東京電力(TEPCO)スタンダードSと他の電力会社を料金比較|口コミ・評判・デメリット

東京電力(TEPCO)

東京電力(TEPCO)にはいろいろな電気のプランがあるわけですけど、ここでは「スタンダードS」について紹介したいと思います。

ではいろいろあるプランの中で「スタンダードS」はどういった特徴があって電気料金でどれくらいお得なのか他の電力会社を料金比較したりデメリットも紹介したいと思います。

ここでは

・東京電力(TEPCO)のスタンダードSのチェックポイント
・東京電力(TEPCO)のスタンダードSの料金の特徴と東京電力従量電灯Bを比較
・東京電力(TEPCO)のスタンダードSと他の電力会社を比較
・東京電力(TEPCO)のスタンダードSの口コミ・評判
・東京電力(TEPCO)のスタンダードSのデメリット
・まとめ

という流れで紹介したいと思います。

まずは東京電力(TEPCO)のスタンダードSのチェックポイントをまとめて紹介します。

東京電力(TEPCO)のスタンダードSのチェックポイント

・一人暮らしからファミリーまで幅広い家庭向けの標準プラン
・電気料金は東京電力従量電灯Bと変わらない

といったところです。

このスタンダードプランが東京電力(TEPCO)の基本プランですね。

ちなみに東京電力エリアのスタンダードにはスタンダードS(従量電灯B相当)、スタンダードL(従量電灯C相当)があります。

では東京電力(TEPCO)のスタンダードSの料金の特徴と旧料金と比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のスタンダードSの料金の特徴と東京電力従量電灯Bを比較

ではまず東京電力(TEPCO)のスタンダードSと東京電力従量電灯Bで比較してみたいと思います。

スタンダードS従量電灯B
基本料金10A286286
15A429429
20A572572
30A858858
40A11441144
50A14301430
60A17161716
電力量料金最初の120kWhまで(第1段階料金)19.8819.88
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金)26.4826.48
300kWhをこえる30.5730.57

実は全く一緒なんです。

何がお得になるのかというと

・「くらしTEPCO Web」というWebサービスを利用することでWEBからの申し込みで最大1000ポイント
・生活かけつけサービスが無料でついてくる

というところです。

あとガスとセットのガスセット割で電気代が年間約1200円お得になる
ということなんです。
管理人
管理人

単純に電気だけを利用するだけで電気料金を安くしたいという方にはあまりお得ではないです。

「安くしたいならガスもセットでお願いします」ということですけど大した月100円程度なのでそこまではないですね。

ちなみにガスの対象エリアは東京都 / 神奈川県 / 千葉県 / 埼玉県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県(一部の地域を除く)で東京ガス(都市ガス)を利用されている方が対象です。

LPガスの方はセット割は利用できないですね。

では東京電力(TEPCO)のスタンダードSと他の電力会社を比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のスタンダードSと他の電力会社を比較

実際にいくつかおすすめの電力会社で東京電力従量電灯B相当のプランと計算して比較してみました。

東京電力(TEPCO)
スタンダードS
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
シン・エナジー
きほんプラン
楽天でんき
プランS
ENEOSでんき
Vプラン
10A100kWh227426002274
20A150kWh375239003693.8
20A300kWh772478007374.8
30A200kWh536252005237.25111.1453005206.8
30A300kWh801078007540.27589.1479507660.8
40A200kWh5648520051905367.2553005492.8
40A400kWh11353104001007110616.251060010568.8
50A300kWh858278007750.48101.3679508232.8
50A500kWh146961300012906.413643.361325013476.8
60A600kWh180391560015753.2416670.481590016384.8
あしたでんきを確認エルピオでんきを確認シン・エナジーを確認楽天でんきを確認ENEOSでんきを確認

A(アンペア)が低く、電力使用量が少ない家庭の場合は他とそこまで変わりません。

ただ、ある程度電気を使う家庭では他の電力会社が安くかなり差が出てきます。

ポイントが付くとかありますが、他の電力会社もそういった特典があるところも多いです。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

では東京電力(TEPCO)のスタンダードSの口コミ・評判を見てみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のスタンダードSの口コミ・評判

東京電力(TEPCO)のスタンダードSと他の電力会社を比較されている方はあまりいないようです。

では次は東京電力(TEPCO)のスタンダードSのデメリットについて見ていきたいと思います。

東京電力(TEPCO)のスタンダードSのデメリット

・電気料金自体は東京電力従量電灯Bと変わらない
・ポイントは付くがそれほどでもない
・紙の検針票の発行が有料(これは他の電力会社もほぼ同じ)

上でも紹介した通り電気料金自体は東京電力従量電灯Bと変わりません。

その分ポイントが付いたりお得になる部分が多いです。

ただ、他の電力会社と比較すると実は大してお得ではないというところもわかってきます。

あと紙の検針票の発行が有料というのは他の電力会社も大体同じでそういった流れになっています。

まとめ

東京電力(TEPCO)のスタンダードSはおすすめなのかというところですが、一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭なら東京電力(TEPCO)のスタンダードSでも良いかと思います。

あまりお得になる電力会社は多くないです。

ただ、ある程度電気を使う家庭なら電気料金を安くしようと思ったら他の電力会社の方がお得になる可能性が高いと思います。

ガスのセットプランでも電気はそれほどお得にならないので、ガスは東京電力で電気は他の電力会社というのが良いかもしれませんね。

あと短いスパンで乗り換えを検討するなら一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭でもキャンペーンが魅力的な電力会社にしても良いかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました