東京電力(TEPCO)のプレミアムプランと他の電力会社を料金比較|口コミ・評判・デメリット

東京電力(TEPCO)

東京電力(TEPCO)にはいろいろな電気のプランがあるわけですけど、ここでは「プレミアムプラン」について紹介したいと思います。

ではいろいろあるプランの中で「プレミアムプラン」はどういった特徴があって電気料金でどれくらいお得なのか他の電力会社を料金比較したりデメリットも紹介したいと思います。

ここでは

・東京電力(TEPCO)のプレミアムプランのチェックポイント
・東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの料金の特徴と東京電力従量電灯Bと比較
・東京電力(TEPCO)のプレミアムプランと他の電力会社を比較
・東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの特典
・東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの口コミ・評判
・東京電力(TEPCO)のプレミアムプランのデメリットと注意点
・まとめ

という流れで紹介したいと思います。

まずは東京電力(TEPCO)のプレミアムプランのチェックポイントをまとめて紹介します。

東京電力(TEPCO)のプレミアムプランのチェックポイント

・電力使用量が多い家庭向け
・基本料金+400kWhまで定額料金
・プレミアムプランは東京、関西。中部のみ
・ポイントがもらえたり特典がある
・乗り換えなどの場合解約金がかかる可能性がある

といったところです。

まず電気使用量が多い一般家庭向けの料金体系で電力量料金は400kWhまで定額料金ということになっています。

ということはどういうことかというと月の電気使用量が100kWhとか200kWhしか使わない家庭では割高になるということですね。

あとポイントや特典がもらえますがこれに関しては後程紹介します。

乗り換える場合解約金がかかる可能性があるので注意してください。これに関してもデメリットのところで紹介していいます。

では早速気になる東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの料金の特徴と東京電力従量電灯Bと計算して比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの料金の特徴と東京電力従量電灯Bと比較

まずプレミアムSの料金表はこちらです。

基本料金10A286
15A429
20A572
30A858
40A1144
50A1430
60A1716
電力量料金定額料金
(〜400kWh)
9,879.63円
従量料金
(401kWh〜)
29.58円 /1kWh

※2020年9月18日時点

400kWhまでは定額、400kWhからは29.58円 /1kWhとなっています。

ではこれがどれくらいお得になるのか東京電力従量電灯Bといくつかの電力使用量で計算して比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のプレミアムプランと東京電力従量電灯Bを比較

計算してみるとこういった計算結果になりました。

東京電力(TEPCO)プレミアムプラン東京電力従量電灯B
10A100kWh10165.632274
20A150kWh10451.633752
20A300kWh10451.637724
30A200kWh10737.635362
30A300kWh10737.638010
40A200kWh11023.635648
40A400kWh11023.6311353
50A300kWh11309.638582
50A500kWh14267.6314696
60A600kWh17511.6318039

東京電力従量電灯Bと比べると400kWhあたりからお得になるわけですけど、それ以上でも正直それほどお得ではないと思います。

では東京電力(TEPCO)のプレミアムプランと他の電力会社を比較してみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のプレミアムプランと他の電力会社を比較

いくつかの知名度があって人気の電力会社と東京電力従量電灯B相当のプランで比較してみました。

東京電力(TEPCO)
プレミアムプラン
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
楽天でんき
プランS
10A100kWh10165.632600
20A150kWh10451.633900
20A300kWh10451.637800
30A200kWh10737.6352005237.25300
30A300kWh10737.6378007540.27950
40A200kWh11023.63520051905300
40A400kWh11023.63104001007110600
50A300kWh11309.6378007750.47950
50A500kWh14267.631300012906.413250
60A600kWh17511.631560015753.2415900
あしたでんきを確認エルピオでんきを確認楽天でんきを確認

正直他の電力会社の方がかなりお得になるという計算結果になりました。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

ではここで東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの特典を見てみたいと思います。

東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの特典

特典はこんな感じです。

・プレミアムS/L限定特典 新規ご加入で8,000ポイント(2年契約・関東エリアの方のみ)
・WEB申し込みで最大1,000ポイント
・電気料金1,000円(税抜)につき5ポイント(関東エリアの方のみ)
・生活かけつけサービスが無料

新規ご加入で8,000ポイントは他の電力会社でいうキャンペーンと考えても良いと思います。
ただ、これは2年契約・関東エリアの方のみとなっています。

電気料金1,000円(税抜)につき5ポイントもおそらく関東エリアの方のみみたいです。

あとは生活かけつけサービスが無料ということで何か生活トラブルがあったときに応急処置が無料だったりします。

関東エリア以外の方はあまりメリットがなさそうですね。

では東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの口コミ・評判を見てみたいと思います・

東京電力(TEPCO)のプレミアムプランの口コミ・評判

それほど口コミも多くないですし、そこまで評判が良いプランではなさそうですね。

次は東京電力(TEPCO)のプレミアムプランのデメリットと注意点を紹介していきたいと思います。

東京電力(TEPCO)のプレミアムプランのデメリットと注意点

・解約金がかかる可能性がある
・一人暮らしなど電気使用量の少ない家庭ではかなり割高になる
・月400kWhあたりの方も注意が必要
・特典は関東エリアの方がメインでそれ以外のエリアの方はあまりお得ではない

解約金がかかる可能性がある

公式サイトでは「契約期間満了日の2ヶ月より前に解約される場合は、期中解約金(1年契約の場合:3,000円(税込)、2年契約の場合:5,000円(税込))が発生します。
なお、プラン変更や引っ越しにより解約される場合は、期中解約金は発生しません。」
となっているので注意してください。

一人暮らしなど電気使用量の少ない家庭ではかなり割高になる

これは上の計算結果でもわかるように電気使用量が少ない家庭では割高になります。

400kWh以上からですが、正直他の電力会社と比べるとそこまでお得ではないという計算結果になりました。

月400kWhあたりの方も注意が必要

月400kWhあたりの方も注意が必要かと思います。

もし月300kWhの月があったら通常よりもかなり割高になる可能性があります。

月平均400kWhの家庭よりも確実に毎月400kWhを超える家庭の方が良いのかなと思います。

特典は関東エリアの方がメインでそれ以外のエリアの方はあまりお得ではない

特典も関東エリアの方はお得ですが、それ以外の方はそこまでではありません。

他の電力会社もキャンペーンなどお得な特典が多いところもありますので他もチェックですね。

まとめ

正直東京電力(TEPCO)のプレミアムプランがお得な方はとても少ないのかなと思います。

月の電気使用量が400kWh以上とかですが、それでも他の電力会社の方がお得ですし、特典も関東エリアの方だけがお得なので本当に一部です。

他の電力会社も比較してチェックした方が良いのかなと思います。

ちなみに2020年9月18日時点では新規申し込みを停止しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました