四国電力のでんかeプランの料金と特徴と口コミ・評判・デメリット

四国電力

四国電力にはいろいろな電気のプランがあるわけですけど、ここでは「でんかeプラン」について紹介したいと思います。

ではいろいろあるプランの中で「でんかeプラン」はどういった特徴があって電気料金でどれくらいお得なのか他の電力会社を料金比較したりデメリットも紹介したいと思います。

ここでは

・四国電力のでんかeプランのチェックポイント
・四国電力のでんかeプランの料金の特徴
・四国電力のでんかeプランの口コミ・評判
・四国電力のでんかeプランのデメリット
・まとめ

という流れで紹介したいと思います。

まずは四国電力のでんかeプランのチェックポイントをまとめて紹介します。

四国電力のでんかeプランのチェックポイント

・電化住宅の家庭向け
・平日の昼間とそれ以外(夜間・休日)に分けた料金設定
・夜間・休日が平日の昼間に比べて安くなっている料金設定
・IH割引・エコキュート割引などがあり電気料金が最大10%割引

といったところです。

料金体系は少し変わっていて平日の昼間とそれ以外(夜間・休日)に分けた料金設定で夜間と休日が安くなっています。

そして、IH割引・エコキュート割引などこういった割引もあり電気料金が最大10%割引になります。

これを文字にしてもわからないのでまずは四国電力のでんかeプランの料金の特徴を表などで見てみたいと思います。

四国電力のでんかeプランの料金の特徴

まずは料金表を見てもらおうと思います。

公式サイトで確認してもらうのが確実かと思います。

平日昼間

基本料金
1契約につき最初の10kWまで
最初の70kWhまで8,637円04銭
上記をこえる1kWにつき562円22銭
電力量料金70kWhをこえる1kWhにつき32円49銭

平日昼間:9:00〜23:00

夜間・休日

基本料金
1契約につき最初の10kWまで
最初の240kWhまで8,637円04銭
上記をこえる1kWにつき562円22銭
電力量料金240kWhをこえる1kWhにつき21円64銭

夜間・休日:平日23:00〜翌日9:00、休日終日

割引額

IH割引額基本料金+電力量料金×5%
エコキュート割引額基本料金+電力量料金×5%
でんか割引額基本料金+電力量料金×10%

この料金表を見ていくつかチェックしておくべきポイントがあります。

基本料金が平日昼間(9:00〜23:00)が最初の70kWhまで8,637円04銭

もし電気使用量が少ない家庭でも8,637円04銭かかるわけですから電気使用量が少ない家庭だと割高になることがわかります。

四国電力の従量電灯Aとおトクeプランでは私の計算ではこううった料金になるわけですけど、でんか割引があったとしても割高になる可能性が高いですね。

四国電力従量電灯Aおトクeプラン
100kWh2224.332224.33
150kWh3441.433441.43
200kWh4790.934790.93
300kWh7489.937489.93
400kWh10087.2410319.93
500kWh13589.9313149.93
600kWh16639.9315979.93
700kWh19689.9318809.93
夜間・休日(平日23:00〜翌日9:00、休日終日)が240kWhをこえる1kWhにつき21円64銭

一番電気料金が安いところが「夜間・休日(平日23:00〜翌日9:00、休日終日)が240kWhをこえる1kWhにつき21円64銭」のところです。

これそんなに安くないですね。

ここで電気料金が安くでおすすめなシン・エナジーという電力会社を紹介しておきます。

四国電力エリアも対象でプランに

【昼】生活フィットプラン
【夜】生活フィットプラン

という時間帯で料金が変わるプランがあります。

【昼】生活フィットプラン

料金項目シン・エナジー【昼】生活フィットプラン
基本料金(契約容量6kVAまでの方)1契約30A471.90円
1契約40A629.20円
1契約50A786.50円
1契約60A943.80円
電力量料金(デイタイム)デイタイムは平日9時~18時まで21.05円/kWh
電力量料金(ライフタイム)ライフタイムは平日8時~9時および18時~22時、休日扱い日の8時~22時まで26.09円/kWh
電力量料金(ナイトタイム)ナイトタイムは毎日22時~翌日8時まで20.98円/kWh

【夜】生活フィットプラン

料金項目シン・エナジー【夜】生活フィットプラン
基本料金(契約容量6kVAまでの方)1契約30A471.90円
1契約40A629.20円
1契約50A786.50円
1契約60A943.80円
電力量料金(デイタイム)デイタイムは平日9時~18時まで33.05円/kWh
電力量料金(ライフタイム)ライフタイムは平日8時~9時および18時~22時、休日扱い日の8時~22時まで26.09円/kWh
電力量料金(ナイトタイム)ナイトタイムは毎日22時~翌日8時まで17.98円/kWh

※2020年7月21日時点

料金体系が違いますが、安いですね。

ここで四国電力のでんかeプランの口コミ・評判を見てみたいと思います。

四国電力のでんかeプランの口コミ・評判

管理人
管理人

そんなに口コミはなかったんですけどちょっと考えると結構高くなる可能性もありますね。

四国電力のでんかeプランのデメリット

平日昼間「9:00~23:00」に電気を使うとかなり割高になる可能性がある

これちょっと考えてもらうとわかるのですが、平日昼間の「9:00~23:00」が最初の70kWhまで8,637円04銭で70kWhをこえる1kWhにつき32円49銭ですよね。

70kWhをこえる1kWhにつき32円49銭とかなり高いわけですけど、1カ月間23:00まで電気を70kWhまでに抑えられるのか・・・というところですね。

しかも基本料金70kWhまでが8,637円04銭も高いように思います。でんか割引があったとしてもです。

夜間・休日「平日23:00~翌日9:00、休日終日」240kWhをこえる1kWhにつき21円64銭は安くない

夜間・休日「平日23:00~翌日9:00、休日終日」最初の240kWhまで8,637円04銭で240kWhをこえる1kWhにつき21円64銭ですよね。

この夜間に電気多く使う方が向けで安いということですね。

これ普通に4人家族だとして夏場や冬場エアコンを使うと240kWhは超えてきますよね。

じゃあこの240kWh以上で1kWhにつき21円64銭は安いのかというとそんなに安くないと思います。

さらに子供がいて昼間家で電気を使うとなると平日昼間の「9:00~23:00」も使うでしょうからバカ高くなるかと思いますけどね。

まとめ

このでんかeプランはどういった家庭がお得になるんだろうと思ってしまいますね。

まず基本料金が8,637円04銭なわけですよね。

まず一人暮らしや電気使用量が少ない家庭だと割高になりますね。

となると2人でもなかなかいかない電気料金だと思うんですよね。

4人とかになってくると家族ですよね。

家族だったら全員大人ということはあまりなく子供がいると思うんです。

平日夕方17時とかに帰ってくると思うんですよね。

学生なら平日19時とかまあ家にいると思います。

全員が23時まで電気を使わないということはないと思いますし、結構電気使うと思います。

そうなると70kWhをこえる1kWhにつき32円49銭なのでどんどん高くなっていきますよね。

私はなかなか対象の方が思い浮かばないという感じでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました