東京電力(TEPCO)の口コミ・評判・デメリット・他の電力会社と比較

東京電力(TEPCO)
管理人
管理人

今回は東京電力(TEPCO)を紹介したいと思います。

TEPCOは東京電力グループでおすすめの電力の「あしたでんき」も東京電力グループですけど、またあしたでんきとは違っていてちょっと違うポイントがあります。

それでは東京電力(TEPCO) の口コミ・評判・デメリット・他の電力会社と比較などを紹介していきたいと思います。

ここでは

・東京電力(TEPCO)のチェックポイント
・東京電力(TEPCO)の料金プランの特徴
・東京電力(TEPCO)と他の電力会社と比較
・東京電力(TEPCO)のメリット・デメリット
・東京電力(TEPCO)の口コミ・評判
・東京電力(TEPCO)の会社概要

とう流れで紹介していきたいと思います。

TEPCOの口コミを投稿する

東京電力(TEPCO)のチェックポイント

ではまず先にポイントをまとめて紹介します。

料金プランが豊富
解約手数料がかからない(WEB限定)
対象エリアは北海道電力エリア|東北電力エリア|東京電力エリア|中部電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア

ということですね。

料金プランが豊富でいろいろあります。

後程紹介しますけど、ガスとセットになったプランやAmazonプライムが料金に含まれるプランなど様々なプランがあります。

対象エリアも多いですね。

では気になる東京電力(TEPCO)の料金プランの特徴を見てみたいと思います。

東京電力(TEPCO)の料金プランの特徴

料金プランは豊富でいろいろありますがエリアによってプランが変わってきます。

例えば関東エリアと中部・関西エリアでもプランが変わってきます。

関東エリア

プラン名電気をよく使う時間帯家族の人数ポイントサービス
プレミアム日中もエアコン・洗濯機などの家電を使う5人~あり
スタンダード日中もエアコン・洗濯機などの家電を使う1人~4人あり
夜トク20時以降に家電を使う1人~4人あり

さらにガスとセットになった「とくとくガスプラン」や「とくとくガスAPプラン」などもあります。

プレミアムプラン
プレミアムSアンペアブレーカまたは電流を制限 する計量器による契約(10A~60A)
基本料金 (10Aにつき)電力量料金
280.80円
(15Aの場合=421.20円)
定額料金(~400kWh)従量料金(401kWh~)
9,879.63円29.58円 /1kWh
プレミアムL主開閉器(漏電遮断機など)の容量に 応じた6kVA以上の場合の契約
基本料金 (10Aにつき)電力量料金
286.00円定額料金(~400kWh)従量料金(401kWh~)
9,879.63円29.58円 /1kWh
スタンダードプラン
スタンダードSアンペアブレーカまたは電流を制限 する計量器による契約(10A〜60A)
基本料金 (10Aにつき)電力量料金 (1kWh)
286.00円
(15Aの場合=421.20円)
〜120kWh121kWh〜300kWh301kWh〜
19.88円26.46円30.57円

*最低月額料金(1契約) 235.84

スタンダードL主開閉器(漏電遮断器など)の容量に応じた6kVA以上の場合の契約
基本料金 (1kWにつき)電力量料金 (1kWh)
286.00円〜120kWh121kWh〜300kWh301kWh〜
19.88円26.46円30.57円
スタンダードX
基本料金 (1kWにつき)電力量料金 (1kWh)
572.00円〜120kWh121kWh〜300kWh301kWh〜
19.88円26.46円30.57円

*最低月額料金(1契約) 235.84

夜トクプラン

夜トクプランはスマートライフプランの掲載がなくなっていて、夜トク8(エイト)と夜トク12(ジュウニ)になっています。

夜トク8(エイト)
基本料金 (1kw) 電力量料金(1kWh)
218.50円午前7時〜午後11時午後11時〜午前7時
32.74円21.16円

最低月額料金(1契約) 235.84円

夜トク12(ジュウニ)
基本料金 (1kw) 電力量料金(1kWh)
214.50円午前9時〜午後9時午後9時〜翌午前9時
34.39円22.97円

最低月額料金(1契約) 235.84円

スマートライフS
基本料金 (10Aにつき) 電力量料金(1kWh)
286.00円

(15Aの場合=429.00円)

午前6時〜翌午前1時午前1時〜午前6時
25.80円17.78円

*最低月額料金(1契約) 235.84

スマートライフL
基本料金 (1kVAにつき)電力量料金(1kWh)
286.00円午前6時〜翌午前1時午前1時〜午前6時
25.80円17.78円
スマートライフプラン
基本料金 (1kWにつき)電力量料金(1kWh)
458.33円

(15Aの場合=429.00円)

午前6時〜翌午前1時午前1時〜午前6時
25.80円17.78円

*最低月額料金(1契約) 235.84

中部・関西エリア

中部・関西エリアは2つのプランになります。

プラン名電気をよく使う時間帯家族の人数ポイントサービス
プレミアム日中もエアコン・洗濯機などの家電を使う5人~あり
スタンダード日中もエアコン・洗濯機などの家電を使う1人~4人あり

中部エリア

プレミアムプラン
プレミアムSアンペアブレーカまたは電流を制限 する計量器による契約(10A〜60A)
基本料金 (10Aにつき)電力量料金
286.00円
(15Aの場合=421.20円)
定額料金(~400kWh)従量料金(401kWh~)
9,421.30円26.92円 /1kWh
プレミアムL主開閉器(漏電遮断機など)の容量に 応じた6kVA以上の場合の契約
基本料金 (1kVAにつき)電力量料金
286.00円定額料金(~400kWh)従量料金(401kWh~)
9,421.30円26.92円/1kWh
プレミアムプラン当月と過去11か月の30分ごとの使用電力量の 最大値(ピーク電力)にもとづき、 各月の契約電力を決定する契約です。
電気の使い方を工夫することにより、 ご契約電力を抑えることができます。
基本料金(1kWにつき)電力量料金
440.00円定額料金(~400kWh)従量料金(401kWh~)
9,421.30円26.92円 /1kWh
スタンダードプラン
スタンダードSアンペアブレーカまたは電流を制限 する計量器による契約(10A〜60A)
基本料金 (10Aにつき)電力量料金 (1kWh)
286.00円
(15Aの場合=421.20円)
〜120kWh121kWh〜300kWh301kWh〜
21.06円⇒21.03円24.21円⇒24.18円27.55円⇒27.52円

*最低月額料金(1契約) 258.50258.24円

スタンダードL主開閉器(漏電遮断器など)の容量に応じた6kVA以上の場合の契約
基本料金 (1kWにつき)電力量料金 (1kWh)
286.00円〜120kWh121kWh〜300kWh301kWh〜
21.57円⇒21.54円24.88円⇒24.85円26.91円⇒26.88円
スタンダードX
基本料金 (1kWにつき)電力量料金 (1kWh)
440.00円〜120kWh121kWh〜300kWh301kWh〜
21.57円⇒21.54円24.88円⇒24.85円26.91円⇒26.88円

*最低月額料金(1契約) 258.50258.24円

※1ヶ月ごとの料金(税込)

関西エリア

プレミアムプラン
プレミアムプラン当月と過去11か月の30分ごとの使用電力量の 最大値(ピーク電力)にもとづき、 各月の契約電力を決定する契約です。
電気の使い方を工夫することにより、 ご契約電力を抑えることができます。
基本料金 (1kWにつき)電力量料金
396.00円定額料金(~400kWh)従量料金(401kWh~)
7,761.11円23.00円 /1kWh
スタンダードプラン
スタンダードA最大需要容量6kVA未満の場合のご契約で、 幅広いお客さまにお選びいただけるプランです。
基本料金がなく、ご使用量によって 電力量料金単価が異なる3段階料金です。
定額料金 (最初の15kWhまで)電力量料金 (1kWh)
333.72円16kWh〜120kWh121kWh〜300kWh301kWh〜
20.29円24.26円27.83円
スタンダードX当月と過去11か月の30分ごとの 使用電力量の最大値にもとづき、各月の契約電力を 決定する契約です。
電気の使い方を工夫することにより、 ご契約電力を抑えることができます。
基本料金 (1kWにつき)電力量料金 (1kWh)
286.00円〜300kWh301kWh〜
23.38円23.62円

*最低月額料金(1契約)341.02

※1ヶ月ごとの料金(税込)
※2021年3月17日時点

といった感じでプランの種類や料金体系も違います。

東京電力(TEPCO)の料金プランに関しては公式サイトで確認されると良いと思います。

北海道・北陸・中国・四国・九州も以前はなかったのですが、スタンダードプランだけですがエリアが増えました。

ではここでまずは東京電力エリアで「東京電力従量電灯B」と「スタンダードS」と「プレミアムプラン」でいくつかの電気使用量で計算して比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のスタンダードS東京電力(TEPCO)プレミアムプラン東京電力従量電灯B
10A100kWh227410165.632274
20A150kWh375210451.633752
20A300kWh772410451.637724
30A200kWh536210737.635362
30A300kWh801010737.638010
40A200kWh564811023.635648
40A400kWh1135311023.6311353
50A300kWh858211309.638582
50A500kWh1469614267.6314696
60A600kWh1803917511.6318039

計算すると東京電力(TEPCO)のスタンダードSと東京電力従量電灯Bは実は料金は一緒なんです。

そして、東京電力(TEPCO)プレミアムプランは電気使用量が多くなるとお得になる料金体系になっています。

これを見るとあまりお得にはなりませんよね。

電気料金自体はほとんど変わらなかったりしますが、ポイントが付いたりする分ちょっとお得になるんです。

それはまた下で紹介しますのでまずは東京電力(TEPCO)と他の電力会社と比較を比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)と他の電力会社と比較

ここでは東京電力エリアで従量電灯B相当のプランで他の電力会社のプランと比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)
スタンダードS
東京電力(TEPCO)
プレミアムプラン
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
シン・エナジー
きほんプラン
楽天でんき
プランS
ENEOSでんき
Vプラン
10A100kWh227410165.6326002274
20A150kWh375210451.6339003693.8
20A300kWh772410451.6378007374.8
30A200kWh536210737.6352005237.25111.1453005206.8
30A300kWh801010737.6378007540.27589.1479507660.8
40A200kWh564811023.63520051905367.2553005492.8
40A400kWh1135311023.63104001007110616.251060010568.8
50A300kWh858211309.6378007750.48101.3679508232.8
50A500kWh1469614267.631300012906.413643.361325013476.8
60A600kWh1803917511.631560015753.2416670.481590016384.8
あしたでんきを確認エルピオでんきを確認シン・エナジーを確認楽天でんきを確認ENEOSでんきを確認

電気使用量が少ない場合はあまり変わりませんが、電気使用量が多くなるにつれて他の電力会社の電気料金がお得になるという計算結果になりました。

東京電力(TEPCO)にはいくつかのプランがあるのでそれぞれ個別に紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

で紹介しています。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

電気料金だけなら他の電力会社になるかとは思いますが、ここで特典があってポイントが付いたりします。

東京電力(TEPCO)の特典

東京電力(TEPCO)は電気料金自体はあまりお得になりませんが、特典や割引があります。

ポイントがもらえる

例えばスタンダードSの場合だと

・「くらしTEPCO Web」というWebサービスを利用することでWEBからの申し込みで最大1000ポイント
・生活かけつけサービスが無料でついてくる

といった特典があります。

さらに都市ガスのセット(とくとくガスプラン)ではガスセット割で電気代が年間約1200円お得になります。

ガストセットがお得(とくとくガスプラン)

ここでは電気がメインで紹介しているのとガスは都市ガスで東京ガスの一部のエリアの方が対象になります。

まずどういったところでお得になるのかというとこちらです。

・ガスセット割だと電気料金月額100円割引
・東京ガスの一般料金より約3%お得
・スタート割で5%割引

まずガス代12か月分が約8%OFFになります。

2年目からは東京ガスの一般料金より約3%お得なので他のガス会社だと5%お得になったりするので他のガス会社の方がお得だったりもします。

電気料金はそれほどでもないですがポイントなどの特典、都市ガスのセットでの利用だと少しお得になります。

では東京電力(TEPCO)がおすすめの方とはどういった方なのでしょうか。

東京電力(TEPCO)がおすすめの方

・東京電力エリアで電力使用量が少ない家庭
・東京ガスエリアで電気と都市ガスをまとめたい方

こういった方におすすめかなと思います。

都市ガスは東京ガスの一部のエリアなのでその他のエリアだと特典があまりお得ではないのでそこまでお得にはなりません。

東京電力エリアで東京ガスエリアの方でもうまとめたいという方にもいいかもしれませんね。

では東京電力(TEPCO)のメリット・デメリットを見てみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のメリット・デメリット

東京電力(TEPCO)のデメリット

プランなどによっては解約違約金がかかる

公式サイトでは新しい料金プランの方は条件によっては解約手数料がかかるということです。

契約を解約する場合、解約手数料などは発生しますか?

解約金に関しては例えばプレミアムプランの場合は

2年契約の場合、契約期間満了日前から2ヶ月の間以外に解約すると解約金5,000円、1年契約の場合3000円かかります。

プレミアムプランいつでも解約金がかからないということではないですし、解約金も結構高いです。

東京電力(TEPCO)のメリット

ガストセットでまとめられる

上でも紹介した通りガスとのセットがあります。
セットにすることでガスの割引もあったりお得になります。

電気とガスまとめたいという方にはいいですけど、だからといって一番安いということではありません。

では東京電力(TEPCO)の評判・口コミ・感想を見てみたいと思います。

東京電力(TEPCO)の評判・口コミ・感想

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

ここで会社概要も紹介しておきます。

会社概要

会社名東京電力エナジーパートナー株式会社
本社所在地東京都中央区銀座八丁目13番1号 銀座三井ビルディング
設立日2015年4月1日
資本金10,000 百万円
URLhttps://www.tepco.co.jp/ep/

東京電力グループの新電力会社でまず安心感はありますね。

まとめ

電力だけというよりやっぱりガスとまとめてお得になるというところがポイントかなと思います。
電気代だけなら他にもいっぱいありますからね。

ただ、都市ガスが利用できるのは関東エリアの東京ガスエリアの方なのでそれ以外の方はあまりうまみはありませんね。

まあガス代基本料金なのですごいお得かというとそうでもないですけどね。

あと解約金はチェックですね。

電気料金も変わる可能性があるので最終確認は公式サイトでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました