ENEOSでんきは一人暮らしでは電気料金が安いのか|電気料金をいろいろ比較

ENEOSでんき

ENEOSでんきは知名度もあって多くの方が利用されています。

実際、旧電力会社よりも電気料金も安くなるということで乗り換えている人も多いと思います。

結論から言うとENEOSでんきは一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭の場合は結構お得です。

特典も多く、キャンペーンなどもやっています。

ENEOSでんきのキャンペーンをチェック

ただ、電気料金が安くなるといっても電力エリアや電気使用量、A(アンペア)などによっても変わってきます。

特に電力使用量が多い場合にはお得になることが多いですが、電力使用量が少ない家庭では若干お得になるとか逆に高くなってしまうことも良くあります。

ではENEOSでんきは一人暮らしなど電力使用量が少ない家庭ではお得になるのかいろいろなパターンで比較して紹介したいと思います。

ここでは

・ENEOSでんきと旧電力会社を比較
・ENEOSでんきと新電力会社を比較
・ENEOSでんきの特典をチェック
・キャンペーンをチェック

というところを紹介していきたいと思います。

ENEOSでんきと旧電力会社を比較【電力使用量少ないバージョン】

東京電力エリア

単位ENEOSでんきVプラン東京電力従量電灯B
基本料金(1か月あたり)契約電流10A1契約286286
15A429429
20A572572
30A858858
40A1,144.001144
50A1,430.001430
60A1,716.001716
電力量料金第1段階料金120kWhまで1kWh19.8819.88
第2段階料金120kWhを超え300kWhまで24.5426.48
第3段階料金300kWhを超えたもの26.2230.57

料金表を比較してみると

電力量料金120kWhからお得になる料金体系になっています。

実際これを計算すると

ENEOSでんきVプラン東京電力従量電灯B
10A100kWh2274.002274.00
10A150kWh3407.803466.00
20A100kWh2560.002560.00
20A150kWh3693.803752.00
20A200kWh4920.805076.00
30A200kWh5206.805362.00
30A300kWh7660.808010.00

次は関西電力エリアで比較してみます。

関西電力エリア

ENEOSでんきAプラン関西電力従量電灯A
最初の15kWhまで285341.02
15kWh~120kWhまで1kWh20.3120.32
120kWhを超え300kWhまで1kWh23.9925.8
300kWhを超えたもの1kWh26.829.29

関西電力エリアの場合、電力使用量が少ない場合でも若干お得になる料金体系になっています。

これを計算すると

ENEOSでんきAプラン関西電力従量電灯A
100kWh2011.352068.22
150kWh3137.253248.62
200kWh4336.754538.62
300kWh6735.757118.62

といった感じになります。

旧電力会社から乗りあえるなら電力使用量が少ない一人暮らしの家庭でもお得になるパターンばかりだと思います。

では一人暮らしでENEOSでんきと他の電力会社と比較してみたいと思います。

ENEOSでんきと新電力会社を比較【電力使用量少ないバージョン】

比較するのは「あしたでんき」と「HTBエナジー」とで比較したいと思います。

まずは東京電力エリアで東京電力従量電灯B相当のプランで計算すると

ENEOSでんき
Vプラン
あしたでんき
標準プラン
HTBエナジー
10A100kWh2274.002600.00
10A150kWh3407.803900.00
20A100kWh2560.002600.002508.56
20A150kWh3693.803900.003676.66
20A200kWh4920.805200.004974.16
30A200kWh5206.805200.005094.70
30A300kWh7660.807800.007653.60
あしたでんきをチェックHTBエナジーをチェック

ENEOSでんきは結構安いですね。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

次は関西電力エリアで関西電力従量電灯Aプランで計算すると

ENEOSでんき
Aプラン
あしたでんき
標準プラン
HTBエナジー
ウルトラ 関西 
100kWh2011.3522001881.98
150kWh3137.2533002955.88
200kWh4336.7544004129.38
300kWh6735.7566006476.38
あしたでんきをチェックHTBエナジーをチェック

といった計算結果になりました。

関西電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

関西電力エリアでも結構安いのですが、一部他のにも安くなる電力会社はあるということです。

ENEOSでんきの特典をチェック

ENEOSでんきには特典がいろいろあります。

・にねん とく2割
・ENEOSカード・シナジーカード割引
・特別提携カードでポイント・マイルが通常よりも多くつく
・Tポイントが貯まる
・でんきの困った駆けつけサービス
・ENEOSでんきの見える化サービス

にねん とく2割

「にねん とく2割」に加入して2年以上継続して利用されている方には適用開始から24ヵ月間、電気料金1kWh0.20円(税込)割引してくれます。

3年以上継続するとさらに割引額が上がって電気料金1kWh0.30円(税込)割引になります。

※更新月以外の解約は解約手数料1,100円(税込)がかかる

ENEOSカード・シナジーカード割引

電気料金をENEOSカード・シナジーカードで支払うと電気料金から月額100円(税込)割引されます。

特別提携カードでポイント・マイルが通常よりも多くつく

現時点では「ANAカード、ビューカード、ティーエスキュービックカード、レクサスカード、エポスカード、エムアイカード、dカード」などの特別提携カードで支払うと通常のポイントよりも多くのポイントが付きます。

なのでENEOSカードを持っている方はENEOSカードで、持っていない方はENEOSカードか上のカードがお得ということになります。

Tポイントが貯まる

もし上のカードを持っていない方は別のカードで支払った場合でもTポイントが貯まります。

ENEOSカード、シナジーカード、特別提携カードで支払う場合、法人利用や、一部特定の代理店を経由した場合はTポイントは貯まりませんので注意してください。

ということで

・長く継続すると割引されてお得になる
・支払い方法でポイントが付いたり割引されたりお得になる方法がいくつかある
ということです。

一人暮らしなどの電気使用量が少ない家庭では比較的電気料金も安いですし、特典も多いです。

 

電力使用量が少ない場合はいろいろ電力会社の電気料金を比較してもお得になる料金は数百円とか数十円程度です。

もっとお得にということならキャンペーンを重視するべきかと思います。

キャンペーンをチェック

結構いろいろな電力会社でキャンペーンなどを行っています。

このキャンペーンは4000円分のギフト券プレゼントや〇ヵ月基本料金無料など電力会社によって違いますが、1年間で数千円から1万円以上お得になることもあります。

例えばエネオスではこういったキャンペーンを行っていたりします。

他にも10000円以上のギフトカードプレゼントなどのキャンペーンを行っているところもあるので電気料金はそれほどお得にならないけど1年スパンで考えるとかなりお得になる可能性もありますのでキャンペーンなどを重視されると良いのかなと思います。

ただ、おそらく一人暮らしならマンションなど賃貸住宅という方も多いと思います。

もしかしたら近いうちに引越しをされる方もあるかもしれません。
一応こういったキャンペーンの条件として〇ヵ月継続利用が条件というのも多いのでそのあたりは注意してください。

ENEOSでんきのキャンペーンをチェック

まとめ

ENEOSでんきは料金体系から旧電力会社よりも一人暮らしなど電気使用量が少なくてもお得になります。

いろいろある新電力会社と比べても電力使用量が少ない家庭にはENEOSでんきはおすすめの一つかなと思います。

あと2年割などでもう少しお得になったりもしますが、途中解約で違約金もあるのでマンションなど引越しの可能性もある方はしっかり検討ですね。

一人暮らしとかだと本当に少ししかお得にならないですし、それほど変わらないのでキャンペーンなどを重視して乗り換えを検討する方が良いかもしれません。

というのが私の意見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました