ほくでんのエネとくポイントプランと他の電力会社を料金比較|口コミ・評判・デメリット

ほくでん(北海道電力)

ほくでん(北海道電力)にはいろいろな電気のプランがあるわけですけど、ここでは「エネとくポイントプラン」について紹介したいと思います。

管理人
管理人

ではいろいろあるプランの中で「エネとくポイントプラン」はどういった特徴があって電気料金でどれくらいお得なのか他の電力会社を料金比較したりデメリットも紹介したいと思います。

ここでは

・ほくでんのエネとくポイントプランのチェックポイント
・ほくでんのエネとくポイントプランの料金の特徴
・ほくでんのエネとくポイントプランと他の電力会社を比較
・ほくでんのエネとくポイントプランの口コミ・評判
・ほくでんのエネとくポイントプランのデメリット
・まとめ

という流れで紹介したいと思います。

まずはほくでんのエネとくポイントプランのチェックポイントをまとめて紹介します。

ほくでんのエネとくポイントプランのチェックポイント

・従量電灯B向け
・従量電灯Bより毎月の基本料金が110円安くなり、ほくでんエネモールのエネモポイントが毎月の電気料金200円につき、1ポイント(1円相当)貯まる

といったところです。

一般の家庭向けでポイントが貯まりやすいプランになっています。

ではほくでんのエネとくポイントプランの料金の特徴を見てみたいと思います。

ほくでんのエネとくポイントプランの料金の特徴

ではまずほくでん従量電灯Bと合わせて比較してみてみたいと思います。

エネとくポイントプラン従量電灯B
基本料金10A1契約231円00銭341円00銭
15A401円50銭511円50銭
20A572円00銭682円00銭
30A913円00銭1,023円00銭
40A1,254円00銭1,364円00銭
50A1,595円00銭1,705円00銭
60A1,936円00銭2,046円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円98銭23円98銭
120kWhをこえ280kWhまで30円27銭30円27銭
280kWhをこえる分33円99銭33円99銭

これでわかることは基本料金は110円安くなりますが、電力量料金は変わりません。

あとこれに電気料金200円につき、1ポイント(1円相当)たまるというプランですね。

では実際にいくつかの電気使用量で計算してみたいと思います。

これは単純に料金表を基に計算した結果です。

エネとくポイントプラン北海道電力従量電灯B
20A100kWh2970.003080.00
20A150kWh4357.704467.7
20A300kWh8972.609082.6
30A200kWh6212.206322.2
30A300kWh9313.609423.6
40A200kWh6553.206663.2
40A400kWh13053.6013163.6
50A300kWh9654.6010105.6
50A500kWh16793.6016903.6
60A600kWh20533.6020643.6

再生可能エネルギー発電促進賦課金は含んでいません

そして、次はポイント獲得分を差し引いて計算したのがこちらです。

例えば30A300kWhの場合、200円で1ポイントなので9313.60円なので9200円でポイントは46ポイントになります。

1ポイント1円なので46ポイント(46円)を上のエネとくポイントプランの電気料金から引いて計算しています。

そうするとこちらになります。

エネとくポイントプラン北海道電力従量電灯B
20A100kWh2956.003080.00
20A150kWh4336.704467.70
20A300kWh8928.609082.60
30A200kWh6181.206322.20
30A300kWh9267.609423.60
40A200kWh6521.206663.20
40A400kWh12988.6013163.60
50A300kWh9606.6010105.60
50A500kWh16710.6016903.60
60A600kWh20431.6020643.60

通常燃料費調整額もポイントの対象になりますが、ここには含んでいません。

ではこれが本当にお得なのかほくでんのエネとくポイントプランと他の電力会社を比較してみたいと思います。

ほくでんのエネとくポイントプランと他の電力会社を比較

北海道電力エリアが対象で従量電灯B相当のプラン相当でおすすめの電力会社と比較したいと思います。

エネとくポイントプランlooopでんき
「おうちプラン」
ピタでん
「使った分だけプラン」
HTBエナジー
「ウルトラ・プライム 北海道」
楽天でんき
プランS
20A100kWh2956.00295028773018.36
20A150kWh4336.7044254315.54193.36
20A300kWh8928.60885086317914.56
30A200kWh6181.20590057545943.226000.00
30A300kWh9267.60885086318859.229000.00
40A200kWh6521.20590057546131.286000.00
40A400kWh12988.60118001150812111.6812000.00
50A300kWh9606.60885086318937.59000.00
50A500kWh16710.60147501438514327.515000.00
60A600kWh20431.6017700172621719318000.00
LooopでんきをチェックピタでんをチェックHTBエナジーをチェック楽天でんきをチェック

※エネとくポイントプランはポイント加算分は電気使用量から割り引いて計算しています。

管理人
管理人

それでも他の電力会社の方が圧倒的にお得になります。

楽天でんきなどは楽天スーパーポイントなども貯まりますからね。

ただ、それを加味しても他の電力会社の方がお得になる可能性がありますけどね。

あと他のシーズンプラスbプランもチェックされると良いと思います。

こちらで北海道電力エリアでおすすめの電力会社を比較して紹介しています。

それではほくでんのエネとくポイントプランの口コミ・評判を見てみたいと思います。

ほくでんのエネとくポイントプランの口コミ・評判

管理人
管理人

みなさんほくでんの従量電灯Bや楽天でんきくらいしか比較はしていないようですね。

他にもお得になる電力会社はあるんですけどね。

ではほくでんのエネとくポイントプランのデメリットを見てみたいと思います。

ほくでんのエネとくポイントプランのデメリット

・電気料金自体はそれほどお得にはならない
・ポイントを加味しても他にもお得な電力会社がある
・オール電化は割高になる可能性がある

電気料金自体はそれほどお得にはならない

電気使用量が大きくなると安くなるのかどうか重要となるのが電力量料金の部分ですが、ここは従量電灯Bと変わらず基本料金が少しお得になるというプランです。

なので電気使用量がすごく少ない家庭の場合はお得になる可能性も出てきますが、電気使用量が多い家庭ではそれほどお得にはならないということです。

ポイントを加味しても他にもお得な電力会社がある

電気使用量に対してポイントがもらえますが、ポイント還元率が0.5%で実際に計算するとそこまでお得とは言えないのかなと思います。

普通に電気使用量がお得になる方が良いという方は別の電力会社か別のプランですね。

オール電化は割高になる可能性がある

基本オール電化向けのプランではありませんのでオール電化の家庭では割高になる可能性があります。

まとめ

ほくでんのエネとくポイントプランはポイントが多く貯まるということですが、そこまでお得にはならないですし、そもそも電気料金を安くと考えるのであれば他のプランや電力会社もチェックした方が良いのかなと私は思います。

もっと料金プランが安くなるかポイントがもらえるなら考えても良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました