昭和シェルの選べる電気の料金・デメリット・他の新電力会社と比較

昭和シェルの選べる電気

こんにちは

電力自由化で電力会社、ガス会社、通信系会社、ネット系会社、その他いろいろなサービスを展開している会社が電力サービスを提供している中で今回紹介するのが「昭和シェルの選べる電気」です。

昭和シェルといえばガソリンスタンドが思い浮かぶと思います。

こういったサービスを展開している企業も参入してきています。

じゃあ昭和シェルの電気っていいの?ってところですよね。

企業はとても有名でご存知かもしれませんけど、まずは企業情報から料金、他の電力会社の比較などをしていきたいと思います。

昭和シェルの選べる電気の会社概要

会社名 出光興産株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
設立日 1940年3月30日
資本金 1,684億円

出光昭和シェルといったほうが馴染みがありますよね。

超大企業ですね。

では昭和シェルの選べる電気の料金を紹介していきたいと思います。

昭和シェルの選べる電気の料金プラン

まず対応エリアは

北海道電力エリア
東北電力エリア
東京電力エリア
北陸電力エリア
中部電力エリア
関西電力エリア
中国電力エリア
四国電力エリア
九州電力エリア

と沖縄以外は対応しています。

料金プランはどのエリアも

・くらしのための「Sプラン」
・深夜におトクな 「オール電化プラン」
・しごとのための 「低圧電力プラン」

に車を持っている方にお得な

「カーオプション」

があります。

ポイントは「カーオプション」ですね。

では料金を見ていきたいと思います。

くらしのための「Sプラン」

まずスタンダードなプランでどなたでも従来の電力料金よりも安くなるプランになっています。

東京電力従量電灯BとシェルSプランを比較してみたいと思います。

東京電力従量電灯B

契約電流アンペア 基本料金 電力量料金
10A 280.8円 120kWhまで 121kWhから300kWhまで 301kWh以上
19.52円/kWh 26.00円/kWh 30.02円/kWh

シェルSプラン

契約電流アンペア 基本料金 電力量料金
10A 280.8円 120kWhまで 121kWhから300kWhまで 301kWh以上
19.52円/kWh 24.00円/kWh 25.70円/kWh

こうやって比較すると121kWhから安くなることがわかります。

深夜におトクな 「オール電化プラン」

オール電化住宅に住んでいる方で夜に給湯器を使うお客様にぴったりのプランということです。

夜間の電気料金が割安になるように設定されています。

東京電力スマートライフS/Lに比べてシェルオール電化プラン(10kVA)は従量料金は同じですが、基本料金がお得になります。

しごとのための 「低圧電力プラン」

業務用エアコンや、エレベーターなどで動力契約をされている方向けのプランです。

省エネ割引ということで基本料金が割引になります。

従量電灯Cや低圧電力など契約内容によってどれだけお得か変わってくるのでシミュレーションされると良いと思います。

「カーオプション」

そして、昭和シェルの選べる電気の一番の特徴はやっぱり「カーオプション」ですかね。

・ガソリン車(ガソリンコース)の場合、1ヶ月に100Lまでガソリン代が2円/L割引
・電気自動車(EVコース)の場合電気代が月200円引き

となっています。

車によく乗られる方は一つ選択肢になるのかなと思います。

他の新電力会社と比較

ではその他の電力会社と比較したいと思います。

まずカーオプションでガソリン料金が安くなるので単純な比較が難しいのですが、

基準は

・東京電力との比較
・従量電灯B
・30A

1月の電力使用量を「200kWh」、「500kWh」、「700kWh」「1000kWh」で計算したいと思います。

プラス

ガソリン車、1ヶ月の給油量「30L」

で計算したいと思います。

電気代 ガソリン代
200kWh 年間504円おトク 年間720円おトク
500kWh 年間6,683円おトク
700kWh 年間13,265円おトク
1000kWh 年間23,753円おトク

という感じです。

では私がおすすめする「あしたでんき」と比較したいと思います。

あしたでんきでは昭和シェル石油株式会社とシミュレーション比較することができます。

ただ、比較できるプランが2019年3月31日に受付を停止したプラン(ドライバーズプラン、ホームプラン)になっています。

一応現在停止しているホームプランで比較してみます。

・30A

・1月の電力使用量を「200kWh」「500kWh」「1000kWh」

で比較すると

昭和シェルの「ホームプラン30A」とあしたでんきの「標準プラン(30A)」を比較すると

こんな感じの結果になりました。

電気使用量(1月) 電気代
200kWh あしたでんき年間2,566 円(税込)お得
500kWh 昭和シェル年間4,604 円(税込)お得
1000kWh あしたでんき年間4,284 円(税込)お得

ちょっとすごく比較しても選択が難しい結果になりましたね。

現在のプランとは違うプランで比較しているので、今度はそれぞれの電力会社のシミュレーションで上と同じ条件で東京電力と比較してシミュレーションしてみました。

電気使用量(1月) 昭和シェルでんき(ガソリン割引含むガソリン車、1ヶ月の給油量「30L」で計算) あしたでんき
200kWh 年間合計1,224円おトク(12か月の合計 1620 kWh ) 年間合計1,852 円(税込)おトク(12か月の合計 2145 kWh )
500kWh 年間合計7,403円おトク(12か月の合計 4051 kWh  ) 年間合計10,610 円(税込)おトク(12か月の合計 5370 kWh )
1000kWh 年間合計24,473円おトク(12か月の合計 8099 kWh ) 年間合計47,299 円(税込)おトク(12か月の合計 10747 kWh )

1年間の電力消費量に違いがあるのですが、現在のプランならあしたでんきの方がお得になるかもしれませんね。

昭和シェルの選べる電気のデメリット

特にデメリットというのは見当たりませんね。

解約手数料などもかかりませんからね。

昭和シェルの選べる電気のメリット

解約手数料や違約金が発生しない

違約金はございませんので、安心してご利用ください。また、プランの変更も可能です。

ということなので安心して利用できますね。

供給エリアが多い

「北海道電力エリア」「東北電力エリア」「東京電力エリア」「北陸電力エリア」「中部電力エリア」「関西電力エリア」「中国電力エリア」「四国電力エリア」「九州電力エリア」と沖縄以外は利用できます。

車を持っている方にお得

「カーオプション」があるのでガソリン代がお得になります。

とはいえ電気料金が高ければ意味がないので、比較対象の電力会社の電気料金とどちらがお得なのか比較することが大切です。

昭和シェルの選べる電気まとめ

昭和シェルの選べる電気のプランは2019年3月31日に受付を停止したプラン(ドライバーズプラン、ホームプラン)があって現在は違うプランになっています。

そして、やっぱりポイントは「カーオプション」ですね。

ただ、結局そのカーオプションで割引になる料金を合わせても他の電力会社の方が安いのであれば安い方がいいですね。

カーオプションの割引も含めた料金と合わせてどちらがお得になるのか比較してみることが大切です。

プランもいろいろありますし、あなたに合ったものを選んでシミュレーションして比較してみると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました