東京で一人暮らしでおすすめの電力会社比較|電気料金・割引特典・キャンペーン

地域・エリア

電力自由化になっていろいろな企業が電力事業に参入していますが、特に東京電力エリアは多くの企業が参入していてかなり多くの企業が電気を販売しています。

管理人
管理人

正直東京電力エリアはかなり多いのでどの電力会社のどのプランが良いのかわからない!という方も多いと思います!

さらに一人暮らしとなると電力使用量のそれほど多くはないし、マンションの方も多いと思います。
もしかしたら引越しもあるかも・・・となると解約手数料なども気になるところです。

 

管理人
管理人

シミュレーションすれば大体電気料金がお得な電力会社のプランはわかりますけど、電気料金が安いだけでは見てはいけないんですよね。

特に一人暮らしは

それに最近はポイントでお得になるプランも増えてきていたりしますし。

といったところで東京電力エリアで一人暮らしにおすすめの電力会社のプランを紹介したいと思います。

 

東京で一人暮らしでおすすめの電力会社を選ぶ前に

まず東京で一人暮らしでおすすめの電力会社を探す前にチェックしておくべきポイントがあります。

・電気料金
・割引特典・ポイント
・キャンペーン
・解約手数料・違約金

この4つかなと思います。

電気料金

当然電気料金が安い電力会社のプランです。

プランもいろいろあって電気の時間帯によって料金が変わるプランがある電力会社もあります。

割引特典・ポイント

電気料金はそれほど安くならないけど、割引とか特典、ポイントなどが付く電力会社やプランがあったりもします。

キャンペーン

電力会社によっては定期的にキャンペーンなども行っています。

「〇,〇〇〇円キャッシュバック」や「基本料金半額」など電力会社や時期によっても違います。

解約手数料・違約金

電力会社のプランによっては解約手数料や違約金がかかるところがあります。

例えば1年以内の解約で〇,〇〇〇円の解約金などです。

解約手数料や違約金がかからない電力会社も多くあります。

管理人
管理人

このあたり押さえておくべきポイントかと思います。

そして、これを踏まえて東京電力エリアで一人暮らしでおすすめの電力会社とプランを紹介していきたいと思います。

東京で一人暮らしでおすすめの電力会社比較

丸紅新電力Hプラン

丸紅新電力公式サイトトップ

東証一部上場企業の丸紅の電気事業です。

丸紅新電力ではいくつかのプランがありますが、その中で一人くらいにお得になるのが「プランH」です。

「プランH」は動画配信サービスのHuluがセットになっているプランでプランHを利用中は丸紅新電力がHuluの料金を負担してくれます。

1年間でHulu利用料金は合計で12,312円になります。

で実際にどれくらいお得になるのかと計算してみました。

プランH(Hulu利用料分を引いて計算) 東京電力従量電灯B
10A100kWh 21840 27288
20A150kWh 36144 45024
20A300kWh 83808 92688
30A200kWh 52032 64344
30A300kWh 83808 96120

電力使用量が少ない家庭ではかなりお得になります。

ただ、解約すると違約金がかかるので注意と動画配信サービスを利用しない、Huluを見ないという方にはメリットにはなりませんがお得という点ではかなり良いと思います。

丸紅新電力の料金料金を他の新電力会社と比較・デメリット
管理人 丸紅新電力は東証一部上場企業「丸紅」の子会社が運営している電力サービスです。 ウリとしてはオンライン動画配信サービスHuluが見られるセットになっているプランがあります。 ここでは ・丸紅新電...

ENEOSでんきVプラン

知名度ある電気サービスです。

チェックポイント 評価(10点満点中) 備考
電気料金 7点 一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭におすすめ
解約違約金 10点 かからない「にねん とく2割はかかる」
特典・ポイント 9点 特典が豊富
キャンペーン 7点 定期的に開催

月の電気料金

10A100kWh 2274
20A150kWh 3693.8
20A300kWh 7374.8
30A200kWh 5206.8
30A300kWh 7660.8
40A200kWh 5492.8
40A400kWh 10568.8
50A300kWh 8232.8
50A500kWh 13476.8
60A600kWh 16384.8

ENEOSでんきは知名度も高く利用者も多いです。

まず一人暮らしなど電力使用量が少ない家庭でも比較的お得になる料金体系になっています。

さらにENEOSでんきの場合は割引特典などが豊富です。

・にねん とく2
・ENEOSカード・シナジーカード割引
・特別提携カードでポイント・マイルが通常よりも多くつく
・Tポイントが貯まる
・でんきの困った駆けつけサービス
・ENEOSでんきの見える化サービス

にねん とく2割に加入して2年以上継続して利用されている方には適用開始から24ヵ月間、電気料金1kWh0.20円(税込)割引してくれます。

ただ、にねん とく2割は更新月以外の解約は解約手数料1,100円(税込)がかかるので注意です。

一人暮らしで引越しもあるという方はにねん とく2割は微妙ですがそれ以外にも割引特典が多いのでおすすめです。

あとENEOSカードは必須ですね。

キャンペーンも定期的に行っていてチェックです。

ENEOSでんきの電気料金と他の電力会社を比較|口コミ・評判・デメリット
ENEOSといえばガソリンスタンドなどガス関連の事業で有名ですが電気のサービスも行っています。 よくお得なキャンペーンを行っているというイメージもありますね。 ENEOSでんきのキャンペーンをチェック ではENEOSでんきについて紹...

エルピオでんき「使った分だけ Sプラン」

次に紹介するのがエルピオでんきです。

チェックポイント 評価(10点満点中) 備考
電気料金 8点 かなり安い方
電力使用量が多くなる家庭でおすすめ
解約違約金 10点 かからない
特典・ポイント 8点 多数
キャンペーン 8点 随時開催で魅力的

月の電気料金

10A100kWh
20A150kWh
20A300kWh
30A200kWh 5237.2
30A300kWh 7540.2
40A200kWh 5190
40A400kWh 10071
50A300kWh 7750.4
50A500kWh 12906.4
60A600kWh 15753.24

まず20A以下は契約できませんので電気使用量が少ない家庭では不向きなところはありますが30A以上の家庭ではおすすめの一つです。
30A以上で電気使用量が全体的にかなり安い料金設定になっています。

そして、なんといっても魅力的なキャンペーンを行っていることが多いです。

一人暮らしだと正直電気使用量で言うとそんなにどこもあまり変わらないのですが、キャンペーンでは結構お得なところも多いので1年スパンなどで見ると結構お得だったりします。

エルピオでんきの口コミ・評判と他の電力会社と電気料金を比較|本当に安いのかを調査
エルピオでんきは電気料金が安いということで評判になっていますけど、実際にお得になるのかいろいろな新電力会社と比較したり口コミ・評判を見るなど様々な角度からどういった方におすすめなのかを紹介していきたいと思います。 またエルピオでんきは...

HTBエナジー・HISでんきウルトラ&プライム東京

電気使用量が安い電力サービスです。

チェックポイント 評価(10点満点中) 備考
電気料金 9点 全体的にかなり安い
解約違約金 5点 1年未満の解約の場合、2,000円(税別)の解約違約金が必要
特典・ポイント 5点 これといって特にない プランによってはあり
キャンペーン 7点 定期的に行っている

月の電気料金

10A100kWh
20A150kWh 3676.66
20A300kWh 7569.16
30A200kWh 5094.7
30A300kWh 7653.6
40A200kWh 5196.88
40A400kWh 10446.88
50A300kWh 7777
50A500kWh 12485
60A600kWh 14982

まず20Aから利用できます。

料金だけでいうと、どのA(アンペア)、電力使用量でも全体的にトップクラスに安いので電気料金重視の方におすすめの電力会社です。

ただし、1年未満の解約の場合、2,000円(税別)の解約違約金が必要なので1年以上そこに住むということが確実な方ならおすすめの一つです。

キャンペーンも定期的におこなっているのでチェックしてみてください。

HTBエナジー「HISでんき」の口コミ・評判・デメリット|他の電力会社と比較
管理人 HTBエナジー「HISでんき」を紹介したいと思います。 まずはHTBエナジーのサービスですが、このHTBエナジーは旅行会社のHISのグループ会社になります。 ではHTBエナジー「HISでんき」を...

 

管理人
管理人

一人暮らしだと電気料金で比較してもそこまで差は出ません。

なのでもっと違う部分も含めて考えることが大事です。

やっぱりキャンペーンや特典などがポイントになってくるかと思います。

関東(東京)エリアで一人暮らしで電気料金をお得に安くする方法

といったところで

管理人
管理人

まず一人暮らしで電力をほとんど使わない家庭だと、いろいろな電力会社を比較すると1年間で数百円程度の違いにしかならない場合がほとんどだと思います。

管理人
管理人

ここまで料金体系の話をしてきましたけど、本当にお得に利用する方法で外せないのは「キャンペーン」ですね。

キャンペーンをチェック

電力会社によって申し込みキャンペーンを行っています。
このキャンペーン内容は電力会社によって違いますが、かなりお得なキャンペーンを行っているところもあったりします。

例えば初月電気料金無料だったり、10,000円分のAmazonギフトプレゼントなど様々です。

【2020年11月更新】電力会社キャンペーン比較一覧
電力会社 期限 キャンペーン内容 キャンペーンはこちら 自然電力のでんき 2020年11月30日まで Amazonギフト券 最大8,000円分 エネチェンジ エルピオでんき 2020年10月31...

もし10,000円分のAmazonギフトプレゼントのキャンペーンを行っている電力会社で、1年間の電気料金が40,000円だった場合、実質30,000円と考えることもできます。

もし電力会社を変えると電気料金が高くなってしまったとしても、こういったキャンペーンを利用することで1年スパンで計算すると実質安くなる可能性もあります。

ただ、注意点として

キャンペーンも条件があって、「契約から〇ヵ月継続が必要」などの条件があったりするのでキャンペーンにどのような条件があるのかしっかりチェックが必要です。

では一人暮らしでチェックしておきたい電力会社を紹介したいと思います。

まとめ

まとめると一人暮らしで電力使用量が少ないのであれば電気料金よりもそれ以外の特典やポイント、キャンペーンなどを重視して選ぶ方がお得になる可能性があると思います。

ただし、キャンペーンや特典には条件があったりもするのでそこはしっかりチェックする必要があります。

ひとそれぞれ重視するポイントで選択する電力会社も変わってくると思いますので上で紹介したポイントなどをチェックして自分におすすめの電力会社のプランを選ぶのが良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました