スマ電の口コミ・評判・料金・デメリット・他の新電力会社と比較

スマ電
管理人
管理人

スマ電を聞いたことがある方も多いと思います。

2016年4月にサービスを開始して500店舗以上の「スーパーマーケットで買える電気」ということで話題になりました。

やっぱり気になるのがその電気料金やプランですよね。

そこでスマ電の料金・デメリット・他の新電力会社と比較してどうなのかなどを紹介していきたいと思います。

ここでは

・スマ電のチェックポイント
・スマ電の会社概要
・スマ電の料金プランの特徴
・スマ電と旧電力会社を比較
・スマ電と他の新電力会社と比較
・スマ電の口コミ・評判
・スマ電のまとめ

とうところを紹介していきたいと思います。

スマ電の口コミを投稿する

スマ電のチェックポイント

ではまず先におさえておきたいポイントをまとめると

・電力供給エリアで料金体系が全然違う
・電力供給エリアでお得かどうかも変わってくる
対象エリアは東京電力エリア|中部電力エリア|北陸電力エリア|関西電力エリア|中国電力エリア|四国電力エリア|九州電力エリア

というところでしょうか。

まず電力供給エリアはいろいろあるわけですけど、一般家庭向けのホームプランでは割引率や方法など電力エリアで違います。

なのでエリアによって電気料金がお得かどうかも変わってきます。

料金プランは下で紹介しているのでまたチェックしていただければと思います。

まずはどういった会社がわからないと思いますので会社概要から紹介していきます。

スマ電の会社概要

会社名株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ
本社所在地東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル
設立2004年 2月
資本金245百万円(2016年6月期末)
事業内容エネルギー・マネジメント
スーパーマーケットの電気小売支援サービス
など

電力自由化前からエネルギー関連の事業を行っている企業ですね。

従業員80名ほどと大きな会社ではないですけど、主要株主は伊藤忠商事株式会社など大手です。

では気になるスマ電の料金プランの特徴を紹介していきたいと思います。

スマ電の料金プランの特徴

まずプランは

「ホームプラン」:一般家庭向け
「ショッププラン」:電力消費が多いお店など向け
「ゼロ得ひるプラン」:平日9~18時の電気代が10%OFF
「ゼロ得よるプラン」:平日20~24時および0~6時の電気代が10%OFF

があります。

名前の通り一般家庭で使うホームプランとお店内電力消費が多い場合向けのショッププランです。

最近では「ゼロ得ひるプラン」は「ゼロ得よるプラン」ができて時間帯によってお得になるプランでこれは東京電力、中部電力、関西電力エリアが対象になっています。

ということでここでは一般家庭向けの「ホームプラン」で見ていきたいと思います。

先にお伝えしておくこととしては

供給エリアで料金体系が違うのでエリアで得するかの差が大きく変わってくる

ということがあります。

ちょっとあなたの供給エリアと違うエリアを見比べてみてください。

では一つ一つプランを紹介していきます。

ホームプラン

東京電力エリア(従量電灯Bプラン相当) ぐーんと!スマ得ホームプラン

基本料金料金単価
アンペア(A)東京電力スマ電
30アンペア(A)858.00円
40アンペア(A)1,144.00円894.00円
50アンペア(A)1,430.00円930.00円
60アンペア(A)1,716.00円1,216.00円
電力量料金東京電力スマ電
第1段階料金最初の120kWhまで19.88円/kWh × 利用量19.76円/kWh × 利用量
第2段階料金120kWhを超え300kWhまで26.48円/kWh × 利用量25.87円/kWh × 利用量
第3段階料金300kWhを超える分30.57円/kWh × 利用量25.97円/kWh × 利用量

東京電力との割引率でみるとこんな感じになります。

基本料金(1契約あたり)
40アンペア(A)50アンペア(A)60アンペア(A)
250円/月割引500円/月割引500円/月割引
電力量料金(1kWhあたり)
最初の120kWhまで120kWhを超え300kWhまで300kWhを超える分
0.6%割引2.3%割引15%割引

中部電力エリア(従量電灯Bプラン相当) しっかり!スマ得ホームプラン

基本料金料金単価
アンペア(A)中部電力スマ電
30アンペア(A)858.00円558.00円
40アンペア(A)1,144.00円844.00円
50アンペア(A)1,430.00円1,130.00円
60アンペア(A)1,716.00円1,416.00円
電力量料金中部電力スマ電
第1段階料金最初の120kWhまで20.98円/kWh × 利用量
第2段階料金120kWhを超え300kWhまで25.16円/kWh × 利用量
第3段階料金300kWhを超える分26.79円/kWh × 利用量

北陸電力エリア(従量電灯Bプラン相当) 北陸 スマ得ホームプラン

基本料金料金単価
アンペア(A)北陸電力スマ電
30アンペア(A)726.00円426.00円
40アンペア(A)968.00円668.00円
50アンペア(A)1,210.00円910.00円
60アンペア(A)1,452.00円1,152.00円
電力量料金北陸電力スマ電
第1段階料金最初の120kWhまで17.82円/kWh × 利用量
第2段階料金120kWhを超え300kWhまで21.74円/kWh × 利用量
第3段階料金300kWhを超える分23.45円/kWh × 利用量
最低月額料金(1契約あたり)181.39円
月額電気料金が10,000円以上で5%割引

関西電力エリア(従量電灯Aプラン相当) あんしん!スマ得ホームプラン

電気料金は関西電力エリア従量電灯Aと同じ料金

月額電気料金が8,000円以上の月は5%割引

中国電力エリア(従量電灯Aプラン相当) ごっそり!スマ得ホームプラン

電気料金は最初の15kWhまで200円お得
それ以外は同じ中国電力エリア従量電灯Aと同じ料金
月額電気料金が10,000円以上で5%割引

四国電力エリア(従量電灯Aプラン相当)四国 スマ得ホームプラン

電気料金は最初の11kWhまで200円お得
それ以外は同じ中国電力エリア従量電灯Aと同じ料金
月額電気料金が10,000円以上で5%割引

九州電力エリア(従量電灯Bプラン相当) きゅっと!スマ得ホームプラン

基本料金料金単価
アンペア(A)九州電力スマ電
30アンペア(A)891.00円741.00円
40アンペア(A)1,188.00円1,038,00円
50アンペア(A)1,485.00円1,335.00円
60アンペア(A)1,782.00円1,632.00円
電力量料金九州電力スマ電
第1段階料金最初の120kWhまで17.46円/kWh × 利用量
第2段階料金120kWhを超え300kWhまで23.06円/kWh × 利用量
第3段階料金300kWhを超える分26.06円/kWh × 利用量
月額電気料金が10,000円以上で5%割引
※2020年12月3日更新
管理人
管理人

この料金プランを見て言えることは上でも書きましたけど、供給エリアでかなり得する人とそうでない人がわかれるということです。

管理人
管理人

たとえば東京電力エリアで電力を結構使うという方はお得になる可能性が高く、関西電力エリアであまり電力を使わない方はほぼ関西電力の料金と変わらない料金になるということがわかります。

管理人
管理人

ちなみに私は関西電力エリアでそんなに電力を使わないので、私がスマ電のホームプランに変えても1円もお得にならないということです。

管理人
管理人

そして、以前は関西電力エリアだけ、お得感があまりないからなのか解約手数料がかからないということだったのですが、その解約手数料の記載がなくなっています。

いろいろ調べたのですが、「契約期間は6ヶ月で供給開始日から初回の契約満了日までの間に解約すると解約手数料2,200円(税込)がかかる」という記載がなくなっていました。

ということで

供給エリアでかなり損得が変わってくる!

ということが言えます。

ではどれくらいお得になるのかスマ電と旧電力会社を実際にいくつかの電力使用量で計算して比較してみたいと思います。

スマ電と旧電力会社を比較

まずは東京電力エリアのスマ電のホームプランと東京電力従量電灯Bで比較してみたいと思います。

スマ電ホームプラン東京電力従量電灯B
10A100kWh2274
20A150kWh3752
20A300kWh7724
30A200kWh5298.805362
30A300kWh7885.808010
40A200kWh5334.805648
40A400kWh10518.8011353
50A300kWh7957.808582
50A500kWh13151.8014696
60A600kWh16034.8018039

全体的にお得になります。

では関西電力エリアでスマ電のホームプランと関西電力従量電灯Aで比較してみたいと思います。

スマ電ホームプラン関西電力従量電灯A
100kWh2068.222068.22
150kWh3248.623248.62
200kWh4538.624538.62
300kWh7118.627118.62
400kWh9545.2410047.62
500kWh12327.7912976.62
600kWh15110.3415905.62
700kWh17892.8918834.62

電気料金が8,000円以上から5%割引なのでここでは400kWhから割引になってちょっとおとくになります。

ではスマ電と他の電力会社と比較してみたいと思います。

スマ電と他の電力会社と比較

まずは東京電力エリアの東京電力従量電灯B相当のプランで比較してみたいと思います。

スマ電
ホームプラン
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
シン・エナジー
きほんプラン
楽天でんき
プランS
10A100kWh2600
20A150kWh3900
20A300kWh7800
30A200kWh5298.8052005237.25111.145300
30A300kWh7885.8078007540.27589.147950
40A200kWh5334.80520051905367.255300
40A400kWh10518.80104001007110616.2510600
50A300kWh7957.8078007750.48101.367950
50A500kWh13151.801300012906.413643.3613250
60A600kWh16034.801560015753.2416670.4815900
あしたでんきを確認エルピオでんきを確認シン・エナジーを確認楽天でんきを確認

他の電力会社の方がお得になる場合が多いですね。

東京電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介してしていますので良かったらチェックしてみてください。

では関西電力エリアでも比較してみたいと思います。

スマ電
ホームプラン
あしたでんき
標準プラン
楽天でんき
プランS
シン・エナジー
きほんプラン
100kWh2068.222200.002250.001988.26
150kWh3248.62330033753099.36
200kWh4538.62440045004290.86
300kWh7118.62660067506673.86
400kWh9545.24880090009403.86
500kWh12327.79110001125012133.86
600kWh15110.34132001350014863.86
700kWh17892.89154001575017684.02
あしたでんきを確認シン・エナジーを確認楽天でんきを確認

関西電力エリアでも他の電力会社がお得になるという計算結果になりました。

関西電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

今度は中部電力エリアの中部電力従量電灯B相当のプランで比較してみたいと思います。

スマ電
ホームプラン
あしたでんき
標準プラン
エルピオでんき
スタンダードプランS
ENEOSでんき
中部Bプラン
HTBエナジー
ウルトラ&プライム中部
シン・エナジー
きほんプラン
ピタでん
使った分だけ
楽天でんき
プランS
10A100kWh260023712571
20A150kWh39003817.13789.463856.5
20A300kWh78007532.67543.967713
30A200kWh5,08852005467.525341.65104.525182.5551425300
30A300kWh7,60478007829.527818.67505.527569.5577137950
40A200kWh5,37452005661.045627.65258.085459.1951425300
40A400kWh10,5691040010385.0410753.610229.0810370.191028410600
50A300kWh8,17678008257.298390.677778119.8577137950
50A500kWh13,5341300012981.2913688.61248513167.851285513250
60A600kWh16,4991560015669.2216623.61498215966.511542615900
あしたでんきを確認エルピオでんきを確認ENEOSでんきを確認 HTBエナジーを確認シン・エナジーを確認ピタでんを確認楽天でんきを確認

中部電力エリアでは電力使用量によってはスマ電ホームプランもなかなかお得になる場合もあります。

中部電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

ではスマ電のメリット、デメリットを見てみたいと思います。

スマ電のメリット・デメリット

スマ電のデメリット

電力供給エリアでお得感が大きく変わる

上でも紹介した通り料金プランを見てみると供給エリアでかなり違いがあります。

なのであなたのお住いのエリアがどうなのかを見て比較することが大切です。

スマ電のメリット

解約手数料がかからない

以前は解約手数料がかかっていた記憶がありますが、現在は解約手数料がかかりません。

解約に関しては電話での連絡になります。

以前は解約手数料が2,000円だったのですが、現在は解約手数料がかからないと公式でも記載されています。

供給エリア、電力使用量によってはお得になる可能性も

供給エリアによって料金が全然違うので供給エリアによってはお得になる可能性もあります。

あなたのお住いのエリアで比較してみると良いと思います。

キャンペーンでお得に

スマ電の公式サイトでも「料金プランキャンペーン」などがありますが、それよりもエネチェンジでお得なキャンペーンが行われている可能性があります。

時期にもよりますが、これを書いている現時点では「最大9,000円分のAmazonギフト券」のキャンペーンがありました。

エネチェンジでチェックしてお得なキャンペーンがあるならエネチェンジからが良いと思います。

スマ電の口コミ・評判

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

電気・ガスリアルチェック|おすすめの電力・ガス会社はどこなのか調査
平均評価:  
 0 レビュー

スマ電まとめ

スマ電は個人向けのホームプランやショップ向けのショッププランなどがあるんですけど料金体系を見てみるとホームプランはそんなにお得にならないかもしれませんね。

ただ、エリアによって全然違うのとキャンペーンをうまく利用するとお得になったりするのでチェックされても良いとは思います。

2020年12月3日更新
料金やサービスなど変更されている可能性があるので公式サイトで確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました