契約期間は、供給開始日以降1年契約の自動更新となります。契約期間内に契約を解除されても、解約金は発生いたしません。

サニックスでんきの口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電力会社リアルチェック|おすすめの電力会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

まとめ

サニックスでんきは新電力会社ではあまり知名度はありませんが、運営が東証一部上場企業のサニックスということで大手です。

特徴的なポイントは料金体系が独特なところです。

料金体系を見ると一人暮らしなどの電力使用量が少ない家庭より大家族がお得になるプランになっています。

一応シミュレーションして比較していますが、東京なら50Aで月450kWhなど使用する家庭なら選択肢に入れても良いかと思います。

それ以外の方も含めおすすめの電力会社のプランをいくつか紹介しておきますのでチェックされると良いかと思います。

一人暮らしなど電気使用量が少ない

一人暮らしなど電気使用量が少ないのであれば【自然電力のでんき「SE Debut」】や【HTBエナジー「たのしいでんき」】、

ある程度電気を使うしキャンペーンでお得にということなら

電気料金も比較的安く、キャンペーンも魅力的ということなら【自然電力のでんき「SE30%」】や【エルピオでんき】、

電気使用量が少なく特典が魅力的な

電気使用量が少ない家庭で特典が魅力的な方なら【丸紅新電力「Hプラン」

あたりをチェックしてみると良いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました