東京ガスの電気【ずっとも電気2】はお得になるのか?料金と特徴

東京ガスのでんき
2021年5月16日をもって、新規申込受付を停止

東京ガスも電力事業に参入していていますね。

おそらく東京ガスを利用している方は東京ガスの電気を利用しようか検討している方も多いと思います。

電気とガスのセットで割引があってお得になるというのもありますし、キャンペーンなどもやっていてお得になる可能性もあります。

東京ガスのでんきのキャンペーンをチェック

でも東京ガスの電気が本当にお得になるのかわからないという方も多いと思いますので、ここでは東京ガスの電気【ずっとも電気2】をメインに実際他の電力会社と比較してお得なのか口コミ・評判・デメリットなども併せて紹介したいと思います。

ちなみに「ずっとも電気1s」と「ずっとも電気1」とに関してはこちらで紹介しています。

ここでは

・東京ガスの電気【ずっとも電気2】のチェックポイントまとめ
・東京ガスの電気【ずっとも電気2】の料金プランを旧電力会社と比較
・東京ガスの電気【ずっとも電気2】のガスと電気のセット割引
・東京ガスの電気【ずっとも電気2】まとめ

とうところを紹介していきたいと思います。

東京ガスの電気【ずっとも電気2】のチェックポイントまとめ

まずは東京ガスの電気のチェックポイントをまとめて紹介したいと思います。

・ずっとも電気2は東京電力従量電灯C相当
・電力供給エリアは東京電力エリア(ガス供給エリアと同じではない)
・解約金や違約金はかからない
・ガスと電気のセット割がある

こういったところでしょうか。

ずっとも電気2は東京電力従量電灯C相当になります。

電力供給エリアは東京電力エリアですが、ガス供給エリアと同じではないです。

公式サイトでは「東京ガスの電気を解約した場合、原則、解約金や違約金は発生しません。」と記載がありました。

そして、東京ガスと電気をセットで利用するとセット割があります。
これに関しては後程紹介したいと思います。

ではまずは東京ガスの電気【ずっとも電気2】の料金プランを旧電力会社と比較していきたいと思います。

東京ガスの電気【ずっとも電気2】の料金プランを旧電力会社と比較

まず東京ガスの電気【ずっとも電気2】と東京電力従量電灯Cを比較してみたいと思います。

東京ガスの電気【ずっとも電気2】の料金プランはこちらですね。

単位料金(税込)
基本料金(1か月あたり)1kVA286.00円
電力量料金第1段階料金360kWhまで1kWh23.63円
第2段階料金360kWhを超えたもの26.47円

※2020年8月24時点

東京電力従量電灯Cの料金プランがこちらです。

契約種別単位料金(税込)
基本料金1kVA286円
電力量料金第1段階料金最初の120kWhまで1kWh19.88円
第2段階料金120kWhをこえ300kWhまで26.48円
第3段階料金上記超過30.57円

ちょっと料金体系が違いますね。

実際にこれを計算してみたいと思います。

東京ガスの電気【ずっとも電気2】東京電力従量電灯C
150kWh3830.503466.00
200kWh5012.004790.00
300kWh7375.007438.00
400kWh9851.6010495.00
500kWh12498.6013552.00
600kWh15145.6016609.00
700kWh17792.6019666.00

電力使用量が少ない場合は東京電力従量電灯Cがお得で300kWhあたりから東京ガスの電気【ずっとも電気2】がお得になります。

では東京ガスの電気【ずっとも電気2】のガスと電気のセット割引はどのような割引か見てみたいと思います。

東京ガスの電気【ずっとも電気2】のガスと電気のセット割引

ずっとも電気2は

「ガス・電気セット割(定額A)」:電気需給契約ごとに、毎月の電気料金の基本料金から275円(税込)を割引されます。

この割引を加味して計算してみたいと思います。

275円(税込)割引はなかなか大きいですね。

東京ガスの電気【ずっとも電気2】まとめ

東京ガスの電気のずっとも電気2は東京電力の従量電灯Bよりは安くなりますね。

あとガスとセットで利用したいという方はさらにお得になるのでまとめられて便利ですし良いのではないでしょうか。

あとキャンペーンなどもやっていたりしますし、解約金もかからないので利用しやすいと思います。

東京ガスのでんきのキャンペーンをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました