イデックスでんきの料金・デメリット・他の新電力会社と比較

イデックスでんき

こんにちは

今回紹介するのが「イデックスでんき」です。

もう電力会社もいろいろありすぎますから比較が難しいですけど、地域で絞るのもいいかもしれません。

どういうことかというと九州の方なら九州限定で電力を供給している電力会社などです。

イデックスでんきも九州電力エリアの方に電力を提供しています。

なので九州電力エリアの方で電力会社を変えようかって考えている方はチェックしてみると良いと思います。

ということでイデックスでんきの料金・デメリット・他の新電力会社と比較などして紹介したいと思います。

イデックスでんきの会社概要

会社名 株式会社新出光
本社所在地 福岡県福岡市博多区上呉服町1番10号
創業 1926年(大正15年)3月13日
資本金 1億円(その他資本剰余金4億円)
事業内容 石油類の販売(ガソリン、灯油、軽油、A重油、C重油、潤滑油、アスファルト)
LNG(液化天然ガス)、LPGの販売
売電事業
太陽光発電システムの販売、蓄電池の販売(設計・施工)
レンタカー、新車中古車販売・買取、カーケアショップ(整備工場)の運営
アドブルー、LEDの販売
不動産事業

まずイデックスでんきは株式会社新出光が運営しています。

株式会社新出光といえばガソリンスタンドが有名でおそらく知っている方ばかりだと思います。

その株式会社新出光が電力サービスも展開しているということなんです。

では気になる料金を紹介したいと思います。

イデックスでんきの料金プラン

まず電気料金プランは4種類で

「ファミリープラン」
「夜トクプラン」
「ビジネスプランA」
「ビジネスプランB」

となっています。

ここでは「ファミリープラン」と「夜トクプラン」について紹介したいと思います。

ファミリープラン

まずはイデックスでんきのファミリープランの料金を九州電力の従量電灯Bと比較してみたいと思います。

基本料金 従量電灯B 九州電力 イデックスでんき
10A 291.6
15A 437.4
20A 583.2
30A 874.8 866.05
40A 1,166.40 1,154.74
50A 1,458.00 1,428.84
60A 1,749.60 1,697.11
電力量料金(1kWh) 最初の120kWhまで 17.14 1061.6
120kWh~300kWhまで 22.64 1202
300kWh以上 24.50 1342.4

さらに割引・特典として

・インデックスクラブカード決済で「648円/年割引」
・ペーパーレス割引「648円/年割引」
・1年間契約継続すると「500円/年割引」

になります。

夜トクプラン

夜トクプランは九州電力の「電化でナイト・セレクト22」相当になります。

これは「22時~翌8時:従来から設定されている標準的な夜間時間帯」がお得になるプランです。

ちなみに九州電力の「電化でナイト・セレクト22」と比較するとこういった料金になります。

区分 単位 九州電力 イデックスでんき
基本料金 契約電力が10kW以下の場合 1契約 1,620.00 1571.4
契約電力が10kWをこえる場合 15kWまで 1契約 4,320.00 4190.4
15kW超過分 1kW 540 523.8
電力量料金 平日昼間 夏冬7/1〜9/30・12/1〜2/28 1kWh 26.35 25.55
春秋3/1〜6/30・​10/1〜11/30 1kWh 23.51 22.8
休日昼間(土、日、祝) 夏冬7/1〜9/30・12/1〜2/28 1kWh 20.83 20.2
春秋3/1〜6/30・​10/1〜11/30 1kWh 17.5 16.97
夜間 1kWh 12.97 12.57

さらに割引・特典として

・インデックスクラブカード決済で「648円/年割引」
・ペーパーレス割引「648円/年割引」
・1年間契約継続すると「500円/年割引」

になります。

他の電力会社と比較

では他の新電力会社とスタンダートな「ファミリープラン」を比較してみたいと思います。

比較するのは私がおすすめだなと思うあしたでんきと比較したいと思います。

あしたでんきの公式サイトで比較してシミュレーションできるので便利です。

比較は

・九州電力エリアファミリープラン

・40A

1月の電力使用量を「200kWh」、「500kWh」、「700kWh」で計算したいと思います。

で計算したいと思います。

そうすると

使用電力量 電気代
200kWh 年間4,483 円(税込)あしたでんきがおトク
500kWh 年間4,936 円(税込)あしたでんきがおトク
700kWh 年間7,066 円(税込)あしたでんきがおトク

という結果になりました。

ただ、あとイデックスでんきは割引特典やキャンペーンもあるのでそういったところもチェックされると良いと思います。

イデックスでんきのデメリット

九州電力エリアのみ

イデックスでんきの供給エリアは九州電力エリアのみとなっていて

福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県です。※離島を除く

その他の地域の方は現時点では利用できません。

イデックスでんきのメリット

解約手数料がかからない

契約期間は1年間ということなんですけど解約手数料は原則不要となっています。

お客様が契約電流または契約容量を新たに設定し、または増加された日以降1年に満たないで電気の使用を廃止しようとし、または契約電流もしくは契約容量を減少しようとされる場合には、当社は、原則、需要契約の変更または消滅の日に、託送供給等約款に基づき一般送配電事業者から当社に請求された料金、工事費の精算額をお客様から申し受けます。

といった形になります。

まとめ

まずイデックスでんきは九州電力エリアの方のみ利用できるということです。

運営会社も株式会社新出光ということで全国各地にガソリンスタンドがあるので知名度もあって大きな会社ですね。

では料金はお得かというと他にもお得な電力会社はあるということは言えます。

ただ、割引特典があったり、キャンペーンもやっていたりするので、キャンペーンなど別のところも合わせて1年間の合計料金て計算してみるのも良いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました