スマ電の料金・デメリット・他の新電力会社と比較

スマ電

こんにちは

スマ電を聞いたことがある方も多いと思います。

2016年4月にサービスを開始して500店舗以上の「スーパーマーケットで買える電気」ということで話題になったそうです。

僕は知りませんでしたけどね。

やっぱり気になるのがその電気料金やプランですよね。

そこでスマ電の料金・デメリット・他の新電力会社と比較してどうなのかなどを紹介していきたいと思います。

スマ電の会社概要

会社名 株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ
本社所在地 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル
設立 2004年 2月
資本金 245百万円(2016年6月期末)
事業内容 エネルギー・マネジメント
スーパーマーケットの電気小売支援サービス
など

電力自由化前からエネルギー関連の事業を行っている企業ですね。

従業員80名ほどと大きな会社ではないですけど、主要株主 伊藤忠商事株式会社など大手です。

では気になる料金プランを紹介していきたいと思います。

スマ電の料金プラン

まずプランは「ホームプラン」と「ショッププラン」があります。

名前の通り家庭で使うホームプランとお店内電力消費が多い場合向けのショッププランです。

ホームプランで見ていきたいと思います。

ちなみに供給エリアは「東京電力エリア」「中部電力エリア」「北陸電力エリア」「関西電力エリア」「中国電力エリア」「四国電力エリア」「九州電力エリア」となっています。

先にお伝えしておくこととしては

供給エリアで料金体系が違うのでエリアで得するかの差が大きく変わってくる

ということがあります。

ちょっとあなたの供給エリアと違うエリアを見比べてみてください。

一つ一つプランを紹介していきます。

ホームプラン

東京電力エリア(従量電灯Bプラン相当) ぐーんと!スマ得ホームプラン
基本料金 料金単価
アンペア(A) 東京電力 スマ電
30アンペア(A) 842.40円
40アンペア(A) 1,123.20円 873.20円
50アンペア(A) 1,404.00円 904.00円
60アンペア(A) 1,684.80円 1,184.80円
電力量料金 東京電力 スマ電
第1段階料金 最初の120kWhまで 19.52円/kWh × 利用量 19.40円/kWh × 利用量
第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 26.00円/kWh × 利用量 25.40円/kWh × 利用量
第3段階料金 300kWhを超える分 30.02円/kWh × 利用量 25.50円/kWh × 利用量

東京電力との割引率でみるとこんな感じになります。

基本料金(1契約あたり)
40アンペア(A) 50アンペア(A) 60アンペア(A)
250円/月引き 500円/月引き 500円/月引き
電力量料金(1kWhあたり)
最初の120kWhまで 120kWhを超え300kWhまで 300kWhを超える分
0.6%割引 2.3%割引 15%割引
中部電力エリア(従量電灯Bプラン相当) しっかり!スマ得ホームプラン
基本料金 料金単価
アンペア(A) 中部電力 スマ電
30アンペア(A) 842.40円 542.40円
40アンペア(A) 1,123.20円 823.20円
50アンペア(A) 1,404.00円 1104.00円
60アンペア(A) 1,684.80円 1,384.80円
電力量料金 中部電力 スマ電
第1段階料金 最初の120kWhまで 20.60円/kWh × 利用量
第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 24.70円/kWh × 利用量
第3段階料金 300kWhを超える分 26.30円/kWh × 利用量

北陸電力エリア(従量電灯Bプラン相当) 北陸 スマ得ホームプラン

基本料金 料金単価
アンペア(A) 北陸電力 スマ電
30アンペア(A) 712.80円 412.80円
40アンペア(A) 950.40円 650.40円
50アンペア(A) 1,188.00円 888.00円
60アンペア(A) 1,425.60円 1,225.60円
電力量料金 北陸電力 スマ電
第1段階料金 最初の120kWhまで 17.52円/kWh × 利用量
第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 21.33円/kWh × 利用量
第3段階料金 300kWhを超える分 23.02円/kWh × 利用量
最低月額料金(1契約あたり) 178.08円
月額電気料金が10000円以上で5%割引
関西電力エリア(従量電灯Aプラン相当) あんしん!スマ得ホームプラン
電気料金は関西電力エリア従量電灯Aと同じ料金

月額電気料金が8,000円以上の月は5%割引

中国電力エリア(従量電灯Aプラン相当) ごっそり!スマ得ホームプラン
電気料金は最初の15kWhまで200円お得
それ以外は同じ中国電力エリア従量電灯Aと同じ料金
月額電気料金が10000円以上で5%割引
四国電力エリア(従量電灯Aプラン相当)四国 スマ得ホームプラン
電気料金は最初の11kWhまで200円お得
それ以外は同じ中国電力エリア従量電灯Aと同じ料金
月額電気料金が10000円以上で5%割引
九州電力エリア(従量電灯Bプラン相当) きゅっと!スマ得ホームプラン
基本料金 料金単価
アンペア(A) 九州電力 スマ電
30アンペア(A) 874,80円 724.80円
40アンペア(A) 1166,40円 1016,40円
50アンペア(A) 1458,00円 1308.00円
60アンペア(A) 1749,60円 1,599.60円
電力量料金 九州電力 スマ電
第1段階料金 最初の120kWhまで 17.14円/kWh × 利用量
第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 22.64円/kWh × 利用量
第3段階料金 300kWhを超える分 25.58円/kWh × 利用量
月額電気料金が10000円以上で5%割引

この料金プランを見て言えることは上でも書きましたけど、供給エリアでかなり得する人とそうでない人がわかれるということです。

たとえば東京電力エリアで電力を結構使うという方はお得になる可能性が高く、関西電力エリアであまり電力を使わない方はほぼ関西電力の料金と変わらない料金になるということがわかります。

ちなみに私はは関西電力エリアでそんなに電力を使わないので、私がスマ電に変えても1円もお得にならないということです。

そして、面白いのが関西電力エリアだけ、お得感があまりないからか解約手数料がかかりません。

ということで

供給エリアでかなり損得が変わってくる!

ということが言えます。

では他の電力会社と比較してみたいと思います。

他の新電力会社と比較

まず言えることは供給エリアや使用電力量で損得がかなり変わってくるのでご自身のエリアがどうなのかをしっかり把握して比較してください。

では私がおすすめする「あしたでんき」とシミュレーション比較したいと思います。

あしたでんきではいろいろな電力会社のプランと比較することができます。

比較は

・東京電力エリア(従量電灯Bプラン相当) ぐーんと!スマ得ホームプラン

・40A

1月の電力使用量を「200kWh」、「500kWh」、「700kWh」「1000kWh」で計算したいと思います。

で計算したいと思います。

スマ電の運営会社は株式会社アイ・グリッド・ソリューションズなので株式会社アイ・グリッド・ソリューションズで比較します。

こんな感じです。

シミュレーション結果はこんな感じになりました。

使用電力量 電気代
200kWh 年間1,622 円(税込)あしたでんきがおトク
500kWh 年間1,477 円(税込)あしたでんきがおトク
700kWh 年間1,479 円(税込)あしたでんきがおトク
1000kWh 年間13,870 円(税込)あしたでんきがおトク

ちなみに関西電力エリアは計算しなくてもあしたでんきがお得になりますね。

スマ電のデメリット

電力供給エリアでお得感が大きく変わる

上でも紹介した通り料金プランを見てみると供給エリアでかなり違いがあります。

なのであなたのお住いのエリアがどうなのかを見て比較することが大切です。

解約手数料が発生する

関西電力エリア以外は解約手数料が発生します。

契約期間は6ヶ月で供給開始日から初回の契約満了日までの間に解約すると解約手数料2,000円(税別)がかかります。

スマ電のメリット

供給エリア、電力使用量によってはお得になる可能性も

供給エリアによって料金が全然違うので供給エリアによってはお得になる可能性もあります。

あなたのお住いのエリアで比較してみると良いと思います。

スマ電まとめ

スマ電は個人向けのホームプランやショップ向けのショッププランなどがあるんですけどホームプランはそんなにお得にならないかもしれませんね。

ショップなどある程度電力を消費する方はチェックしてみても良いのかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました