四国電力のおトクeプランと他の電力会社を料金比較|デメリット

四国電力

四国電力にはいろいろな電気のプランがあるわけですけど、ここでは「おトクeプラン」について紹介したいと思います。

ではいろいろあるプランの中で「おトクeプラン」はどういった特徴があって電気料金でどれくらいお得なのか他の電力会社を料金比較したりデメリットも紹介したいと思います。

ここでは

・四国電力のおトクeプランのチェックポイント
・四国電力のおトクeプランの料金の特徴と従量電灯Aと比較
・四国電力のおトクeプランと他の電力会社を比較
・四国電力のおトクeプランの割引特典
・四国電力のおトクeプランのデメリット
・まとめ

という流れで紹介したいと思います。

まずは四国電力のおトクeプランのチェックポイントをまとめて紹介します。

四国電力のおトクeプランのチェックポイント

・電気使用量の使用量の多い従量電灯A相当で一般家庭向け
・従量電灯Aより300kWhから従量電灯よりお得な料金設定
・割引特典が多くある

といったところです。

まず四国電力のおトクeプランは従量電灯Aの一般家庭向けで従量電灯Aより300kWhお得になる料金設定なので比較的電気を多く使う家庭向けとなっています。

そして、割引特典がいくつかあるのでお得になるというところですが、これに関しては後程紹介したいと思います。

まずは四国電力のおトクeプランの料金の特徴と従量電灯Aと比較して見てみたいと思います。

四国電力のおトクeプランの料金の特徴と従量電灯Aと比較

まずは従量電灯Aと料金を比較してみたいと思います。

公式サイトで確認するのが一番かと思います。

区分・単位従量電灯Aおトクeプラン
最低料金最初の11kWhまで411円40銭411円40銭
電力量料金11kWhをこえ120kWhまでの1kWhにつき20円37銭20円37銭
120kWhをこえ300kWhまでの1kWhにつき26円99銭26円99銭
300kWhをこえる1kWhにつき30円50銭28円30銭

300kWhをこえるところからお得になっています。

では実際にいくつかの電気使用量で比較してみたいと思います。

計算するとこうなりました。

四国電力従量電灯Aおトクeプラン
100kWh2224.332224.33
150kWh3441.433441.43
200kWh4790.934790.93
300kWh7489.937489.93
400kWh10087.2410319.93
500kWh13589.9313149.93
600kWh16639.9315979.93
700kWh19689.9318809.93

300kWhまでは一緒でそれ以上の電気使用量から少しずつお得になっています。

では四国電力のおトクeプランと他の電力会社を比較してみたいと思います。

四国電力のおトクeプランと他の電力会社を比較

四国電力エリア対象の電力会社は比較的少ないのですが、それでもお得になる電力会社はいくつかあります。

そこで四国電力エリア対象で知名度があっておすすめのいくつかの電力会社と比較してみたいと思います。

そうするとこういった結果になりました。

四国電力
おトクeプラン
楽天でんき
プランS
シン・エナジー
きほんプラン
エルピオでんき
使った分だけ Sプラン
100kWh2224.332450.002113.392394.00
150kWh3441.433675.003315.193591.00
200kWh4790.934900.004639.194788.00
300kWh7489.937350.007287.197182.00
400kWh10319.939800.0010068.199576.00
500kWh13149.9312250.0012849.1911970.00
600kWh15979.9314700.0015630.1914364.00
700kWh18809.9317150.0018411.1916758.00
楽天でんきを確認シン・エナジーを確認エルピオでんきを確認

他の電力会社がお得になりますね。

四国電力エリアでおすすめの電力会社をこちらでまとめて紹介しているので良かったらチェックしてみてください。

ただ、四国電力のおトクeプランの場合、ここにいくつかの割引特典もついてきます。

四国電力のおトクeプランの割引特典

どういった特典かというとこちらです。

公式サイトで確認してもらえると確実かと思います。

ありがとう割引1年に1回電気料金を割引(1,056円(税込み))
ファミリe割引家族などが四国電力の対象プランと契約(2契約以上)していて支払いを一つにまとめると1契約ごとに月110円(税込み)割引
料金連動ポイント対象電気料金支払額200円につき1ポイント
よんでん暮らしサポート月額550円(税込)で優待サービス、修理サポートサービス、駆け付けサービスが受けられる

「ありがとう割引」、「ファミリe割引」、「料金連動ポイント対象」が割引対象で、「よんでん暮らしサポート」は別にいいですね。

ありがとう割引

ありがとう割引は普通に1年に1回電気料金を1,056円(税込み)割引してくれるので嬉しいポイントですね。

ちなみに従量電灯Aは対象外です。

ファミリe割引

ファミリe割引は家族が別々に住んでいてその家族も四国電力のおトクeプランなどの対象プランを利用していて支払いを一つにまとめると1契約ごとに月110円(税込み)割引してくれます。

ポイントは

・支払いを一つにまとめるということ
・1契約つまり2契約で110円(税込み)割引、3契約で220円(税込み)割引になる
・東京・関西エリアの指定のプランでも対象

というところですね。

料金連動ポイント対象

よんでんコンシェルジュに登録すると料金連動ポイント対象として電気料金支払額200円につき1ポイントもらえます。

例えば月3000円の電気料金だった場合、15ポイントもらえるということです。

ではこういった割引特典などを加味して計算するとどうなるのでしょうか。

1年間の合計料金で四国電力のおトクeプランだけ「ありがとう割引」の年間1,056円(税込)を引いて計算してみたいと思います。

四国電力
おトクeプラン
楽天でんき
プランS
シン・エナジー
きほんプラン
エルピオでんき
使った分だけ Sプラン
100kWh25635.9629400.0025360.6828728.00
150kWh40241.1644100.0039782.2843092.00
200kWh56435.1658800.0055670.2857456.00
300kWh88823.1688200.0087446.2886184.00
400kWh122783.16117600.00120818.28114912.00
500kWh156743.16147000.00154190.28143640.00
600kWh190703.16176400.00187562.28172368.00
700kWh224663.16205800.00220934.28201096.00
楽天でんきを確認シン・エナジーを確認エルピオでんきを確認

それでもまだまだ他の電力会社の方がお得です。

特に電気使用量が多くなると他の電力会社の方がお得になりますね。

ファミリe割引や料金連動ポイント対象を計算に加えていないのは、ファミリe割引の場合実際に利用される方がそれほど多くないのではと思ったことと、料金連動ポイント対象は楽天でんきなど他の電力会社も行っているサービスなのでここでおトクeプランだけ加えてしまうと公平ではないのかなということで加えませんでした。

四国電力のおトクeプランには割引がいろいろあるんですけど、他の電力会社もそういった割引特典があるところもあるので一概にはメリットといいにくいところもありますね。

では四国電力のおトクeプランのデメリットを紹介したいと思います。

四国電力のおトクeプランのデメリット

・300kWhまでは従量電灯Aと電気料金は変わらない
・よんでんコンシェルジュに登録後は、「電気ご使用量のお知らせ(紙の検針票(ハガキ・封書含む)]」は届かなくなる
・電気料金自体は他の電力会社と比べるとそこまでお得にならない

300kWhまでは従量電灯Aと電気料金は変わらない

300kWhまでは四国電力従量電灯Aと電気料金は変わらないです。

ただ、おトクeプランの場合割引がいろいろあるので実際にはお得になります。

それでも他にもお得になる電力会社のプランはありますね。

検針票などが届かなくなる(ネットやメールをチェック)

よんでんコンシェルジュに登録するとこれまで届いていた紙の検針票などが届かなくなります。

よんでんコンシェルジュに登録しないと割引が受けられなかったりするので意味がありません。

ちなみに他の電力会社も紙の検針票ではなくて基本WEBなどでのチェックということになります。

電気料金自体は他の電力会社と比べるとそこまでお得にならない

実際に他の電力会社と比較したところでは他の電力会社の方が電気料金がお得な可能性があります。

ただ、電気使用量によっては割引などいろいろ駆使すると良い勝負なるかと思います。

もちろん他の電力会社もそういった特典や割引があるところもあるのでそれを加味すると他の電力会社の方がお得になるということもあります。

まとめ

四国電力のおトクeプランの電気料金自体はそこまでお得にはならないというのが私の計算結果です。

ただ、別で住んでいる家族も含め四国電力でまとめるということなら良いかと思います。

もしもっと電気料金を節約したいということなら他の電力会社もチェックすると良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました