HTBエナジーの電気は一人暮らしではお得になるのか料金比較

HTBエナジー「たのしいでんき」

HTBエナジーは旅行代理店のHISが運営するエネルギー事業会社です。

HTBエナジーは全国各地が電力供給エリアでプランもいろいろあるので多くの方が対象でしかも結構安いということで利用されている方も多いですね。

ではこのHTBエナジーの電気が一人暮らしの場合お得になるのか、さらにいろいろあるプランの中でどのプランが良いのか他の電力会社とも比較しながら紹介していきたいと思います。

ここでは

・HTBエナジーの電気で押さえておくべきチェックポイント
・HTBエナジーの電気は一人暮らしにおすすめのプラン
・HTBエナジーの電気と東京電力や関西電力と比較
・HTBエナジーの電気と他の電力会社を比較

といった流れで紹介していきたいと思います。

HTBエナジーの押さえておくべきチェックポイント

・対応エリアは「北海道/東北/東京/中部/北陸/関西/中国/四国/九州/沖縄」
・1年未満の解約の場合は2,000円+消費税の違約金が発生

対応エリアは全国で北海道から沖縄まで対応しています。

あと1年未満の解約の場合は2,000円+消費税の違約金が発生するのでここはチェックです。

ではHTBエナジーの一人暮らしにおすすめのプランを比較して紹介したいと思います。

HTBエナジーの一人暮らしにおすすめのプラン

プランはいろいろありますけど、一人暮らしなら大体どのエリアでも「ウルトラ〇〇」というプランがおすすめになるかと思います。

電気使用量が少ない家庭でもお得になるような料金設定になっています。

あと電気を使う時間などによっては「ママトクプラン」がおすすめになります。

では「東京電力エリアのウルトラ東京と東京電力従量電灯B」と「関西電力エリアのウルトラ関西と関西電力従量電灯A」の料金と比較したいと思います。

HTBエナジーと東京電力や関西電力と比較

まずは東京電力エリアでウルトラ東京と東京電力従量電灯Bと比較してみたいと思います。

HTBエナジーウルトラ東京と東京電力エリア従量電灯Bを比較

料金分類東京電力従量電灯Bウルトラ20東京ウルトラ30東京ウルトラ40東京
基本料金20A572.00円560.56円
30A858.00円815.10円
40A1144.00円1052.48円
従量料金120kWhまで19.88円19.48円18.89円18.29円
120~300kWhまで26.46円25.95円25.16円24.37円
300kWhから30.57円29.96円29.04円28.13円

HTBエナジーはA(アンペア)によって従量料金も変わる料金体系になっています。

これを計算するとこういった結果になりました。

HTBエナジーウルトラ東京東京電力従量電灯B
20A100kWh2508.562560
20A150kWh3676.663752
20A200kWh4974.165076
30A200kWh5094.75362
30A300kWh7653.68010

東京電力よりも全体的にお得になっています。

では次は関西電力エリアのウルトラ関西と関西電力従量電灯Aで比較してみたいと思います。

HTBエナジーウルトラ関西と関西電力エリア従量電灯Aを比較

関西電力従量電灯AHTBエナジーウルトラ 関西
最低料金(最初の15kWhまで)1契約341.02310.33
電力量料金15kWhをこえ120kWhまで第1段階1kWh20.3218.49
120kWhをこえ300kWhまで第2段階25.823.47
300kWh超過分第3段階29.2926.65

計算するとこうなりました。

HTBエナジーウルトラ 関西関西電力従量電灯A
100kWh1881.982068.22
150kWh2955.883248.62
200kWh4129.384538.62
300kWh6476.387118.62

こちらも全体的にお得になるのでいいですね。

ここまでは特に問題ないかと思います。

ではHTBエナジーの電気と他の電力会社と比較してみるとどうなるでしょうか。

HTBエナジーの電気と他の電力会社を比較

ここで比較するのは人気の電力会社の「あしたでんき」と「ENEOSでんき」です。

では早速いくつかのパターンで計算したいと思います。

東京電力エリアで比較

まずは東京電力従量電灯B相当のプランで比較してみたいと思います。

HTBエナジー
ウルトラ東京
あしたでんき
標準プラン
ENEOSでんき
Vプラン
10A100kWh26002274
10A150kWh39003407.8
20A100kWh2508.5626002560
20A150kWh3676.6639003693.8
20A200kWh4974.1652004920.8
30A200kWh5094.752005206.8
30A300kWh7653.678007660.8
あしたでんきをチェックENEOSでんきをチェック

HTBエナジーがお得になるという計算結果になりました。

東京電力エリアではこちらでもおすすめの電力会社を紹介しています。

関西電力エリアで比較

関西電力エリアでは関西電力従量電灯A相当のプランで比較してみたいと思います。

HTBエナジー
ウルトラ関西
あしたでんき
標準プラン
ENEOSでんき
Aプラン
100kWh1881.9822002011.35
150kWh2955.8833003137.25
200kWh4129.3844004336.75
300kWh6476.3866006735.75
あしたでんきをチェックENEOSでんきをチェック

関東電力エリアでも関西電力エリアでもHTBエナジーがお得という計算結果になりました。

関西電力エリアでおすすめの電力会社をまとめて紹介しているのでこちらもチェックしてみてください。

管理人
管理人

正直電力使用量が少ない場合HTBエナジーは他の電力会社と比較してもかなり安くなる料金設定になっているんですよね。

まとめ

正直HTBエナジーはいろいろな電力会社がある中で電気料金で言うとかなりおすすめの電力会社になります。

一つデメリットとしては1年未満の解約の場合は2,000円+消費税の違約金が発生というところですね。

まあ安いので継続して利用される方なら問題ないかと思います。

マンションで1年以内に引越しの予定があるとか、いろいろな電力会社を乗り換えなど検討されている方や考えるところですね。

一人暮らしなど電力使用量が少ない家庭でも基本的に電気料金は結構お得なのでおすすめではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました