坊ちゃん電力の電気料金と他の電力会社と比較|デメリット・口コミ・評判

坊ちゃん電力
管理人
管理人

坊ちゃん電力は中国・四国地域でCMが流れていたりするのでご存じの方もいるかと思います。

「知名度は低いが安い!」というところがキャッチコピーだったりします。

では坊ちゃん電力の電気料金は安いのか他の電力会社と比較、デメリット・口コミ・評判なども紹介していきたいと思います。

ここでは

・坊ちゃん電力の電気のチェックポイント
・坊ちゃん電力の会社概要
・坊ちゃん電力の電気の料金プランの特徴
・坊ちゃん電力の電気と他の電力会社と比較
・坊ちゃん電力の電気のデメリット
・坊ちゃん電力の電気まとめ

とうところを紹介していきたいと思います。

坊ちゃん電力の口コミを投稿する

坊ちゃん電力の電気のチェックポイント

ではまず先におさえておきたいポイントをまとめると

中国・四国地域である程度の知名度あり
対象エリアは東北電力エリア|東京電力エリア|中部電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア
違約金、解約金はかからない
契約事務手数料2,500円がかかる

というところでしょうか。

中国・四国地方中心に知名度がありますが、対象エリアは広いです。

違約金、解約金はかかりませんが、契約事務手数料2,500円がかかるのでここは注意点です。

ちょっとどういった会社なのかわからない方も多いと思いますのでまずは会社概要から紹介したいと思います。

坊ちゃん電力の会社概要

会社名株式会社坊っちゃん電力
本社所在地愛媛県松山市南吉田町30-1
設立2015年5月27日
資本金11,000,000円
事業内容電力の小売事業

となっています。

では坊ちゃん電力の電気の料金プランの特徴を見ていきたいと思います。

坊ちゃん電力の電気の料金プランの特徴

まず供給エリアは

東北電力エリア|東京電力エリア|中部電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア|

中国電力エリア、四国電力エリアがメインでしょうか

料金プランは電力エリアによって違いがあり、大体どのエリアも3つ~5つ程度のプランがあります。

ここでは四国電力エリアで見ていきたいと思います。

四国電力エリアの料金プランは

・坊っちゃんプラン(従量電灯A相当)
・マドンナプラン(時間帯で電気料金が変わる)
・赤シャツプラン(従量電灯B相当)
・山嵐プラン(低圧電力相当)

となっています。

坊っちゃんプラン(従量電灯A相当)

最低料金100kWhまで2,444.44円
電力量料金100kWhをこえ300kWhまでの1kWhにつき23.42円
300kWhをこえる1kWhにつき25.46円

マドンナプラン

基本料金1契約につき最初の10kVA1,527.77円
上記をこえる1kVA356.48円
電力量料金午前9時から午後5時まで40kWhまでの1kWhにつき20.37円
40kWhをこえ90kWhまでの1kWhにつき27.50円
90kWhをこえる1kWhにつき34.62円
午後5時から午後11時まで1kWhにつき26.48円
午後11時から翌日午前9時まで1kWhにつき14.25円

赤シャツプラン(従量電灯B相当)

基本料金契約容量1kVAにつき336.11円
電力量料金120kWhまでの1kWhにつき15.27円
120kWhをこえ300kWhまでの1kWhにつき20.37円
300kWhをこえる1kWhにつき23.42円

山嵐プラン(低圧電力相当)

基本料金契約電力1kwにつき1,018.51円
電力量料金夏季1kWhにつき15.27円
その他季1kWhにつき14.25円

※2020年10月3日時点

プランがいくつかあって自分に合ったプランを選べるのはポイントですね。

まずは基準として「坊っちゃんプラン(従量電灯A相当)」と「四国電力従量電灯A」を比較してみたいと思います。

坊っちゃんプラン(従量電灯A相当)と四国電力従量電灯Aと比較

いくつかの電気使用量で比較するとこうなりました。

坊っちゃんプラン四国電力従量電灯A
100kWh2444.442224.33
150kWh3615.443441.43
200kWh4786.444790.93
300kWh7128.447489.93
400kWh9674.4410087.24
500kWh12220.4413589.93
600kWh14766.4416639.93
700kWh17312.4419689.93

ここでわかることは電気使用量が少ない家庭では坊っちゃんプランは割高で200kWhあたりから安くなるという料金体系になっています。

では坊ちゃん電力の電気と他の電力会社と比較してみたいと思います。

坊ちゃん電力の電気と他の電力会社と比較

比較するのは坊っちゃんプランと一般家庭向けの四国電力従量電灯A相当で比較して計算してみたいと思います。

実際に計算して比較するとこうなりました。

坊っちゃんプランエルピオでんき
使った分だけ Sプラン
楽天でんき
プランS
シン・エナジー
きほんプラン
ENEOSでんき
四国Aプラン
Looopでんき
おうちプラン
100kWh2444.44239424502113.392223.442440
150kWh3615.44359136753315.193408.243660
200kWh4786.44478849004639.194704.244880
300kWh7128.44718273507287.197296.247320
400kWh9674.449576980010068.1910087.249760
500kWh12220.44119701225012849.1912878.2412200
600kWh14766.44143641470015630.1915669.2414640
700kWh17312.44167581715018411.1918460.2417080
エルピオでんきを確認楽天でんきを確認シン・エナジーを確認ENEOSでんきを確認 Looopでんきを確認

坊っちゃんプランも電気使用量が多くなるとなかなか安いですが、他にもお得になる電力会社のプランはありますね。

四国電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

ただ、これ以外にもチェックしておくべきポイントがありますのでメリットデメリットで紹介したいと思います。

坊ちゃん電力のメリット・デメリット

坊ちゃん電力のデメリット

契約事務手数料がかかる

1契約ごと(初回電力切替時のみ)2,500円かかります。

契約事務手数料がかかる電力会社はあまりないのでこれはデメリットです。

 

他にもお得になる電力会社はある

私の計算では他にも安くなる電力会社のプランはあると思います。

もちろんプランや電気使用量などによってもどこが良いのかは変わってくるのでご自身でチェックする必要はあります。

坊ちゃん電力のメリット

違約金はかからない

解約違約金はかかりませんが契約事務手数料がかかるので気になるところです。

プランが豊富

どのエリアも比較的プランが多く、電気を使う時間帯で料金が変わるプランなどもあったりします。

では坊ちゃん電力の口コミ・評判を見てみたいと思います。

坊ちゃん電力の口コミ・評判

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

管理人
管理人

どこの電力会社のプランとの比較かはわかりませんが、安くなったという声がありますね。

 

まとめ

坊ちゃん電力はあまり知名度はありませんが、全国いろいろな電力エリアを対象としていて、四国や中国地方での知名度がある電力会社です。

では料金はというと一般家庭向けの坊っちゃんプランでは電力使用量が少ない家庭では割高になってしまう傾向があって、ある程度電力使用量が多い家庭だと安くなる料金設定です。

他にもお得な電力会社と比較すると比較的安いほうではあると思いますが、他にも安い電力会社はありますね。

それに契約事務手数料2,500円かかるというのは痛いところです。

それでも坊ちゃん電力が向いていてお得になる可能性がある方は「マドンナプラン」など利用する時間で料金が変わるプランでそれに合致した方ということになりますが、他の電力会社もそういったプランがあってお得なところもあるので比較してからということになるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました