自然電力のでんきの口コミ・評判・デメリット・他の新電力会社と比較

自然電力のでんき

ここでは自然電力のでんきについて紹介したいと思います。

あまり知名度はないけどどうなの?

結構評判いいみたいだけど?

といった感じで自然電力のでんきも気になるという方も多いと思います。

そこでここでは様々な実際に利用している方の口コミ、評判、実際の電気料金を他の電力会社との比較などをして様々な角度から自然電力のでんきがおすすめなのかどうなのかを見ていきたいと思います。
管理人
管理人

私もこれまで40ほどの新電力会社を調べて比較してきましたので、ここを見ていただければ自然電力のでんきがあなたにとっておすすめなのかの参考になる情報を紹介できるのかなと思っています。

では早速ですが、一番気になっているのが電気料金のところだと思いますので、

先に結論を行ってしまうと

電気料金で言うと結構安い電力会社ですね!ただ、市場連動型なので価格が変動して高くなる場合もあります。
管理人
管理人

2019年12月にシミュレーションした結果では「SE30%」ならかなりお得かなと思いました。

しかも電力会社(プラン)一括比較サイトのエネチェンジでは自然電力のでんきの申し込みで最大〇〇,〇〇〇円分お得になるキャンペーンを行っています!

さらにお得になる可能性の高い新しいプランの「SE Debut」はキャンペーン対象外なので自然電力のでんきの公式サイトからの利用になると思います。

「SE Debut」なら一人暮らしでも今の電気料金よりもお得になる可能性があります。

といったところでここでは

・自然電力のでんきのチェックポイント
・自然電力のでんきのデメリット
・自然電力のでんきの口コミ・評判
・自然電力のでんきと他の電力サービスと比較
・自然電力のでんきの概要

を紹介していきたいと思います。

自然電力のでんきの口コミを投稿する

自然電力のでんきのチェックポイント

ではまず先におさえておきたいポイントをまとめると

・料金体系は市場連動型
・プランは「SE Debut」、「SE30%」、「SE100%」3つ
・対象エリアは広い
・解約金は発生しない

というところでしょうか。

市場連動型なので料金が変動する

まずはここを押さえておく必要があります。

自然電力のでんきは市場連動型なので市場価格に連動して料金が決まります。

まずこちらの表を見ていただくのが早いと思います。

引用:自然電力のでんき

「従量料金」内にある「電気を買う費用」というところがポイントで、国内で唯一の卸電力取引市場の日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場(翌日に発電または販売する電気を前日までに入札し、売買を成立させる)の価格に連動しており、この価格は30分ごとに決まります。

なので市場価格が安い時は安くなり、高い時には高くなるということになります。
ここの市場価格がどうなのかでも料金が変わってきます。
この計算がややこしくてなかなかわかりにくいんですよね。

東京電力エリアで紹介すると

電気を送る費用(基本料金・従量料金)

内訳 契約種別 単位 料金単価
基本料金 実量契約 1kWにつき 214.50 円
SB・主開閉器契約 10Aまたは1kVAにつき 143.00 円
従量料金 実量契約 1kWhにつき 7.45 円
SB・主開閉器契約

事業を行う費用

内訳 プラン 単位 料金単価
従量料金 SEデビュー 1kWhにつき 4.00 円
SE30 4.40 円
SE100 5.40 円

電気を買う費用

上でも紹介した市場連動価格で決まるので日本卸電力取引所(JEPX)で30分ごとの価格をチェックすです。

これはなかなかわかりにくいので平均値で紹介してくれています。

引用:自然電力のでんき

価格は大体夕方から夜に上がるという傾向にあるようです。

再エネ賦課金に関してはこれは基本的にかかる価格です。

さあこれをあなたの家庭の電気使用量に照らし合わせて一つ一つ計算していきましょう!ってなってもなかなか難しいですし、実際わかりませんよね。

ということで自然電力の電気のプラン別の2016年4月から2019年3月までの3年間の市場価格に基づいた参考値を紹介したいと思います。

あくまで「2016年4月から2019年3月までの3年間の市場価格に基づいた参考値」なので実際とは料金に違いがあります。

プランは「SE Debut」、「SE30%」、「SE100%」3つ

まずは料金プランから紹介していきたいと思います。

自然電力のでんきの料金プラン

「SE100%(自然エネルギー100%)」のプランと「SE30%(自然エネルギー30%)」のプランがあります。

そして、新しく「SE Debut」というプランが出てきています。

SE100%

エリア 基本料金 従量料金
北海道電力 184.80円/kVA 29.59円/kWh
東北電力 126.50円/kVA 26.52円/kWh
東京電力 143.00円/kVA 24.90円/kWh
中部電力 126.50円/kVA 24.48円/kWh
北陸電力 132.00円/kVA 23.47円/kWh
関西電力 198.00円/6kVAまで 24.39円/kWh
中国電力 132.00円/6kVAまで 25.29円/kWh
四国電力 214.50円/6kVAまで 25.19円/kWh
九州電力 143.00円/kVA 23.48円/kWh

※2020年7月4日時点
※基本料金の1kVAは10Aに相当します
※上記の参考値は、消費税込みです。
※沖縄エリアおよび離島へのサービスは、現時点で予定しておりません。
※従量料金は市場価格に応じて変動する電力調達費が含まれます。上記金額は2016年4月から2019年3月までの3年間の市場価格に基づいた参考値で、実際に適用される単価とは異なります。
※市場価格は、JEPXウェブサイトの「取引情報」から確認できます。http://www.jepx.org/market/

これはそのまま自然エネルギーを100%使っている環境に優しいエネルギーということがいえます。

管理人
管理人

自然環境を大事にしたいという方にはこちらですね。

SE30%

・環境への優しさも価格も重視
・できる範囲でCO2も減らしたい方向け
・SE100%よりも料金が安くなる可能性が高い
エリア 基本料金 従量料金
北海道電力 184.80円/kVA 28.59円/kWh
東北電力 126.50円/kVA 25.52円/kWh
東京電力 143.00円/kVA 23.90円/kWh
中部電力 126.50円/kVA 23.48円/kWh
北陸電力 132.00円/kVA 22.47円/kWh
関西電力 198.00円/6kVAまで 23.39円/kWh
中国電力 132.00円/6kVAまで 24.29円/kWh
四国電力 214.50円/6kVAまで 24.29円/kWh
九州電力 143.00円/kVA 22.48円/kWh

※基本料金の1kVAは10Aに相当します
※上記の参考値は、消費税込みです。
※沖縄エリアおよび離島へのサービスは、現時点で予定しておりません。
※従量料金は市場価格に応じて変動する電力調達費が含まれます。上記金額は2016年4月から2019年3月までの3年間の市場価格に基づいた参考値で、実際に適用される単価とは異なります。
※市場価格は、JEPXウェブサイトの「取引情報」から確認でき ます。http://www.jepx.org/market/

SE Debut

・自然エネルギーを増やしたい方向け
・SE100%やSE30%よりも料金が安くなる可能性がある
2020年4月13日時点では【SE Debut】というプランが出てきています。
エリア 基本料金 従量料金
北海道電力 184.80円/kVA 28.19円/kWh
東北電力 126.50円/kVA 25.12円/kWh
東京電力 143.00円/kVA 23.50円/kWh
中部電力 126.50円/kVA 23.08円/kWh
北陸電力 132.00円/kVA 22.07円/kWh
関西電力 198.00円/6kVAまで 22.99円/kWh
中国電力 132.00円/6kVAまで 23.89円/kWh
四国電力 214.50円/6kVAまで 23.79円/kWh
九州電力 143.00円/kVA 22.08円/kWh
※基本料金の1kVAは10Aに相当します
※上記の参考値は、消費税込みです。
※沖縄エリアおよび離島へのサービスは、現時点で予定しておりません。
※従量料金は市場価格に応じて変動する電力調達費が含まれます。上記金額は2016年4月から2019年3月までの3年間の市場価格に基づいた参考値で、実際に適用される単価とは異なります。
※市場価格は、JEPXウェブサイトの「取引情報」から確認できます。http://www.jepx.org/market/
管理人
管理人

この料金プラン結構お得かもしれません。

まとめるとこうなります。
エリア 基本料金 従量料金
SE100% SE30% SE Debut
北海道電力 184.80円/kVA 29.59円/kWh 28.59円/kWh 28.19円/kWh
東北電力 126.50円/kVA 26.52円/kWh 25.52円/kWh 25.12円/kWh
東京電力 143.00円/kVA 24.90円/kWh 23.90円/kWh 23.50円/kWh
中部電力 126.50円/kVA 24.48円/kWh 23.48円/kWh 23.08円/kWh
北陸電力 132.00円/kVA 23.47円/kWh 22.47円/kWh 22.07円/kWh
関西電力 198.00円/6kVAまで 24.39円/kWh 23.39円/kWh 22.99円/kWh
中国電力 132.00円/6kVAまで 25.29円/kWh 24.29円/kWh 23.89円/kWh
四国電力 214.50円/6kVAまで 25.19円/kWh 24.29円/kWh 23.79円/kWh
九州電力 143.00円/kVA 23.48円/kWh 22.48円/kWh 22.08円/kWh

※基本料金の1kVAは10Aに相当します
※上記の参考値は、消費税込みです。
※沖縄エリアおよび離島へのサービスは、現時点で予定しておりま せん。
※従量料金は市場価格に応じて変動する電力調達費が含まれます。上記金額は2016年4月から2019年3月までの3年間の市場価格に基づいた参考値で、実際に適用される単価とは異なります。
※市場価格は、JEPXウェブサイトの「取引情報」から確認でき ます。http://www.jepx.org/market/

自然エネルギーを100%となるとどうしてもコストがかかってしまうということで料金も高くなっています。
そこで自然エネルギーを30%にすることで料金が安くなるということです。
さらにSE Debutなら安くなる可能性があります。

対象エリアは広い

対象エリアは比較的広く

北海道電力エリア|東北電力エリア|東京電力エリア|中部電力エリア|北陸電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア

です。

沖縄電力エリア以外が対象なので多くの方が利用できます。

沖縄電力エリアの方はこちらもチェックしてみてください。

解約金は発生しない

これは公式サイトにも記載されているのですが、

契約期間は、供給開始日以降1年契約の自動更新となります。
契約期間内に契約を解除されても、解約金は発生いたしません。

となっています。

管理人
管理人

ちなみに解約金が発生する電力会社と発生しない電力会社の比率でいうと私の知っている限りでは発生しない電力会社の方が多いと思います。

では次は自然電力のでんきのデメリットを紹介したいと思います。

自然電力のでんきのデメリット

市場連動型なので料金がはっきりわからない

上でも紹介した通り市場連動型なので「電気を買う費用」の部分が30分おきに価格が変わるので過去の料金を参考にしてある程度しか料金が出せません。

何かの事故で電気料金が一気に上がる可能性もあるということも頭に入れておかないといけません。

あと

2018年10月まではデポジット制度というものがあって、最初の契約完了時に預かり金として5,000円支払わないと行けなかったんですけど、現在はデポジット制度は終了しています。

まあ結局返金はされるんですけど、ちょっと気になる部分ではありますよね。
でもそれももうありません。

では評判を見てみたいと思います。

自然電力のでんきの評判・口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

やっぱり魅力は自然エネルギーですね。

管理人
管理人

SE100%は電気料金はちょっと高いけど自然には優しいということですね。

地球に優しいということを考えるならチェックですね。

料金を安くということなら「SE Debut」ですね。

それでは他の電力会社と比較してみたいと思います。

自然電力のでんきと他の電力サービスと比較

自然電力のでんきと関西電力を比較

まずは自然電力のでんきと関西電力を比較してみたいと思います。

一緒にやってみてもらえると良いかなと思います。

2019年7月にシミュレーションしたときで

条件は

・関西電力
・対象月1月
・1月使用料「200kWh」と「500kWh」

で計算してみたいと思います。

SE100% SE30%
200kWh 年間7,620円高くなる 年間5,764円高くなる
500kWh 年間1,669円お得になる 年間6,308円お得になる

という結果がでました。

追記:2019年12月9日にシミュレーション

さらに改めて2019年12月9日にシミュレーションしてみました。

条件は

・関西電力(従量電灯A)
・対象月11月
・11月使用料「200kWh」と「500kWh」
・在宅状況(両方時々いる)

SE100% SE30%
200kWh 年間 1,610円安くなる 年間 4,428円安くなる
500kWh 年間30,842円安くなる 年間37,893円安くなる

という結果がでました。

以前と料金も変わっていてシミュレーション入力条件も変わっているようですし、条件を変えて行ってみましたけど、それでも以前よりもかなり安くなるというシミュレーション結果が出ましたね。

追記:2020年4月12日にシミュレーション

そして、2020年4月12日にシミュレーションしてみました。

条件は

・関西電力
・全部の月の電気使用量「150kWh(年間電気使用量1,800kWh)」と300kWh(年間電気使用量3,600kWh)

使用電力 関西電力「従量電灯A」 自然電力のでんき
SE100% SE30% SE Debut
月150kWh(年間電気使用量1,800kWh) 44,924円/年 47,310円/年 45,510円/年 44,790円/年
月300kWh(年間電気使用量3,600kWh) 97,329円/年 92,267円/年 88,667円/年 87,227円/年

という結果がでました。

150kWhといえば一人暮らしレベルの電力使用量ですから「SE Debut」なら一人暮らしでももしかしたら電力会社乗り換えもアリかもしれないプランということが言えそうです。

2人以上や4人家族などは当然さらにお得になるので選択肢に入ってくるかと思います。

その他の業者と比較してみる

自然電力のでんきと、知名度のある【楽天でんき「プランS」】と【あしたでんき「標準プラン」】で比較したいと思います。

まず2019年7月にシミュレーションしてみました。
条件は

・関西電力
・対象月1月
・1月使用料「200kWh」と「500kWh」

で計算してみたいと思います。

それぞれ関西電力との比較になります。

SE100% SE30% 楽天でんき あしたでんき
200kWh 7,620円割高 5,764円割高 1,322円割高 195円お得
500kWh 1,669円お得 6,308円お得 10,578円お得 15,956円お得

それぞれ独自の算出条件に基づいて計算しているので参考程度の比較になります。

追記:2019年12月に比較シミュレーション

今回はさらに細かく関西電力(従量電灯A)で「自然電力のでんき」と「あしたでんき」の毎月の電力使用量を同じで計算してみました。

月電気使用量
11月 200kWh
10月 214kWh
9月 250kWh
8月 250kWh
7月 214kWh
6月 197kWh
5月 211kWh
4月 228kWh
3月 253kWh
2月 290kWh
1月 281kWh
12月 230kWh

で計算したときの年間の想定電気代の結果が

自然電力のでんき
関西電力「従量電灯A」 75,397 円/年
自然電力のでんき「SE30」 70,969 円/年
自然電力のでんき「SE100」 73,787 円/年
あしたでんき
関西電力「従量電灯A」 75,343 円/年
あしたでんき標準プラン 72,093 円/年

次はこちらの毎月の電力料金が多いパターンで計算してみました。

月電気使用量
11月 500kWh
10月 535kWh
9月 626kWh
8月 626kWh
7月 535kWh
6月 492kWh
5月 528kWh
4月 570kWh
3月 633kWh
2月 725kWh
1月 704kWh
12月 577kWh

で計算すると

自然電力のでんき
関西電力「従量電灯A」 211,926 円/年
自然電力のでんき「SE30」 174,033 円/年
自然電力のでんき「SE100」 181,084 円/年
あしたでんき
関西電力「従量電灯A」 211,777 円/年
あしたでんき標準プラン 180,396 円/年

追記:2020年4月13日に比較シミュレーション

新しいプランの「SE Debut」も出てきていますが他の電力会社と改めて比較したいと思います。

条件は

・関西電力
・全部の月の電気使用量「150kWh(年間電気使用量1,800kWh)」と「300kWh(年間電気使用量3,600kWh)」

各月の使用電力 あしたでんき「標準プラン」 自然電力のでんき
SE100% SE30% SE Debut
150kWh(年間電気使用量1,800kWh) 45,841円/年 47,310円/年 45,510円/年 44,790円/年
300kWh(年間電気使用量3,600kWh) 91,698円/年 92,267円/年 88,667円/年 87,227円/年

自然電力のでんきの「SE Debut」は価格面でかなり魅力的なプランということが言えそうですね。

管理人
管理人

自然電力のでんきは安いかも!っていうシミュレーション結果がでました。

これかなり詳細にシミュレーションしています。

市場連動価格の料金体系を採用ということでタイミングによっては料金が上がる可能性もあります。

では自然電力のでんきについて紹介していきます。

キャンペーンでさらにお得に

なんとなくお得かもということがわかりましたけど、これでは決め手に欠けますね。
しかし、上でも紹介した通りキャンペーンが魅力的だったりします。

といっても公式サイトではキャンペーンを行っていないことがほとんどなのですが、電力会社(プラン)一括比較サイトのエネチェンジ経由でかなりお得なキャンペーンを行っていたりします。

エリアによって割引率がかわるのでエネチェンジでチェックしてもらうと良いと思いますが、シミュレーションしてもらうとわかる通り、キャンペーン分結構お得になったりします。

例えば「年間12,000円分割引」(2020年4月のキャンペーン)などキャンペーンがあったりします。

ただ、一人暮らしなどで年間の電気使用量が少ないのであれば、現在の契約の方が電気料金が安い可能性もありますが、キャンペーンを加えて考えると1年間の電気料金はかなりお得になったりもします。

一人暮らしでも自然電力のでんき「SE Debut」は選択肢

新しくSE Debutプランができて料金的には安くなる可能性が高くなっています。

これまでいろいろな電力会社のプランを見てきて一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭では旧電力会社のままの方が電気料金が安い場合が多かったですが、自然電力のでんき「SE Debut」では料金が安くなる可能性も高いです。

例えば上でシミュレーションしていますが、月150kWhというのは一人暮らしレベルの電気使用量だと思いますが、安くなっています。

これは選択肢の一つになりそうですね。

自然電力のでんきはどういった方におすすめ

内容 プラン
料金が高くても環境に優しい電力を使用したい SE100%
少しでも環境に優しい電力を使用したい SE30%
1年間スパンでエネチェンジのキャンペーンを利用して電気料金をお得にしたい SE30%
電気料金を安くしたい方で継続的にずっと自然電力のでんきを使いたい方 SE Debut
一人暮らしや電気使用量が少ない家庭であまり電気料金は使用しない方 SE Debut

現在【SE100%】と【SE30%】はエネチェンジのキャンペーン対象ですが、【SE Debut】はキャンペーンの対象外なのでSE Debutは公式サイトからの利用ということになります。

ただ、一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭でも1年間スパンなどで考えるのであればキャンペーンが魅力的なエネチェンジでSE30%のプランもアリかと思います。

自然電力のでんきについて

まず

自然エネルギー(FIT)を中心としたCO2フリーの電気を
ご家庭、事務所、商店等、全国エリアにお届けします。

ということで

太陽光・風力など自然に優しいエネルギーを提供というところを重視しているのが特徴の電力会社です。

公式サイトを見ても電力への思いや考え方などが書かれていてとても好感が持てます。

ちなみに自然電力のでんき料金体系はこちらです。

引用:自然電力のでんき

上でも書きましたけど市場連動型なので市場価格によって電気料金は変わります。

基本料金・従量料金を細かく紹介すると

エリア 基本料金
実量契約
1kWにつき
SB・主開閉器契約
10Aまたは1kVAにつき
実量契約・SB・主開閉器契約
1kWhにつき
北海道電力 231.00円 184.80円 7.99円
東北電力 176円 126.5円 8.84円
東京電力 214.5円 143.00円 7.45円
中部電力 198.00円 126.50円 8.12円
北陸電力 170.50円 132.00円 7.02円
九州電力 203.50円 143.00円 7.38円
基本料金
実量契約 SB・主開閉器契約 実量契約・SB・主開閉器契約
エリア 1送電サービスにつき
(最初の 6kWまで)
6kWをこえる1kWにつき 1送電サービスにつき
(最初の 6kVAまで)
6kVAをこえる1kVAにつき 1kWhにつき
関西電力 198.00円 66.00円 165.00円 55.00円 8.03円
中国電力 132.00円 44.00円 104.50円 33.00円 8.78円
四国電力 214.50円 71.50円 176.00円 60.50円 8.72円

※2020年4月12日更新

自然電力のでんきの会社概要

会社名 自然電力株式会社
本社所在地 福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6 福岡大濠ビル3F(総合受付)/ 6F
設立日 2011年6月
資本金 607,149,150円 (資本準備金含む)(2018年5月末時点)
事業内容 太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業(IPP)、事業開発・資金調達、アセットマネジメント、個人・法人向け電力小売事業等

太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電所の発電事業ということで公式サイトでもわかる通り「自然とともに生きる」をテーマにされていることがわかります。

まとめ

管理人
管理人

シミュレーションで料金をしっかり調べなおしてみるとかなり安くなる可能性が高い!という結果になりました。

市場連動型なので高くなる可能性も秘めているということは頭に入れておく必要はあります。

あとは自然に優しい、自然環境のことも考えられていて料金も安いというプランがあるということです。

そして、キャンペーンなども含めた特典ですね。

以前は(2019年12月時点)では「自然電力のでんきと旬の野菜のセット買いキャンペーン」がありました。

そして、他の電力会社と比較するなら電力比較サイトのエネチェンジでは自然電力のでんきを契約すると最大〇〇,〇〇〇円分お得になるキャンペーンも行われていたりします。

こういったところをうまく利用されると結構お得になりますのでチェックされると良いと思います。

これはかなりポイントです。

電気料金も変わる可能性があるので最終確認は公式サイトでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました